AX
TOP > CATEGORY > ブログのあり方
BACK | TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク リンクをありがとうございます! 

2010年06月27日 ()
トルコ旅行 * 旅行
今回は、アクセス解析の話をさせて下さい。
どういう経路を経て、ブログにご訪問いただいたかを知る方法として、「リンク元統計」というものがあります。

*「検索語句」
どんなキーワードを入れて検索したか。

例えば「トルコ、詐欺」とグーグルで検索すると、約30万件中、当ブログは5~6番目にヒットします。
(ちなみにトップで表記されるのは、あとでご紹介するcinema impression)
面白いことに、「ウ●●●、トルコ」(もちろん伏せ字ではなく)と検索すると、伏せ字であるにもかかわらず、3000件中、トップで表示されます。さらに驚くことに、「ウ●●●」だけでも、5700件中、3位。1、2位は実名表記のブログですので、この後に続くと、連動してしまって伏せ字によるマイナス効果はないといってもいい状況です。

では「トルコ旅行」ではどうでしょう。
200万件中、50位前後で表示されます。「トルコ 絨毯屋」「トルコ 絨毯 恋愛」となると、俄然トッページに出てくる勢いなのですが、トルコ旅行だけでは、旅行社のサイトが上位に出てきてしまいます。

ブルーモスク
ブルーモスク

*「リンク元ドメイン」
どこのサイトに、リンクされているか。

最近「なんでも評点」というブログにリンクされているのを見つけました。
「他所ではなかなか読めない、世界の珍しいニュースを、読みもの風に」紹介しているブログで、1日のアクセス数が6000~7000件、総アクセス数が4000万件を越えているという、メガサイトです。
相互リンクの依頼は受け付けず、「ダイナミック相互リンク」のみ50件ほど掲載されており、その中に私のブログがリンクされておりました。
絨毯をシェアするという、体験者でも「絵空事」のように感じる”奇異さ”ですから、確かに「トルコの珍ニュース」と将来言われることがあっても、納得です。

ほかにも、リンクしていただいています。ありがとうございます。
ベリーダンスTomo Oriental Dance
cinema impression
Yuri's blog
地球の歩き方
トルコ絨毯詐欺を追求する!

まだまだありますが、あまり実名表記のブログをご紹介して、ご迷惑をかけてもいけませんので、ここら辺にしておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2010.06.27(Sun) 23:18] ブログのあり方Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

日本国内での外国人との結婚トラブル by カナ
かこ様
こんにちは。Uの実名を載せているブログもたくさんあるのですね。いくつか読みにいきましたが、彼らの理屈が独特で、自分が想像する「詐欺師」というイメージと違うように感じました。
また、こんなにたくさんのブログがすでにあるのなら、探せば六本木等で知り合った外国人とのトラブルのブログもすでに存在するかもしれないと思いました。ひとまず、自分で立てたブログと平行して、そういった情報を載せたブログも探していきます。どうもありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます by -

他人の空似なのは分かっていますが by opps
こんばんは。
お久しぶりです。
コメントをするのは久しぶりですが、毎日応援して拝見させていただいています。
只今パラグアイ戦を見ているんですが、パラグアイの18番バルデス選手。
見ていてとても悲しい不思議な気持ちになってしまい、
何故だろうと考えていたら・・・・・・U●●●に似ているんですね。
髪型?
それとも強気な態度?
(あくまでも私の主観というか印象なので全然似てないよ! て思われたらすみません)

頑張って忘れようとしているのに、
こんなちょっとしたことで不意に記憶がかき回されるって、
まだまだ引きずっているんだなって、意外なところで気付かされました。

かこさんに比べたら被害の低い私ですら、
こんなささいなことで落ち込むんですから、
かこさんをはじめとして、このブログを訪ねてきている人の中には、
日常生活でもっともっと後遺症と戦っているんだろうなと、悔しくなります。

久々の書き込みなのに、こんなどうでもいいため息のようなコメント、本当に身勝手ですみません。
あまり書き込みはしていませんが、ROM&ポチでささやかながら応援しています。
ですが、あまりご無理はなさらないで下さい。
かこさん自身も仰られていましたが、
日常生活あってのブログですから。。。

トルコ ビザ 恋愛詐欺 じゅうたん by かこ
カナさま
はい、実名掲載のブログもあります。
幸いにも、彼等と関わっても被害に遭わずにすんだ方のブログも、同様にあります。
カナさん、立ち上げられたブログのURL、コメント欄に直接書いて下さっていいですよ。
こんな感じで。
絨毯詐欺を追求する!http://sites.google.com/site/jyutansagi/

oppsさま
こちらこそお久しぶりです!
コメントはなくとも、ご訪問いただいてると、思っておりましたとも。
ROM&ポチ、ほんとうに助かります。
みなさまの応援に支えられ、有り難いことです。

バルデス君の面長の顔立ち、確かに例の方に似ていますね。
強気な態度も彷彿とさせるかも・・・。
けれど、ふとしたことで、記憶が甦ってしまうのは、悲しいですね。
もうずいぶん前のことなのに、あんな経験はそうそうあるものでもないと、思います。
私も、あのFホテルの角を曲がらなければ、彼等と遭遇することもなかったのに、と思ったりします。
彼等は、騙した相手がどれだけ傷つき、その結果、後遺症を残すか、考えたこともないのでしょう。
oppsさん
お気遣い、ほんとうにありがとうございます。
時には、ブログ運営の難しさに、立ちすくんでしまうこともありますが、みなさまの励ましに支えられ、これからも続けていこうと思っています。
oppsさんも、お仕事でご多忙と思います。
お体に気をつけて下さいね。
今後もよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲

リストマーク 本ブログの主旨 

2010年05月06日 ()
トルコ旅行 * 旅行
管理人として申し上げます。
本ブログは、私の実体験を記録することで「恋愛商法、友情商法などによって、不当に高額な絨毯を購入させられた詐欺事件」を告発するブログです。

客同士を鉢合わせさせない「あなただけ特別」という演出のもと、被害者の方々は、絵空事のような旅先での出来事を、どう解釈したらいいのか分からないまま、悩み苦しんでおります。
孤独に陥りがちな被害者にとって、何より重要なことは、同じような状況で騙された人たちとの、情報共有です。
苦しい中から、本ブログに情報をお寄せいただいたことにより、「加害者の実像、騙しのテクニック」が浮かび上がり、詐欺師達が特定されていきました。
自分だけが特別な椅子に座っているのではなく、みな、似た様なストーリーで騙されていたのだと、苦しい中にも気付かされ、現実を直視していこうと、みなさま、立ち上がっていかれるのです。
「かこさんに話して救われた」「勇気をもらった」と多くの方々から、メールをいただいております。
私こそ、みなさまの戦う姿勢に勇気をいただいており、これこそが、被害者同士の共感、連帯という意味で、本ブログに大きな成果がでてきたのではないかと、うれしく思っております。

そんな中、最近、多くの情報を提供して下さったM子様への、目に余る中傷がございました。
彼女の投稿のおかげで、騙されたことに気が付き、救われた方が、何人もいらっしゃいます。
「旅先のアバンチュール」などという、全然違う視点でもって問題をすり替え、これだけ多くのコメントを投稿される方には、いったいどんな意図がおありになるのでしょう。
アバンチュールの是非はともかく、旅のスタイルは多種多様で、アバンチュールを求めて旅される方もおありになるでしょう。ですが、このことに対する議論は、ここでは必要のないことです。
何度もいうように、ここは詐欺を告発するブログで、「日本女性の恋愛事情」を論じる場ではありません。
ご自分の研究されているテーマがおありになるなら、どうぞブログを立ち上げて、そちらで自説をご披露いただければと思います。

今後、M子さんはじめ、被害者の方を中傷されるコメントを投稿された方には、アクセス禁止の処置を取らせていただく場合もございますので、ご了承下さい。

以前、「中傷させない」の記事で、
4個の名前を使い分けて、コメントを投稿された方に関して、書かせていただいた事がありました。
最近、またそのスタイルを取られる方がいらっしゃるようです。

1.CIAOさんのコメに対してのレス(名前は無記入)
 389
(旧326)(656)
(旧335)(662)
(旧378)(680)
(旧346)(695)

2.「日本女性の恋愛事情」を研究されているとおっしゃる方

3. M子様のコメントに対し削除要請をされてきた、 S○○○の代理人と称される方

1、2、3とも、同じIPアドレスから発信されております。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[2010.05.06(Thu) 01:20] ブログのあり方Trackback(0) | Comments(31) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

やはり... by ピラミ
自称研究者は複数の名前で投稿していたんですね。
海外の被害者サイトでもこう書かれています↓
D o n 't m i x B E Z N E S S w i t h s e
x t o u r i s m o r r e a l b i-n a ti o n a l
r e la ti o n s h i p s . B E Z N E S S i s o n e - s i d e d l o v e

管理人のみ閲覧できます by -

実態報告有難うございます by M子
かこ様

実態報告有難うございます。やはり私のコメントへの中傷だったんですね。S店はもうVをくびにしたと言っていながら、Vのコメントにここまで神経質になっているのは本当に不思議ですね。くびにしていたら、ここまで
Vを擁護する必要はないのに。。。読者の皆様どう思われますか?

おかしいと思ってました。 by シネマニア
今まで、ざっと、読んで、おかしいと思いました。
S○○○の、代理人と、自称研究者は、同一人物だったんですね。これで、つじつまが合います。日本人協力者がいるということは、悲しい限りですね。

ゾッとします… by -
多種多様な、スルタンの恋愛絨毯詐欺師の人数だけ、騙されてしまう被害者も多く発生している訳ですが(私も騙された1人です)
その多くの恋愛詐欺師の数だけ、彼らの詐欺行為を庇おうとする『日本人の協力者』も多種多様に潜んでいるのでしょうか…?

かこ様への感謝,M子様への感謝 by タカシ
かこ様へ

件の人物による名前や立場を変えての一連の投稿が
同じIPアドレス(=同じ組織/団体)から発信されている
という超重大情報のご提供をありがとうございます.

また,本ブログの主旨と利用規約を改めてご説明頂きありがとうございます.
とても心強いです.私(と無事回復できれば姉)も今後できる限りの情報提供(主に,防犯まわり)とご協力をさせて頂きます.


M子様へ

執拗な誹謗中傷に,さぞかし心を痛められ,お辛い思いをされた事と思います.
身の危険を感じるほどの思いをされておられる中,
またこうしてM子様からコメントを頂ける事に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです.
本当にありがとうございます.

でも,大丈夫ですよ.奴らは日本では警察が恐くて何もできませんから!

今後も,詐欺撲滅に向けて,M子様を含む被害者の方々と一緒に頑張っていきたいと思います.


初めての読者様へ

件の人物がM子様を不当に中傷し,被害者の皆様から論破され,一度は謝罪するものの,別の話題を持ち出して再度攻撃を試みるが失敗する一部始終は,次のURLのコメント(722)からご覧になれます:

http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-20.html#com

注意:
本物の研究者は推測と断定を混同したり,仮説と事実をごちゃまぜにして話す事は,
絶対に有り得ません.分野を問わず,研究者としてのごく初歩的な作法ですから.
他にも研究者として有り得ないミスが散見されます.

信じられない・・・ by moo
やはり、兼房なる人物の正体は、S●●●の差し金だったんですね。確信したとうりでした。
これでますます、詐欺師達は、自らの首を絞めることになりました。
それにしても、私達と同じ日本人が、犯罪ほう助している事がほんとうに信じられません・・・

こちらこそ皆様に感謝しています by M子
タカシ様、かこ様、読者の皆様有難うございました。

最初は自称研究者と名乗る、面識もない人物に個人攻撃のひどい批判を受け、不気味でしたが、かこ様のおかげで人物像が特定出来たので、納得出来ました。おそらくこの方は女性ではないでしょうか?だんだん冷静さを失い、Vに対する擁護が個人的な愛情に感じられました。
本当にVに愛情をお持ちなら、この仕事から完全に足を洗いまともな人生を歩めるように、違う意味でサポートするべきではないかと思います。私を攻撃する前に、Vの将来設計のケアーをすることが、悪の道からVを救ってあげる事だと思います。視点を、私から、Vがなぜこの仕事から、抜け出せないのかの根本的な問題へと、研究課題を転換されたらいかがでしょう?視点を転換され
れば、あなたが大切で擁護したいVを更正させられると
思います。私は一度本当にVが新しい人生を歩みたいと
涙ながらに語った時、本当にそれが出来るのなら、見守ろうと思いましたが、結局それが出来ないでアリ地獄から抜け出せないVを見たとき、やはり何か足を洗えない
重大な問題があると思いました。おそらくあなたはそれを知っているかもしれないので、Vを根本的に人としてまっとうな人間として更正させてあげられる様頑張って下さい。

追伸 by M子
そう言えば、Vが来日していた最後に真実を話したいと言われ呼び出された日、Vはこんな事を言っていました。日本人が自分を利用して利益を得ていると言っていました。その時は何を言っているのかわかりませんでしたが、きっと何かトップシークレットがあるのでしょう。。。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク FC2から再びの警告メールと、コメントの修正に関して 

2010年05月03日 ()
トルコ旅行 * 旅行
FC2から再度の警告メールが届きました。
4月22日、23日と、続いて2通、内容は以下の通りです。

「固有名詞、および表現」を削除せよ
1.コメント欄に記載、公開されている人物名・店舗名
2.実名が容易に判断できるもの
(日本語への当て字)
3.店舗所在地が明らかに特定できる表現
(~ホテルの斜め向かいに位置し・・・など)

1、2に関しては、記されているすべての固有名詞を挙げ、それ等が記載されている本文URLと、コメントナンバーが列挙されておりました。
みなさまからいただいたコメントを修正するのは、遺憾ではございましたが、該当箇所を匿名にして、再度上げさせていただきました。
何卒ご了承下さい。
また、修正コメントが膨大な数に上ることから、私ひとりでは大変であろうと、読者のおひとりの方が支援を申し出て下さいまして、その方と共に作業を行いました。猶予期間が5日間しかなかったので、ほんとうに助かりました。ありがとうございました。

23日に送付された警告メールには、以下の記述もありました。
(苦情元の意見を、そFC2がそのまま張りコペしている模様)

#コメント143で実名のフルネームとスペルの書き込み、そして157でその人物が「世界版mixiのようなSNSサイトに登録している」という書き込み。コメント457ではマイスペースというSNSで「C○○○L○○」という人物を検索したが、もう見つからなかったという書き込み。こちらでそのような書き込みがあったから相手側も気付かれて削除されたのではないでしょうか?彼らのSNSを探そうと思えば簡単に見つけ出すことが出来てしまう内容です。
プライバシーの侵害に当るのでは?

これは「プライバシー」のはき違えでないかと思います。
「C○○○L○○」ご本人が、自ら世界に向けて発信している内容を、確認することが、なぜプライバシーの侵害に当るのでしょうか。また「こちらでそのような書き込みがあったから相手側も気付かれて削除されたのではないでしょうか?」は、完全に、推測であります。
推測で語られたことをもって、削除せよと言われましても、困惑いたします。

#コメント322、325,340,390で、「○○○人」という言葉が目につきます。特に390では「彼は~トルコ人(あ、ごめんなさい○○○人だった!)と、これが事実なのかは知りませんが、自分ではどうすることも出来ない事柄をこのように書き込まれるのは如何なものかと感じます。差別と取れる言葉です。

差別とは、「偏見や先入観を元にして、特定な人々に対して不利益・不平等な扱いをすること。またはその扱い」(新辞林)という定義であろうかと思います。
アメリカ人をアメリカ人、日本人を日本人と呼んで差別になるでしょうか。
同じ様に○○○人を○○○人と呼んでも差別にはならないと思います。
「○○○人だから詐欺をする」は差別ですが、「●●●が詐欺をした」「●●●は○○○人である」はぞれぞれに事実であり、差別ではありません。
本ブログにおいて、○○○人を差別する記載は、記事においてもコメントにおいても、ないと思っておりますが、もちろん異なった意見をお持ちの方もおられるでしょう。

問題は、意見の相違ではなく、たったおひとりの意見、またはその方の判断でもって、削除せよと言われ、実際に削除依頼がくることです。

これは、非常に一方的ではないでしょうか。

記事およびコメントに、異論があれば、どうぞブログ上で議論を戦わせていただきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2010.05.03(Mon) 12:42] ブログのあり方Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

絶体絶命??!! by -

 FC2への、再度の削除依頼・・・

どういう立場の方が、削除依頼をされているのか、おおよそ見当はつきますが、本当に、理不尽極まりないですね。
 いい加減に、不当な商売はお止めになったらいかがですか?
 ご自分達の行いが、’正しい’と自信がおありなら、堂々としていられるはずじゃないですか?

 そちらも、どんな卑劣なやり方であろうが、金さえ儲かればよい、とお考えなら、こちらがそれを防ごうとするのは、当たり前かつ正当な権利・・・

人権侵害にあたるのは、そちらの方だということは、子供でもわかるような事です。

 世界に誇るイスタンブールを持つ素晴らしい国トルコ。 それなのに、こうした詐欺商法をいつまでもやめない一部の下劣なあなた方のせいで、「やっぱり貧しく、教育もないトルコだから、詐欺があっても仕方がない」と世界中の人々から軽蔑されるのは、恥ずかしくないですか?
 
 削除依頼するよりも、まず、詐欺をやめて下さい。

再度の削除依頼 by kazu
これだけかこさんが指摘された点を削除し気をつけていてもまだ・・

FC2の対応もどうかと思いますが
ただネットの影響力を考えると指摘されたことは、注意が必要な事だと思います。
プライバシーの指摘については、私も特に問題とは思いませんが、差別発言と言う指摘については、私もコメントを読んでいて差別的な印象を受けた事はありました。

どちらにしても、FC2のブログを利用させて頂いている以上、FC2の指示には従わなくてはならないと思います。

私は日本人の悲惨な被害者を減らすためにも、これからもブログを続けて欲しいと思いますので、私個人としてはFC2の指示に従いたいと思います。

by saku
2009年夏にイスタンブールに行ったものです。私は現地出身の友人がいたため、彼らから口酸っぱく絶対に絨毯屋含め近寄ってくる人を相手にしてはいけないと忠告をもらっていました。なので、ウ***が私の泊まっていたホステルの人と一緒に話かけてきた時も適当にあしらおうとしましたが、予想以上に彼は強引でしたね。日本語で話しかけてきましたが、心を許してると思われたくなく、
英語で応対しました。自信のことをイケメンでしょって言ってきましたが、正直私の友人の方が、イケメンかつ高学歴だったため、そう言ってあなたは大してかっこよくないとはっきり言ってやりました。少し鼻をへし折ってしまったようで、その程度であっさり口説くのはやめてくれました笑。

街で会った日本人女性と話す機会があったのですが、彼女はウ***がちやほやしてくれてすっごく気分がいいし、かわいいかわいい言ってくれると既にはまってしまっているようでした。気をつけてと私は言ったのですが、なかなか耳を貸してくれず。。。

欧米人にくらべ語学に弱かったり、スキンシップになれていない日本人にとっては陥りやすい被害だと思います。私が渡航したころは、外務省のHPに今記載してあることはなかったように思いますので、徐々に悪事は明るみに出ているのではないでしょうか。長くなりましたが、かこさんは本当に勇気のある方だと思います。応援しています。

コメントを閉じる▲

BACK | TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。