AX
TOP > FC2から再びの警告メールと、コメントの修正に関して
 ← 本ブログの主旨 | TOP | 2枚目の絨毯

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク FC2から再びの警告メールと、コメントの修正に関して 

2010年05月03日 ()
トルコ旅行 * 旅行
FC2から再度の警告メールが届きました。
4月22日、23日と、続いて2通、内容は以下の通りです。

「固有名詞、および表現」を削除せよ
1.コメント欄に記載、公開されている人物名・店舗名
2.実名が容易に判断できるもの
(日本語への当て字)
3.店舗所在地が明らかに特定できる表現
(~ホテルの斜め向かいに位置し・・・など)

1、2に関しては、記されているすべての固有名詞を挙げ、それ等が記載されている本文URLと、コメントナンバーが列挙されておりました。
みなさまからいただいたコメントを修正するのは、遺憾ではございましたが、該当箇所を匿名にして、再度上げさせていただきました。
何卒ご了承下さい。
また、修正コメントが膨大な数に上ることから、私ひとりでは大変であろうと、読者のおひとりの方が支援を申し出て下さいまして、その方と共に作業を行いました。猶予期間が5日間しかなかったので、ほんとうに助かりました。ありがとうございました。

23日に送付された警告メールには、以下の記述もありました。
(苦情元の意見を、そFC2がそのまま張りコペしている模様)

#コメント143で実名のフルネームとスペルの書き込み、そして157でその人物が「世界版mixiのようなSNSサイトに登録している」という書き込み。コメント457ではマイスペースというSNSで「C○○○L○○」という人物を検索したが、もう見つからなかったという書き込み。こちらでそのような書き込みがあったから相手側も気付かれて削除されたのではないでしょうか?彼らのSNSを探そうと思えば簡単に見つけ出すことが出来てしまう内容です。
プライバシーの侵害に当るのでは?

これは「プライバシー」のはき違えでないかと思います。
「C○○○L○○」ご本人が、自ら世界に向けて発信している内容を、確認することが、なぜプライバシーの侵害に当るのでしょうか。また「こちらでそのような書き込みがあったから相手側も気付かれて削除されたのではないでしょうか?」は、完全に、推測であります。
推測で語られたことをもって、削除せよと言われましても、困惑いたします。

#コメント322、325,340,390で、「○○○人」という言葉が目につきます。特に390では「彼は~トルコ人(あ、ごめんなさい○○○人だった!)と、これが事実なのかは知りませんが、自分ではどうすることも出来ない事柄をこのように書き込まれるのは如何なものかと感じます。差別と取れる言葉です。

差別とは、「偏見や先入観を元にして、特定な人々に対して不利益・不平等な扱いをすること。またはその扱い」(新辞林)という定義であろうかと思います。
アメリカ人をアメリカ人、日本人を日本人と呼んで差別になるでしょうか。
同じ様に○○○人を○○○人と呼んでも差別にはならないと思います。
「○○○人だから詐欺をする」は差別ですが、「●●●が詐欺をした」「●●●は○○○人である」はぞれぞれに事実であり、差別ではありません。
本ブログにおいて、○○○人を差別する記載は、記事においてもコメントにおいても、ないと思っておりますが、もちろん異なった意見をお持ちの方もおられるでしょう。

問題は、意見の相違ではなく、たったおひとりの意見、またはその方の判断でもって、削除せよと言われ、実際に削除依頼がくることです。

これは、非常に一方的ではないでしょうか。

記事およびコメントに、異論があれば、どうぞブログ上で議論を戦わせていただきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2010.05.03(Mon) 12:42] ブログのあり方Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

絶体絶命??!! by -

 FC2への、再度の削除依頼・・・

どういう立場の方が、削除依頼をされているのか、おおよそ見当はつきますが、本当に、理不尽極まりないですね。
 いい加減に、不当な商売はお止めになったらいかがですか?
 ご自分達の行いが、’正しい’と自信がおありなら、堂々としていられるはずじゃないですか?

 そちらも、どんな卑劣なやり方であろうが、金さえ儲かればよい、とお考えなら、こちらがそれを防ごうとするのは、当たり前かつ正当な権利・・・

人権侵害にあたるのは、そちらの方だということは、子供でもわかるような事です。

 世界に誇るイスタンブールを持つ素晴らしい国トルコ。 それなのに、こうした詐欺商法をいつまでもやめない一部の下劣なあなた方のせいで、「やっぱり貧しく、教育もないトルコだから、詐欺があっても仕方がない」と世界中の人々から軽蔑されるのは、恥ずかしくないですか?
 
 削除依頼するよりも、まず、詐欺をやめて下さい。

再度の削除依頼 by kazu
これだけかこさんが指摘された点を削除し気をつけていてもまだ・・

FC2の対応もどうかと思いますが
ただネットの影響力を考えると指摘されたことは、注意が必要な事だと思います。
プライバシーの指摘については、私も特に問題とは思いませんが、差別発言と言う指摘については、私もコメントを読んでいて差別的な印象を受けた事はありました。

どちらにしても、FC2のブログを利用させて頂いている以上、FC2の指示には従わなくてはならないと思います。

私は日本人の悲惨な被害者を減らすためにも、これからもブログを続けて欲しいと思いますので、私個人としてはFC2の指示に従いたいと思います。

by saku
2009年夏にイスタンブールに行ったものです。私は現地出身の友人がいたため、彼らから口酸っぱく絶対に絨毯屋含め近寄ってくる人を相手にしてはいけないと忠告をもらっていました。なので、ウ***が私の泊まっていたホステルの人と一緒に話かけてきた時も適当にあしらおうとしましたが、予想以上に彼は強引でしたね。日本語で話しかけてきましたが、心を許してると思われたくなく、
英語で応対しました。自信のことをイケメンでしょって言ってきましたが、正直私の友人の方が、イケメンかつ高学歴だったため、そう言ってあなたは大してかっこよくないとはっきり言ってやりました。少し鼻をへし折ってしまったようで、その程度であっさり口説くのはやめてくれました笑。

街で会った日本人女性と話す機会があったのですが、彼女はウ***がちやほやしてくれてすっごく気分がいいし、かわいいかわいい言ってくれると既にはまってしまっているようでした。気をつけてと私は言ったのですが、なかなか耳を貸してくれず。。。

欧米人にくらべ語学に弱かったり、スキンシップになれていない日本人にとっては陥りやすい被害だと思います。私が渡航したころは、外務省のHPに今記載してあることはなかったように思いますので、徐々に悪事は明るみに出ているのではないでしょうか。長くなりましたが、かこさんは本当に勇気のある方だと思います。応援しています。

コメントを閉じる▲

 ← 本ブログの主旨 | TOP | 2枚目の絨毯

COMMENT


 FC2への、再度の削除依頼・・・

どういう立場の方が、削除依頼をされているのか、おおよそ見当はつきますが、本当に、理不尽極まりないですね。
 いい加減に、不当な商売はお止めになったらいかがですか?
 ご自分達の行いが、’正しい’と自信がおありなら、堂々としていられるはずじゃないですか?

 そちらも、どんな卑劣なやり方であろうが、金さえ儲かればよい、とお考えなら、こちらがそれを防ごうとするのは、当たり前かつ正当な権利・・・

人権侵害にあたるのは、そちらの方だということは、子供でもわかるような事です。

 世界に誇るイスタンブールを持つ素晴らしい国トルコ。 それなのに、こうした詐欺商法をいつまでもやめない一部の下劣なあなた方のせいで、「やっぱり貧しく、教育もないトルコだから、詐欺があっても仕方がない」と世界中の人々から軽蔑されるのは、恥ずかしくないですか?
 
 削除依頼するよりも、まず、詐欺をやめて下さい。
[ 2010.05.03(Mon) 09:00] URL | #- | EDIT |

これだけかこさんが指摘された点を削除し気をつけていてもまだ・・

FC2の対応もどうかと思いますが
ただネットの影響力を考えると指摘されたことは、注意が必要な事だと思います。
プライバシーの指摘については、私も特に問題とは思いませんが、差別発言と言う指摘については、私もコメントを読んでいて差別的な印象を受けた事はありました。

どちらにしても、FC2のブログを利用させて頂いている以上、FC2の指示には従わなくてはならないと思います。

私は日本人の悲惨な被害者を減らすためにも、これからもブログを続けて欲しいと思いますので、私個人としてはFC2の指示に従いたいと思います。
[ 2010.05.03(Mon) 15:52] URL | kazu #- | EDIT |

2009年夏にイスタンブールに行ったものです。私は現地出身の友人がいたため、彼らから口酸っぱく絶対に絨毯屋含め近寄ってくる人を相手にしてはいけないと忠告をもらっていました。なので、ウ***が私の泊まっていたホステルの人と一緒に話かけてきた時も適当にあしらおうとしましたが、予想以上に彼は強引でしたね。日本語で話しかけてきましたが、心を許してると思われたくなく、
英語で応対しました。自信のことをイケメンでしょって言ってきましたが、正直私の友人の方が、イケメンかつ高学歴だったため、そう言ってあなたは大してかっこよくないとはっきり言ってやりました。少し鼻をへし折ってしまったようで、その程度であっさり口説くのはやめてくれました笑。

街で会った日本人女性と話す機会があったのですが、彼女はウ***がちやほやしてくれてすっごく気分がいいし、かわいいかわいい言ってくれると既にはまってしまっているようでした。気をつけてと私は言ったのですが、なかなか耳を貸してくれず。。。

欧米人にくらべ語学に弱かったり、スキンシップになれていない日本人にとっては陥りやすい被害だと思います。私が渡航したころは、外務省のHPに今記載してあることはなかったように思いますので、徐々に悪事は明るみに出ているのではないでしょうか。長くなりましたが、かこさんは本当に勇気のある方だと思います。応援しています。
[ 2010.05.04(Tue) 12:56] URL | saku #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/44-41406915
 ← 本ブログの主旨 | TOP | 2枚目の絨毯

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。