AX
TOP > Dさんの「絨毯屋との物語」1
 ← Dさんの「絨毯屋との物語」2 | TOP | それぞれの、「絨毯屋との物語」3

リストマーク Dさんの「絨毯屋との物語」1 

2010年10月21日 ()
トルコ旅行 * 旅行
時:200X年
所:絨毯屋 oAoo

トルコから、英語の非公開コメが入った・・というところから、この物語は始まります。

He told me his story about REN-AI SAGI.
He recommended to check this site.

If you will help me,I can leave work.
I never say AISHITERU, but now I wanna say.

Would you marry with me?

2度イスタンブールから英語コメントが届いた後、帰国した彼女から、改めて日本語でメッセージが入りました。

アヤソフィア
アヤソフィア(撮影は管理人)

Dさん(全くの仮名)は、イスタンブールで1泊したあと、カッパドキア、パムッカレ、エフェソスへと周遊し、最後に再びイスタンブールへと戻る計画を立てていました。
観光はしない予定だった、初日のイスタンブールですが、ブルーモスクを見たいと思い、長いフライトの疲れを押して、出かけて行きまます。

そんな彼女に、スーツを着こなした中年男性が、流暢な日本語で話しかけてきました。
それまでに話しかけてきた、どのトルコ人よりも見事な「にほんご」
普段なら考えられないのに、なぜかこの中年男に気を許してしまい、絨毯屋へと付いていき、チャイをご馳走になってしまいます。

「今、思っても不思議なんです。なぜ、気を許してしまったのでしょう」

夕食も運ばれ、リラックスした彼女の前に、もうひとりの男が現れました。
中年男が社長で、新たな男の方は補佐役なのかと、Dさんは思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Bさん、Cさんは、すでに仮名として存在してらっしゃるので、Dさんとさせていただきました。
[2010.10.21(Thu) 17:00] カード引き落とし阻止2010年→イズxxxTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

イスタンブル by Yuri
かこさん、こんにちは。
先日、仕事でイスタンブルへ行ってきました。
まあ、いろいろ見てきましたよ。

イスタンブル恋愛商法の定点観測 by かこ
Yuriさま
お久しぶりです。
ブログには、時折おじゃまさせていただいていました。
今回の記事、早速拝見しました。
Z---での店先で、客引きと対峙されたとか・・やはり「しつこさ」は変わらないのですね。
でも、なかなか写真を撮らせないところなど、用心さは増しているのでしょうか。
多少は、商売もキツクなっているのだとしたら、うれしいことですが、おっしゃるように、相変わらずの手口のようですから、旅行者ひとりひとりが気を付けていくしかないのでしょう。

シルケジ駅の話など、イスタンブルの連載が続きそうですね。
楽しみにしています。
http://ameblo.jp/wayang/

イスタンブル恋愛商法
http://ameblo.jp/wayang/entry-10447406262.html

質問です by cinemania
非公開のコメントから始まるということなのですが、これはトルコから、Dさんに送られたものなのですか?
Dさんが、後述のブルーモスクなど、トルコ観光して帰国したあと?なのかな?

お久しぶりです by かこ
cinemaniaさま

非公開のコメ(英語)は、私のプログへ、Dさんから寄せられたものです。
彼女は、まさにトルコ旅行の最中でした。
あちらでは、日本語入力ができなかったそうです。
ご帰国されてから、改めて日本語でメールをくださったのです。
なぜ彼女が、トルコで私のブログを知るに至ったのかは、次回の記事で書かせていただこうと思っています。

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
私も時々おじゃまさせていただいています。

コメントを閉じる▲

 ← Dさんの「絨毯屋との物語」2 | TOP | それぞれの、「絨毯屋との物語」3

COMMENT

かこさん、こんにちは。
先日、仕事でイスタンブルへ行ってきました。
まあ、いろいろ見てきましたよ。
[ 2010.10.31(Sun) 01:27] URL | Yuri #- | EDIT |

Yuriさま
お久しぶりです。
ブログには、時折おじゃまさせていただいていました。
今回の記事、早速拝見しました。
Z---での店先で、客引きと対峙されたとか・・やはり「しつこさ」は変わらないのですね。
でも、なかなか写真を撮らせないところなど、用心さは増しているのでしょうか。
多少は、商売もキツクなっているのだとしたら、うれしいことですが、おっしゃるように、相変わらずの手口のようですから、旅行者ひとりひとりが気を付けていくしかないのでしょう。

シルケジ駅の話など、イスタンブルの連載が続きそうですね。
楽しみにしています。
http://ameblo.jp/wayang/

イスタンブル恋愛商法
http://ameblo.jp/wayang/entry-10447406262.html
[ 2010.10.31(Sun) 04:46] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

非公開のコメントから始まるということなのですが、これはトルコから、Dさんに送られたものなのですか?
Dさんが、後述のブルーモスクなど、トルコ観光して帰国したあと?なのかな?
[ 2010.12.04(Sat) 07:14] URL | cinemania #- | EDIT |

cinemaniaさま

非公開のコメ(英語)は、私のプログへ、Dさんから寄せられたものです。
彼女は、まさにトルコ旅行の最中でした。
あちらでは、日本語入力ができなかったそうです。
ご帰国されてから、改めて日本語でメールをくださったのです。
なぜ彼女が、トルコで私のブログを知るに至ったのかは、次回の記事で書かせていただこうと思っています。

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
私も時々おじゃまさせていただいています。
[ 2010.12.04(Sat) 22:25] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/71-ae4aa73c
 ← Dさんの「絨毯屋との物語」2 | TOP | それぞれの、「絨毯屋との物語」3

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター