AX
TOP >
BACK | TOP | NEXT

リストマーク 華麗なる転職・・・かつての絨毯屋が今は? 

2016年09月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
前回の続編です。

6〜7年前、イスタンブールで絨毯屋を開業していた、「親切なxxxxさん」
ネットで告発され、おのれの素性がばれると、絨毯屋をたたみ、いにしえのツテを頼って来日、絨毯屋とは異なる「業種」で働くようになりました。

日本女性とも結婚、配偶者ビザで居住している模様です。

ネット上で、仕事の売り込みもアピール、「家族一同、この仕事に就いているので、私も幼い頃から慣れ親しみ、勉強も重ねてきた」などど喧伝しています。

しかし、この男に金品被害を受けた女性は、父親や兄も絨毯屋であり、こやつからは「先祖代々、絨毯屋である」と聞いていたそうです。

これ以上、踏み込んで書くことはできませんが、私も、ネット上で情報は確認しました。

ケバブ
スルタンアフメット(読者の方からご提供)

被害女性は、絨毯屋廃業→来日→転職のケースが、トルコの観光産業の不景気に影響され、今後も増加するのではないかと心配されています。

日本での絨毯売り込みに加え、絨毯屋そのものを廃業し、日本でのビザを獲得し(日本女性と結婚)、トルコに関連する異業種に経歴を偽って就業することも多いのかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.09.04(Sun) 16:30] コメントからTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

2188の方へ by かこ
お気持ちを伺って、安堵いたしました。
区切りを打つことが出来て、ほんとうに良かったです!

これからも、お時間のある時に、ご訪問くださいね。
コメントもいつでもどうぞi-228

コメントを閉じる▲

リストマーク 日本での行商・・こんなパターンもあり 

2016年08月05日 ()
トルコ旅行 * 旅行
百貨店など大手の販売網を使わない手法も有り・・というコメントをいただきました。

6〜7年前、某有名掲示板に登場、拙ブログにも被害の相談が寄せられた「親切なxxxxさん」として知られた絨毯屋。この男は、多くの観光客に親切して仲良くなるものの、なぜか「絨毯を買って」とは言わないらしい。

観光情報に加えて、あそこの絨毯屋は危ないよ、あの客引きには気をつけて・・などの裏情報も耳打ちする、面倒見の良さ。
「いい人に巡り合ってラッキーだったな」と思って帰国すると、しばらくして山のように絨毯を抱えて、観光ビザで来日。

某有名絨毯屋のように、「六本木ヒルズを借りている」と云う高級路線ではなく、ゲストハウスや日本在住のトルコ人の家などを転々としながらの、お決まりの「生活に困窮しているから絨毯買って」と言う、行脚の日々。

ロカンタ
スルタンアフメット(読者の方からご提供)

手荷物範囲内のレベルなので、絨毯も小さいサイズで10万円以下のものばかり。
とは云っても値打ちが10分の1くらいなのは、みなさんご存知の通り、何枚も売れれば、結構な稼ぎになるでしょうね。

トルコでは、連絡先のみの交換に留め、「絨毯を売らないこと」で信頼を得て、その後の販売につなげるというしたたかさ。
こんな商法、今も日本のあちこちで見られているかも・・。

さて、こやつのその後は・・また次回で。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2016.08.05(Fri) 19:50] コメントからTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 日本へ行商する絨毯屋〜観光客が消えたトルコの今 

2016年07月06日 ()
トルコ旅行 * 旅行
相次ぐテロの影響で、ツーリストが激減しているイスタンブール。
去年から今春にかけて、現地を訪れた方から、以下の情報をいただきました。

1.日本人が顕著に減っており、「上得意である日本人のお買い上げ」が無く、死活問題となっている。
2.客引き行為に対する罰則が強化され、ブルーモスクなどの一等観光地でもあまり見かけない。

「いにしえの詐欺師たち」の時代から、日本への出店や、出稼ぎ(ナンパも含め)に精出す絨毯屋も多かったですが、世界有数の観光地と輝いた「ここ数年」は、「日本店はクローズ」という動きもあったようです。

しかし、時代は変わる。

スルタンアフメット
スルタンアフメット(撮影は管理人)

ツーリストを待ってはいられない。
「日本で絨毯を売り歩こう」

「いにしえ」のツテなどを頼って、日本全国の百貨店で催事を開いているようです。
facebookにも、具体的に情報が載せられてるそうです。
みなさん、気をつけてくださいね。

さて、情報を頂いた方は「ある客引き」と親しくなったそうなのですが、「とても不思議に感じた」ことがあったそうです。

#なぜか、自分の働いている店の名前を言わない。
#しかし、悪評判満載の他店には連れて行き、絨毯のウンチクをたれる。
#ネットで名前を検索すると、すぐ察知して「自分の悪口は絶対ない」と自慢する。

ある絨毯屋では、パソコンに向かっている客引きを指して、「情報を検索、共有しているのだ」と言ったそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.07.06(Wed) 21:58] コメントからTrackback(0) | Comments(13) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

2173の方へ「お久しぶりです」 by かこ
なつかしいお名前を拝見して、うれしいです。
お元気にされてました?
トルコへは、旅されてるのでしょうか。

いただいた情報は、次回記事で書かせていただきますね。
また、いつでもメールくださいませ。


管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

2176の方へ by かこ
検索してみました。
たくさん出てきて、驚きました。

いやはや、生き残るためには何でもするというか・・
そのしぶとさと狡猾さには恐れ入りました。

資格を証明するドキュメントは必要ないんでしょうかね?
まさに「言ったもん勝ち」という感じ。

そもそも、ありもしない「絨毯鑑定士」という資格を
売り物にする連中ですからね。。
しかし、変わり身の早さには脱帽。

この状況がどう利用されるのでしょう、、 by トルコには行った事がないけれどトルコ人の友人
はじめまして。実地での経験者ではないのにコメントを残すことをお許しください。自分の最も古いネット友人はトルコ人女性です。絨毯詐欺とも高級ホテルとも縁のない、日本のアニメ好きな教師です。この状況が心配でたまりません。

blogでの勇気あるご報告と戦いを心から尊敬いたします。人をだますことを職業としている人間と戦う、しかも日本人とも連携している相手と戦う、というのはとんでもなくパワーのいることでしょう。少し読ませていただいても、自分が以前旅先で簡単に振り払えた相手とは違う、と判ります。

それでもトルコを好きでいていただいてありがとうございます。こんな奴らのことを友人が知ったら嘆くことでしょう。
以前個人的な悲劇を作り上げて利用していたのなら、国自体の状況を金儲けのシナリオに使われそうな気がします。

昔香港で、行きの飛行機が隣だった香港人男性と友達になりました。彼は何度も、あちこち私や友人を地元民がよく知る場所に案内してくれました。こちらも、彼が日本に来た時に京都を案内しました。今思うと、とても幸運な友情ですし、そんな友情はありえます。だからこそトルコのプロ詐欺師が、ありえる友情を利用してお金に変えることが許せません。

体験談ではないので、読み流してくださいませ。

思うのは、普通の苦労しているトルコ人(これも偏見かもしれませんが、、イスタンブール在住ではない友人の場合から考えて、です。)だったら、高級立地にばっかりコネクションはないんじゃないかな、、そして日本で待ち合わせるときに六本木プラザ、など、日本人にとっての高級立地を選「べる」のはちょっと変な気がするなあ、、ということです。

この状況で、自国の文化を悪用する人間が、きちんと罰されるよう願っています。

つけたさなければ、、 by 上のコメントの、被害未体験者
長いコメントの上に補足までして申し訳ありません。

自分に香港で起こりえた友情のことを書くことで、読んでいる方を危険にさらしたらどうしよう、と思いまして。
余りあることではないのかもしれません。

あと、トルコの地価について知識不足がありました。
(普通のネット友人ですので、お金にまつわる話はしたことがないのです。同時に、香港で友達になった人とも、お金の話は全くしたことがありません。京都で安宿を探しつつ案内旅行したときの、宿代の話を除いて。)

コメントをありがとうございます! by かこ
『トルコには行った事がないけれどトルコ人の友人 』さま

はじめまして!
拙ブログを深く読んでいただきまして、ありがとうございます。
たくさんの「励まし」のお言葉を頂戴し、うれしく思います。

被害に遭っていらっしゃらない方にこそ、
読んでいただきたいと思っていますので、
さらにうれしいです!

香港で、知り合われた方との「ご友情」は、
まさしく、「旅の醍醐味」ともいえる素晴らしい話ですね。
しかし、こういう「旅人が求める人とのふれあい」を利用して、
詐欺を働く連中がいるのも事実で、ほんとうに残念です。

トルコのご友人を始め、大多数のトルコ人は、純朴で親切です。
こんな一部の「絨毯詐欺師」の事など知りもしないでしょう。
スルタンアフメットなどの一等観光地でのみ見られる
「特異現象」だと思っています。

この連中の「組織化」された詐欺犯罪は、
少年の丁稚奉公の時代から、先輩の商売を見習っての筋金入りですし、
貧しさから抜け出たい一心で、語学を学んでもきてもいます。
絨毯を売りつける「ノウハウ」は、さらに日々進化していると思います。

高級立地に関してですが、
これは「日本人のブランド志向」を利用したものだと思います。
「お金持ちの自分」と知り合えば「いいことあるよ」とでも
言いたいのでしょう。
しかし、そういう例ばかりでもなく、
「日本で絨毯を売り歩く」にもいろいろはパターンがあるようです。
また、記事にしたいと思っています。

トルコには、絨毯詐欺等を取り締まることに
もっと力を入れてほしいですが・・。
他国のことですので、法律その他事情が分からないので、
こちらとしては、危険情報を発信し続けていくしかないと
思っています。

今後もご訪問くださいね!


管理人のみ閲覧できます by -

2181の方へ by かこ
了解です!
その流れで書かせていただきますね。
度々の情報をありがとうございます。

コメントを閉じる▲

リストマーク 「訴訟するぞ」脅し方のバリエーション 2 

2016年06月08日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「記事を削除しなければ訴訟する」と脅す、トルコ観光業界の関係者。

ウxxxの場合は、「書き手」が本人かどうか不明でしたが、自らが、実名を名乗った上で、連絡を寄こす人物もいました。

該当店舗はトルコ国内、「書き手」はその代理人と称する日本人。

削除せよと名指しされた記事は、名誉毀損になど当たるまでもない「範疇」の内容。
しかし、この日本人は「プロバイダへのIP請求は認められる」とし、すでに弁護士に相談してきたと主張、裁判にかかった費用も含めて損害賠償を請求すると述べてきました。

この内容で、IP請求を認めるプロバイダがいたら、「お目にかかりたい」ですし、この代理人、言葉だけは「大言壮語」で、ずらずらと「流暢な脅し文句」を並べてますが、中身が薄く、内容に乏しい。

マルマラ海
マルマラ海(撮影は管理人)

「実名を名乗る」のも、「本気度と覚悟」を示している積りなのか?
「お前は匿名。こちらは正当性があるから名乗れるのだ」とでも言いたいのでしょう。

興味深いことに、こういう人物に限って、饒舌です。
「トルコ詐欺師たちの情報を公開するのは有益。有意義なブログ」と持ち上げつつ、トルコの詐欺師の存在を、実質認めてしまう「愚かさ」。
「長年に亘って、真っ当な商売をしているのだからその評判を崩すようなことをするはずがない」という論理も展開しています。

悪評判がないか常にネットを監視、見つけたら「実名という脅し」を使って、「削除しなければ訴訟」と凄んできたであろう、この日本人代理人。

あちこちに、自分の名前を拡散させているようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.06.08(Wed) 16:00] 訴訟すると脅す日本人Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

2183の方へ by かこ
始めまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。

大変な被害で、驚いています。
この人物についてですが、以前より「絨毯屋」を経営していました?


コメントを閉じる▲

リストマーク ケxxはいまだ健在  

2016年05月05日 ()
トルコ旅行 * 旅行
中年Kこと「ケxx」に関して、コメントをいただきました。

スルタンアフメットで、悪評高い客引きとしてさんざん観光客を騙してきた「ケxx」。
どうやら今でも、変わらずの商売を続けているようです。

この男は、かつてのTxxx Art Galleryの前身である「ZAxx」で客引きを行っていましたが、2011年に『山本』という名の絨毯屋をフォーシーズンズ近くにオープンしたものの、たった1〜2年で廃業、元の客引き稼業へと戻ってしまっていたようです。

「最大のウリ」は、日本の TVに出演した動画を見せて、観光客を信用させること。
ナイナイの岡村や東野と共に写っている「世界の果てまで行ってQ」や、「弾丸トラベラー」の中での、クリス松本とのやり取りなどを見せ、巧みな話術で絨毯屋へと誘います。

FHotel-2.jpg
フォーシーズンズホテル(撮影は管理人)

当ブログでも、何回か記事にしていますので、ご覧になってください。
「逃げ道を無くして買わせる」
http://turkey11.blog99.fc2.com/category30-1.html
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-category-30.html
この7編の記事の中で、ケxxは、「タク」という名で登場しています。

また「踊るトルコの『中・高年絨毯屋』」の中では、中年Kとして登場しています。
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-135.html
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-136.html

日本語、英語も堪能で、身長186センチという大柄。
Kexxx Taxxx にくれぐれもご用心!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.05.05(Thu) 23:23] 中年Kこと『ケxx』Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 「訴訟するぞ」脅し方のバリエーション 1 

2016年04月06日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「記事を削除しないなら訴えてやる」

いざ、訴訟という事になれば、トルコの詐欺師達にとって、2回の裁判が必要になるかもわかりません。
プロバイダは、会員である発信者の情報を、そうやすやすとは開示しないでしょうから、訴訟手続を踏んで判決を提示して始めて開示に応じるというケースが多いのではないでしょうか。
しかも2件ともなると費用も倍、弁護士のH先生は、200万かかると言っていました。
不特定多数の、ブログ発信者である管理人を訴えるとなると、いったい何件の裁判を抱える事になるのか、時間的にも経済的にも相当な負荷がかかるのは間違いありません。

イスタンブール界隈
イスタンブール界隈(読者の方からご提供)

さて、「訴訟する」と言って脅してきたのはウxxxだけではありません。

私のブログ記事が、「個人情報開示請求」するには十分であると称し、損害賠償民事裁判を起こす可能性を示唆してきた人物がいました。
こちらは、ウxxxと違って(本人か代理人か不明)、堂々と実名を名乗って連絡を寄越してきました。

日本人です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.04.06(Wed) 12:39] 時代に逆行する絨毯屋Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

〉「訴訟するぞ」脅し方のバリエーション 1 by ハンドルネーム未定
はっ、イスタンブールの城壁に桜だ!
わほーい 新月旗もはためいてる〜
かっちょいいですねー

?? ん? じゃないですよね?
梅?

あっトルコ国旗も日本も赤白
なにかのご縁でしょうかぁ〜(´ー `)


お久しぶりです〜〜 by かこ
ハンドルネーム未定さま

いつもありがとうございます!
桜ではないようですが、城壁をバックにきれいですよね。

トルコと縁の深い日本ですが、
昨今の情勢で、日本人に限らず、観光客は激減と聞いています。
素晴らしい観光地に人が戻ってくるのは、いつの事になるのでしょうか。



コメントを閉じる▲

リストマーク 時代に逆行する絨毯屋〜(ネット情報を潰したい??)5 

2016年03月08日 ()
トルコ旅行 * 旅行
店舗、企業にとって、ネットは日々進化し続ける「有用なツール」で、もはやこれを無視しての企業戦略などあり得ないでしょう。

もちろん、地域密着型で、希少な商品価値があるなど、あえてホームページを出さない選択肢もあるでしょう。
しかし、それとて、「食べログ」など情報サイトに投稿されたり、個人のブログで紹介されたりと、ネットと無関係ということはあり得ない「昨今」です。

トルコの詐欺絨毯屋は、「ホームページ」を持っていないようです。
絨毯やキリムを買った旅行者は、それなりの店舗だからホームページもあるだろうと、帰国してからネットで探しますが、代わりに見つけるのは、溢れんばかりの「詐欺情報」。

魚レストラン
魚レストラン(管理人撮影)

かつて、私の知人は、「これだけ、客に奢ったり観光案内したりと、熱心に接待する情熱をまともな商売に使えばいいのに。観光の穴場を教えてくれたり、食事につきあってくれたり・・しかも絨毯は適正価格だったら、帰国して周りに宣伝するよ」

まさに、口コミという商売の原点。
今や、この「口コミ」に代わるのが「ネット」。

トルコの詐欺師たちは、これだけのネット社会になっているにもかかわらず、それに逆行して、『1回ぽっきりの商売』に徹しているようです。
目の前にいる客を値踏みして、どれだけふんだくれるか、考えているのはそれだけ。
騙されたことに気がついた客がネットで声を上げると、「名誉毀損」と訴訟をちらつかす。

いったい何年、こんな虚しい不毛な悪行を繰り返しているのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.03.08(Tue) 18:00] 時代に逆行する絨毯屋Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター