AX
TOP > Fさんの「絨毯屋との物語」3
 ← Fさんの「絨毯屋との物語」4 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」2

リストマーク Fさんの「絨毯屋との物語」3 

2011年02月07日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:200X年
所:絨毯屋 oAoo (トルコイスタンブール

Fさんは、オザンに促され、思いついた質問などを投げかけました。
「相手を知るために、話を聞くことは大事。どんなことでもいいよ」と、オザンは優しく云い、彼女の質問に答えます。
一方で、「ぼくはアジア人の女性と深い関係になろうとは思わない。つき合うとかは無理だ」と、安心させることも忘れませんでした。

テーブルをはさんで、ふたりの距離はそのまま・・・。
Fさんの緊張感と警戒感は、次第に消えていきます。
穏やかな口調と、静かな空間のなか、時間はゆっくり経過していきました。

気がつくと、外は暗くなりかけていました。
「美味しいご飯屋さんを教えて下さい。そろそろ帰らないと」とFさんは立ち上がりました。
オザンは、彼女の地図に店の名前を書き、印をつけてくれましたが、「遠い異国同士のふたりが、せっかくこうして知り合えたのだから、もう少し話をしませんか」と、引き止めます。

street-4.jpg
ロカンタ(撮影は管理人)

ファooが、ご飯屋への送り迎えをしました。
彼女と目を合わさず、ひとことふたこと話すだけの、シャイなこの少年は、オザンに言われたことのみを行っているようでした。

「話をするだけだから恐がらなくていいし、絶対に大丈夫。遅くならない時間にホテルまで送るから心配しないで。だいいち暗いのに、ひとりで歩くのは危ないでしょう」
紳士的に云った、オザンのその言葉を、Fさんは信じました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2011.02.07(Mon) 22:48] 被害者の「物語」Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

お久しぶりです by かこ
1630のゆうさんへ
その後、お元気でいらっしゃいましたか?
以前教えていただいた、男性の名前に関しては、その後情報はありません。
今回、新たに教えていただいた「ブログ」、さっそく見てみました。
もうすぐ開店のようですね。
私もチェックしていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲

 ← Fさんの「絨毯屋との物語」4 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」2

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011.02.17(Thu) 21:51] URL | # | EDIT |

1630のゆうさんへ
その後、お元気でいらっしゃいましたか?
以前教えていただいた、男性の名前に関しては、その後情報はありません。
今回、新たに教えていただいた「ブログ」、さっそく見てみました。
もうすぐ開店のようですね。
私もチェックしていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。
[ 2011.02.19(Sat) 21:53] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/79-63139c00
 ← Fさんの「絨毯屋との物語」4 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」2

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター