AX
TOP > Fさんの「絨毯屋との物語」2
 ← Fさんの「絨毯屋との物語」3 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」1

リストマーク Fさんの「絨毯屋との物語」2 

2011年01月30日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:200X年
所:絨毯屋 oAoo

オザンと名乗った男は、自称「従兄弟」のイスoooと話し込み、Fさんは黙りがちで、ソファに座っていました。
高校生のような若い男の子が、チャイを持って入ってきます。
Fさんは、飲みながら、次第にリラックスしていきました。

「私に全く興味がないようだし、観光情報を聞いたら、すぐに出られるだろう」

しばらく経って、イスoooに電話が入り、部屋から出ていきました。しかしファooと呼ばれるその高校生が、何度かチャイを持って出入りすることで、「オザンとふたりきりではない」との安心感を抱いてしまいます。

アヤソフィア
アヤソフィア博物館(撮影は管理人)

オザンは、Fさんに「あなたの印象を云ってみようか」と話しかけてきました。
「自分から話そうとしないし、暗いし、自分に自信がないでしょう。お酒もタバコもカラオケもしないでしょう。そんなんじゃ魅力がないし、退屈だよ」
Fさんは「その通りです」と返事をし、オザンの話を黙って聞きました。

穏やかな口調で、心理学や哲学のことまで、様々な話題を持ち出し、ゆっくり、優しく話すオザン。
Fさん自身のことに対しても、いろいろと質問をしてきました。
Fさんは、「知らない人には言いたくないし、話すようなこともない」と答えます。

「じゃあ、あなたからぼくに質問してみて」
「こうやって会話していくのが、人が知り合って楽しく生きていく過程だから」

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[2011.01.30(Sun) 21:00] 被害者の「物語」Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← Fさんの「絨毯屋との物語」3 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」1

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011.02.06(Sun) 16:29] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/78-f8a6a12e
 ← Fさんの「絨毯屋との物語」3 | TOP | Fさんの「絨毯屋との物語」1

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター