AX
TOP > CATEGORY > カード引き落とし阻止2010年→イズxxx
BACK | TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Gさんの「カード引き落とし阻止 」5 

2011年06月20日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:2011年
所:絨毯屋 PEooooS (トルコイスタンブール

Gさんは、カリoooニアホテルをチェックアウトした後、ペガooで朝食を出されました。
フセooは姿を見せず、代わりに店主のオルooと日本語が堪能なUmxxが現れ、6枚の絨毯を目の前に並べました。

「サプライズだよ! どれが好き?」

Gさんは疑いながらも、適当に1枚を選びます。
前日に両親のお土産へと、1万円程のキリムを買っていた彼女に、彼等は「昨日のキリムはあなた自身の物にして、こちらを両親へあげなさい」と話しました。
お金がないと伝えると、なんと「プレゼントする」と云うのです。

はぁ、プレゼント?
いやいや、そんな「うまい話」があるわけがない。
いらないと断りますが、「プレゼントする」と、オルoo達は一点張り。
Gさんは、真意を、何度も確認します。
すると、オルooはこう云いました。
「関税がかかるし、保険もかけなければいけない。様々な書類に記入する必要がある」

アヤソフィア
アヤソフィア(撮影は管理人)

Gさんは、名前と住所を書いて、指示された通りに、英文を書きました。
が、この時、恐怖心が彼女を襲います。

『こわいこわいこわい』

旅行中、ずっとつけていた日記には、こう記されていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2011.06.20(Mon) 21:48] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Gさんの「カード引き落とし阻止 」4 

2011年06月12日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:2011年
所:絨毯屋 PEooooS (トルコイスタンブール

Gさんは、旅行会社へと連れていかれ、結局、3000リラのツァーを購入しました。
高いとは思ったけれど、どんな旅であれ、両親が安心できるならそれでいいと、自分を納得させたのでした。
ちょっと贅沢ではあっても、安い旅から、日程・ホテルがきちんと組み込まれた旅へとシフトさせることにより、「安全」を優先させようと思ったのです。
イスタンブールでホテルを決めないでいたことが、フセooに絡まれた原因でもあったのだと、彼女を不安にもさせていました。
この日も、彼等との交渉に時間をつぶされ、予定していたトプカピ宮殿観光をキャンセルし、地下宮殿とガラタ橋しか回れなかったGさんは、「今夜は日本の友人と食事するし、もうこれからはひとりで行動する」と云いました。
しかし、フセooはこう切り返します。

「ご飯から戻ったら、お茶しよう」

シルケジ駅で、日本人女性と落ち会い、ガラタ橋を渡って、新市街へと行きました。
彼女との会話ははずみ、レストランでは、店員が気さくに話しかけたり、トルコ語を教えてくれたりしました。

ガラタ橋
ガラタ塔(撮影は管理人)

楽しいひとときを過ごし、満足してホテルへ戻ると、フロントは鍵を渡すどころか、Gさんの目の前ですぐさま電話をし、フセooを呼び出します。
出てきたフセooに外へ行こうと促され、疲れを押してお茶につき合うと、またもや「明日は、何時に朝ごはん食べる?」

22時半頃やっと自室に戻ったGさんは、こう認識せざるを得ませんでした。
「私は、完璧に、嵌まってしまった」

しかし、お金さえ出さなきゃ問題ない、自分で解決できる・・と過大評価します。
一方で、様々な「トルコ絨毯詐欺」について、ネットで調査することも忘れませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2011.06.12(Sun) 15:50] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Gさんの「カード引き落とし阻止 」3 

2011年06月07日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:2011年
所:絨毯屋 PEooooS (トルコイスタンブール

Gさんとフセooの前に、日本語が堪能なUmxxという人物が現れました。
「これからトルコのどこを周るの?」
Gさんが行きたい都市を告げると、安全だし、格安だからと、ツァーを勧めてきました。
前日には、フセooからもその話があり、ひとりで自由に周遊したい彼女は、聞くだけにとどめていました。

Umxxが提示した料金は、高額でした。
彼女は、その場で旅行初日に宿泊させてもらった日本女性に電話をかけ、高いことを確認して、断ります。
一部分ならいいけれど、全部は買えないと。
あくまでツァーとして買えという彼等に、Gさんは店を出て行きました。
フセooは追いかけてきて、早口の英語とトルコ語でGさんを責め立て、またもこう云います。

「You don't trust me.」

ざくろ
店頭のざくろ(撮影は管理人)

口論になり、Gさんは彼から離れようとしますが、またも店に連れ戻されてしまいます。
そこに、再びの、Umxx登場。
Gさんは、「私は、自分の力で旅がしたい。気球ツァーにも興味がない」と、泣きながら訴えました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[2011.06.07(Tue) 23:28] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(8) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

1689の方へ by かこ
Yahoo!知恵袋、見れました。
ぼったくり度がひどい・・というより、これは完全な「詐欺」
ここまできたら、あきれますね。

ご質問の件は、後ほどメールします。

管理人のみ閲覧できます by -

1691のまるさま by かこ
はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
教えていただいたサイト、見ました。
客引きの名前は聞いたことがあります。
まるさんが、被害を受けてらっしゃらなかったらいいですが・・。
差し支えなければ、アドレスを教えてください。

ホテル詐欺 by kedicik
はじめまして。
このブログが立ち上がったころより、拝見させていただいてましたが、コメントは今回が初めてになります。
1689の方のyahoo知恵袋(?)を拝見し、憤りを感じました!!
(Ocean○7ホテルですよね?!違っていたらゴメンなさい)
被害にあった事をトリップアドバイザーに評価とコメントを入れておいたところ、
数日後オーナーを名乗るAhm○t氏からうそをつくな、削除しろとコメントがありました。
詐欺師にとって、トリップアドバイザーに載せるのは、結構有効な手段なんだと感じましたので、コメントさせていただきました。
かこ様これからも、詐欺師撲滅のためがんばってくださいね!応援してます。

トリップアドバイザー by かこ
kedicikさま
コメントをいただき、ありがとうございます。
開設当時よりご訪問いただいているとお聞きし、大変うれしく思います。
yahoo知恵袋の中から、該当記事を、よく探されましたね。
教えていただいた、トリップアドバイザーも早速見てみましたが、ご指摘の記事を探し当てることができませんでした。
しかし、このサイトへの掲載が有効であると教えていただき、活用できるものが増えたように思います。
応援もありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。

Ocean●7 by kedicik
URLはこちらになります。
拙い英語ですが、Yahoo知恵袋の内容を転載させていただきました。。。

トリップアドバイザー by かこ
kedicikさま
ありがとうございます。
見ることができました。
今日の時点で、「7人が、この口コミが役に立ったと評価しています」とありました!




コメントを閉じる▲

リストマーク Gさんの「カード引き落とし阻止 」2 

2011年06月03日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:2011年
所:絨毯屋 PEooooS (トルコイスタンブール

フセooは、Gさんを夕食に誘いました。
Gさんは、ひとりで大丈夫と断りますが、押し切られてしまいます。

自室で、旅行初日に知り合った日本女性にメールをし、何とかフセooの元から離れようと、彼女と、翌日の夕食の約束を交わします。
約束の時間になると、フセooから電話があり、シルケジ駅近くのケバブ屋で、ケバブ,スープ、アイランをご馳走してもらいました。
帰る道々で、「とても疲れているから早く寝たい」と訴える彼女に、フセooは「I don't think so.」「僕の部屋へ来て」と云います。ノーと云っても引き下がらない相手に、彼女は部屋へと行ってしまいます。

フセooの部屋で、ハマムや伝統的なダンスについて説明されますが、彼女は興味がありません。「あなたは疲れているようだ」と、フセooは彼女の肩を揉もうとしました。「嫌だ」と拒否しましたが、それでも「何で?」と触れてこようとするフセooに、はっきり「ノー」と伝えると、フセooはこう云いました。

「You don't trust me.」

ザクロジュース
ざくろジュース(撮影は管理人)

部屋を出て行こうとする彼女に、翌日のアポを取ろうとするフセoo。
翌朝、フセooの店で、彼と一緒に朝食を食べました。
寒いからと、地下室のソファーで、ポアチャなどをいろいろと饗され・・・。

Gさんは回想します。
この時、はっきり「ノー」と云えばよかったと。
しかしながら、プロの詐欺師達にとって、まだ若い彼女を追い込むなど、容易なことだったでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2011.06.03(Fri) 15:30] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Gさんの「カード引き落とし阻止 」1 

2011年05月29日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:2011年
所:絨毯屋 PEooooS (トルコイスタンブール

Gさんは、1ケ月の、長いトルコ周遊旅行へと出かけました。
その留守宅に、o天カードから電話が入った・・というところからこの物語は始まります。

Gさんは、ホテルを探しながら歩いていたスルタンアフメットで、道を教えてくれた男性に、絨毯屋へと連れて行かれます。

彼の名前はフセoo 絨毯屋はPEooooS

彼女は店に入るのを躊躇しますが、入ってと促され、足を踏み入れました。
出されたチャイを一口も飲まずにいる彼女に、フセooの叔父であるというオルooが微笑みかけてきます。
道案内するという話はどこへやら、容易には店を出れない状況になっていきました。

彼女が示したホテルの番号は、トルコの正式な番号ではないとフセooは云いました。
じゃあ他のところを探すと云う彼女に、「70リラではどう?」と聞くフセoo。
高いと彼女は返しました。
「僕が値引き交渉するからついてきて」
店を出て、彼女の大きな荷物を運ぶ彼に、Gさんはついて行きました。

ブルーモスク
ブルーモスク(撮影は管理人)

案内されたのは、「ホテルカリoooニア」
彼がフロントと話している間、彼女は、googleでホテルの評価を調べます。
値引き交渉の結果、60リラで泊まれることになりました。
チェックインを済ませたあと、フセooもこのホテルに滞在していることを知らされます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2011.05.29(Sun) 22:00] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

本当に悪意のある人たち! by メデューサ
スルタンアフメットから海側に歩く道は、誰だって迷子になりますよ。
それを捕まえて嘘の道を教えたり、付きまとったり、店に連れ込んだり、挙句詐欺までっ!!
今、思い出しても本当に腹のたつ連中です。

確信犯 by かこ
メデューサさま
ほんとうにその通りですね。
こんな連中に、日本人が「たかられまくって」きたかと思うと、腹立たしい限りです。

管理人のみ閲覧できます by -

1685のあやのさんへ by かこ
はじめまして!
実は、あやのさんのブログ、すでに訪問させていただいておりました。
読者の方がお知らせくださっていたのです。
かげながら、「がんばって」と応援しておりました。

お店はご指摘の通りで、まちがいありません。
半監禁状態で、明らかに「うそ」を云ってカードにサインさせるなど、犯罪と云っていいと思います。ほんとうにひどい店です。

あやのさんが、辛い自己嫌悪から立ち直られ、カミングアウトされて救われたと拝見し、よかったなと安堵しました。
被害者のみなさんは、「騙された自分も悪かった」と、反省されたり、落ち込んだりするのですが、それこそが詐欺師の狙い目です。
これほど、プロ化された「トルコの詐欺集団」に、短い旅先で渡り合えるなど、日本女性にはなかなか難しいです。
騙したあとは、周囲の日本人協力者をして「騙されたあなたも悪い」と中傷、揶揄し、「自己反省している被害者」の痛いところを突き、えぐるのです。
同じ日本人として、悲しく、情けなく思います。

カード会社の対応は、やはりどこも同じですね。
しかし、アクションを起こすことは大事です。
被害者が声をあげ続けることで、対応を変えさせなくてはと、思います。
非公開でメルアドいただけましたら、ご返信いたします。

コメントを閉じる▲

BACK | TOP | NEXT

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。