AX
TOP > 現地での、Z---の評判
 ← 「あなただけ特別」という演出 | TOP | チャイを運ぶ高校生

リストマーク 現地での、Z---の評判 

2010年01月08日 ()
トルコ旅行 * 旅行
5日目午後
ピエールロティを下り、エジプシャンバザールへと寄りました。高校生バイトのファooも一緒です。入り口近くの香辛料の店で呼び止められ店に入りました。ハーブティやドライフルーツなどを物色する私に、カラスミをしきりにセールするお兄さん、「奥さんは日本人」というだけあって、日本語がぺらぺらでした。ふと思い立ってZ---の評判を聞いてみました。高校生Fは日本語が分かりませんから横にいても平気です。
「Z---はどんな評判?」
その瞬間彼の顔にはっとした表情が浮かびました。間髪を入れず「絨毯買ったの?」と私を見つめます。その真剣な表情に返事がためらわれ「いいえ、まだよ」と返しましたが、気になります。「どんな評判なの?」と再び聞くと、「お店の評判は言わない事にしてるんだよ」と、はぐらかされました。
結局、購入は控え、名刺をもらってZ---へと戻りましたが、この時始めて私の心に小さな疑問が浮かびました。

帰国後、「現地での、Z---の悪評判ぶり」は、領事館の「注意喚起」(2009年10月21日)も含め、各方面から聞こえてきましたが、こういう悪徳業者がごく一部である事を信じたい私としては、観光業界全体としての自浄作用はどうなっているのか、少々疑問に思ったりします。「2010年欧州文化都市」に選ばれたイスタンブールが、文化芸術国家としてのイメージを、観光客への詐欺行為などで自ら損なわせるのは、残念だと思います。

エジプシャンバザール
エジプシャンバザール

高校生バイト、ファooの話をもう少し聞いて下さい。
彼は、タクシーに乗る度に、料金を払おうとしました。まさか高校生に出させるわけにもいかないので、私が払ったりもしたのですが、その時の恐縮ぶりが今でも印象に残ります。案内のお礼に「本でも買ってね」と小額の日本円を渡した時も、とんでもないと遠慮したあげくようやく受け取りました。今思えば、普通の高校生ならもっと素直に、うれしそうな顔をすると思うのですが、彼はそうではなかった。どこまでも丁寧で案内人に徹し、すでにもう「大人」の雰囲気を身繕っていました。

Z---に戻って、Yには「名刺を貰ったって?」と聞かれました。ファooはそんな事まで報告するのかとびっくりしましたが、やはり「観光案内を装っての、カモの見張り」としての役割を、忠実に実行していたのでしょうね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2010.01.08(Fri) 23:05] 「200万絨毯」購入経緯Trackback(0) | Comments(11)
↑TOPへ


COMMENT

(旧213) by 通りすがり
先日は長い返信ありがとうございました。
最後に書かれていた件ですが、すみません、記憶にありません。

絨毯屋は、どんな小さなことでも逐一報告します。
驚いたのは、出会って2日目だというのに、ウ〇〇〇は私の過去の男性について知っていたこと。
また、新市街の絨毯屋との会話を、翌々日にはウ〇〇〇の耳に入っていたことにも驚きました。

それ以降、言葉には用心するようになりました。
(相手が誰であろうと)

[ 2010.01.09(Sat) 00:06] URL | 通りすがり #mQop/nM. | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)

トルコ 絨毯 (旧214) by かこ
こちらこそ、ありがとうございました。

「イスタンブールでは、常に絨毯屋に見張られている」といっても過言ではないような気がしてきました。
張り巡らされる「絨毯屋同士のネットワーク」には驚きですが、誰に声をかけられても、結局は絨毯屋に行き着くところも恐ろしいです。

[ 2010.01.09(Sat) 23:07] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

(旧215) by opps
明けましておめでとうございます。
F君、いつも赤いシャツを着ていたあの子でしょうか。
私のときもチャイや、デリバリーしたご飯を運んでくれたりしてました。
量が多くて私が食べ残したパンを、こっそり食べていた姿が印象的です。
(その姿を見つけた瞬間、ウ〇〇〇が怒っていたので本当に驚きました)
従業員でも上下関係しっかりしてるんだなと思っていましたが、立派に詐欺のノウハウを身に着けていたんですね。。。

ちなみに私は3人のトルコ人からZ〇〇〇の評判を聞きました。
一人は私がZ〇〇〇へ向かっている最中にブルーモスクの前で声を掛けてきた青年で、Z〇〇〇に行くと話したら「Be Careful」とだけ言い残して去っていきました。
まさにかこさんが出会ったフォーシーズンホテルのドアマンのような感じです。
何であんなに親切なのかと不思議に思っていたので、気をつけろってどういうことと追いかけて聞いたのですが、ウ〇〇〇に殺されるから僕はこれ以上何も言えないと言って、彼の名前をとても怯えていました。

もう一人は、地球の歩き方にも載っている、日本語の上手なホテルの女性です。
彼女はトルコの日本領事館に、何とか絨毯屋を警告する旨を日本人に通達して欲しいと嘆願書を書いたりして、活動をしているそうです。
ですがウ〇〇〇の部下が店に乗り込んできて妨害活動や恫喝をするので、最近は街を一人で歩けないといっていました。

そして最後の一人は他ならぬウ〇〇〇です。
日本の「ヤクザ」と僕は一緒だよ。
多くの部下がイスタンブールという小さなコミュニティを監視しているんだと話していました。

きっとエジプシャンバザールの彼も、もしヘタに何かZ〇〇〇のうわさをかこさんに話すと、酷い目にあっていたんでしょうね。
怖い!!!

何だか本当に一部の絨毯屋がトルコの観光の魅力を食い荒らしてるのかと思うと、とても残念です。

[ 2010.01.09(Sat) 23:54] URL | opps #XZ039GEA | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)

興味深く読みました☆(旧216) by kiyokiyo123
世界一周してみたくて、いろいろなブログを覗いてたらたどり着きました~ トルコは前回の皆既日食の時に訪れたことがあり、僕も絨毯屋さんでりんごティーなどを出されて危うく購入するところでした。そこが悪徳かどうか分からなかったですが、日本人の気の弱さや親切にしてくれたことに対する真摯な気持ちにうまくつけ込んでくるような商法には辟易しました。でも、基本的にトルコ人はいい人が多いような気がしました。あるボッタクリバーでは、ボッタしたのに絶対にこのような店には来るんじゃないと丁寧なアドバイスまでされましたからw http://kyysskmt.jugem.jp

[ 2010.01.10(Sun) 02:34] URL | kiyokiyo123 #RXaJzFtA | EDIT | ↑

Z〇〇〇の評判(トルコ 絨毯) (旧218) by かこ
opps様

明けましておめでとうございます。
F君、純情そうな「いい子」だっただけに、残念に思います。
私には、お父さんが中学か高校の教師(理科か数学)と言ったんですよね。高校の同級生の彼女が出来た事をうれしそうに話していたし、大学進学を目指しているという言葉を信じたい気持ちも、今でもどこかにあります。詐欺師の道には進んでほしくないと願うしかありません。

「Be Careful」と言った彼や、「インシャ・アッラー」のフォーシーズンズのドアボーイなど、遠回しに忠告してくれる人もいないではないけど「ウ〇〇〇に殺されるから僕はこれ以上何も言えない」という有様では、観光業界の自浄作用など期待できないですね。
「イスタンブールという小さなコミュニティを監視しているんだ」と堂々と言うウ〇〇〇、こんなになめられて、イスンタンブールの治安当局は沽券にかかわりませんか?

こういう中でも、動くのは正義感と実行力のある個人・・・。
「日本語の上手なホテルの女性」素晴らしいです。
それにしても、恫喝して、街を一人で歩けない様にさせるって、日本では考えられないですね。信じられません。
地球の歩き方のどこに掲載されているのか、また教えて下さいね。

[ 2010.01.11(Mon) 17:40] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)

絨毯恋愛詐欺 (旧219) by かこ
kiyokiyo123様

はじめまして。
コメントをいただき、有り難うございます。
ブログを拝見させていただきました。タイにお住まいなのですね。「世界一周雑貨バイヤー」って面白そうですね。
また拙ブログをご紹介もいただき、有り難く思います。

「面白かった」というご感想、大変うれしく伺いました。
なぜなら、Z〇〇〇と全く関わりのない方々にとって「読みモノ」としてどうかという思いが、ありましたから・・・。
kiyokiyoさんも絨毯屋でりんごティーをふるまれながら、購入を勧められたのですね。
一部の悪徳絨毯屋が、善良な多くのトルコ人達のイメージを損ねているとしたら、残念です。
今後もご訪問下さいね。お待ちしています。

[ 2010.01.11(Mon) 18:17] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)

217の通りすがり様へ (旧220) by かこ
はじめまして。
コメントをいただき、有り難うございます。
私と同じ時期(2009年9月)にトルコに行かれたのですね!
今回のトルコ行きは、「仕事に疲れての癒し」でした。ブルーモスクをTVでご覧になって思い立たれた「通りすがり」さん、私もイスタンブールの世界遺産に囲まれてみたくなっての訪土でした。
今までに行ったところは様々ですが、トルコは、多彩で芳醇な魅力あふれる国だと思いました。また訪れたいです。

[ 2010.01.11(Mon) 18:29] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

221の方へ (旧222) by かこ
ありがとうございます。
早速、明日書店に行きます。

[ 2010.01.11(Mon) 23:06] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

かこさま (旧223) by 山田(仮名)
かこさま、

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年もたくさんの人がこのサイトに訪れてイスタンブール絨毯事情について色々学ぶ機会が与えられることを願います。

ウ〇〇〇に関しても、Yに関してもこういうサイトで暴露出来る場所がある事は私たちにとって本当に重要ですし、今後訪れる人が情報を得る場所があるのも貴重だと思います。

今年もよろしくお願いします。

トルコヤクザにこれ以上お金が回っていきませんように~~。

[ 2010.01.14(Thu) 04:14] URL | 山田(仮名) #- | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)

今年は被害者が出ませんように・・・ (旧225) by かこ
山田様

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

みなさまからの情報が集結し、彼等の「やり口」が明らかになってきました。被害者が少しでも減るよう、このサイトがお役に立てれば、うれしいです。
[ 2010.01.14(Thu) 23:22] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

227の方へ (旧229) by かこ
お辛い気持ち、よく分かります。
よろしければ、非公開でメルアド送って頂けませんか?
返信させて下さい。よろしくお願い致します。

[ 2010.01.16(Sat) 20:55] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

コメントを閉じる▲

 ← 「あなただけ特別」という演出 | TOP | チャイを運ぶ高校生

COMMENT

先日は長い返信ありがとうございました。
最後に書かれていた件ですが、すみません、記憶にありません。

絨毯屋は、どんな小さなことでも逐一報告します。
驚いたのは、出会って2日目だというのに、ウ〇〇〇は私の過去の男性について知っていたこと。
また、新市街の絨毯屋との会話を、翌々日にはウ〇〇〇の耳に入っていたことにも驚きました。

それ以降、言葉には用心するようになりました。
(相手が誰であろうと)

[ 2010.01.09(Sat) 00:06] URL | 通りすがり #mQop/nM. | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)
[ 2010.05.10(Mon) 14:59] URL | 通りすがり #41Gd1xPo | EDIT |

こちらこそ、ありがとうございました。

「イスタンブールでは、常に絨毯屋に見張られている」といっても過言ではないような気がしてきました。
張り巡らされる「絨毯屋同士のネットワーク」には驚きですが、誰に声をかけられても、結局は絨毯屋に行き着くところも恐ろしいです。

[ 2010.01.09(Sat) 23:07] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 15:59] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

明けましておめでとうございます。
F君、いつも赤いシャツを着ていたあの子でしょうか。
私のときもチャイや、デリバリーしたご飯を運んでくれたりしてました。
量が多くて私が食べ残したパンを、こっそり食べていた姿が印象的です。
(その姿を見つけた瞬間、ウ〇〇〇が怒っていたので本当に驚きました)
従業員でも上下関係しっかりしてるんだなと思っていましたが、立派に詐欺のノウハウを身に着けていたんですね。。。

ちなみに私は3人のトルコ人からZ〇〇〇の評判を聞きました。
一人は私がZ〇〇〇へ向かっている最中にブルーモスクの前で声を掛けてきた青年で、Z〇〇〇に行くと話したら「Be Careful」とだけ言い残して去っていきました。
まさにかこさんが出会ったフォーシーズンホテルのドアマンのような感じです。
何であんなに親切なのかと不思議に思っていたので、気をつけろってどういうことと追いかけて聞いたのですが、ウ〇〇〇に殺されるから僕はこれ以上何も言えないと言って、彼の名前をとても怯えていました。

もう一人は、地球の歩き方にも載っている、日本語の上手なホテルの女性です。
彼女はトルコの日本領事館に、何とか絨毯屋を警告する旨を日本人に通達して欲しいと嘆願書を書いたりして、活動をしているそうです。
ですがウ〇〇〇の部下が店に乗り込んできて妨害活動や恫喝をするので、最近は街を一人で歩けないといっていました。

そして最後の一人は他ならぬウ〇〇〇です。
日本の「ヤクザ」と僕は一緒だよ。
多くの部下がイスタンブールという小さなコミュニティを監視しているんだと話していました。

きっとエジプシャンバザールの彼も、もしヘタに何かZ〇〇〇のうわさをかこさんに話すと、酷い目にあっていたんでしょうね。
怖い!!!

何だか本当に一部の絨毯屋がトルコの観光の魅力を食い荒らしてるのかと思うと、とても残念です。

[ 2010.01.09(Sat) 23:54] URL | opps #XZ039GEA | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)
[ 2010.05.10(Mon) 16:02] URL | opps #41Gd1xPo | EDIT |

世界一周してみたくて、いろいろなブログを覗いてたらたどり着きました~ トルコは前回の皆既日食の時に訪れたことがあり、僕も絨毯屋さんでりんごティーなどを出されて危うく購入するところでした。そこが悪徳かどうか分からなかったですが、日本人の気の弱さや親切にしてくれたことに対する真摯な気持ちにうまくつけ込んでくるような商法には辟易しました。でも、基本的にトルコ人はいい人が多いような気がしました。あるボッタクリバーでは、ボッタしたのに絶対にこのような店には来るんじゃないと丁寧なアドバイスまでされましたからw http://kyysskmt.jugem.jp

[ 2010.01.10(Sun) 02:34] URL | kiyokiyo123 #RXaJzFtA | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 16:04] URL | kiyokiyo123 #41Gd1xPo | EDIT |

opps様

明けましておめでとうございます。
F君、純情そうな「いい子」だっただけに、残念に思います。
私には、お父さんが中学か高校の教師(理科か数学)と言ったんですよね。高校の同級生の彼女が出来た事をうれしそうに話していたし、大学進学を目指しているという言葉を信じたい気持ちも、今でもどこかにあります。詐欺師の道には進んでほしくないと願うしかありません。

「Be Careful」と言った彼や、「インシャ・アッラー」のフォーシーズンズのドアボーイなど、遠回しに忠告してくれる人もいないではないけど「ウ〇〇〇に殺されるから僕はこれ以上何も言えない」という有様では、観光業界の自浄作用など期待できないですね。
「イスタンブールという小さなコミュニティを監視しているんだ」と堂々と言うウ〇〇〇、こんなになめられて、イスンタンブールの治安当局は沽券にかかわりませんか?

こういう中でも、動くのは正義感と実行力のある個人・・・。
「日本語の上手なホテルの女性」素晴らしいです。
それにしても、恫喝して、街を一人で歩けない様にさせるって、日本では考えられないですね。信じられません。
地球の歩き方のどこに掲載されているのか、また教えて下さいね。

[ 2010.01.11(Mon) 17:40] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)
[ 2010.05.10(Mon) 16:05] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

kiyokiyo123様

はじめまして。
コメントをいただき、有り難うございます。
ブログを拝見させていただきました。タイにお住まいなのですね。「世界一周雑貨バイヤー」って面白そうですね。
また拙ブログをご紹介もいただき、有り難く思います。

「面白かった」というご感想、大変うれしく伺いました。
なぜなら、Z〇〇〇と全く関わりのない方々にとって「読みモノ」としてどうかという思いが、ありましたから・・・。
kiyokiyoさんも絨毯屋でりんごティーをふるまれながら、購入を勧められたのですね。
一部の悪徳絨毯屋が、善良な多くのトルコ人達のイメージを損ねているとしたら、残念です。
今後もご訪問下さいね。お待ちしています。

[ 2010.01.11(Mon) 18:17] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)
[ 2010.05.10(Mon) 16:07] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

はじめまして。
コメントをいただき、有り難うございます。
私と同じ時期(2009年9月)にトルコに行かれたのですね!
今回のトルコ行きは、「仕事に疲れての癒し」でした。ブルーモスクをTVでご覧になって思い立たれた「通りすがり」さん、私もイスタンブールの世界遺産に囲まれてみたくなっての訪土でした。
今までに行ったところは様々ですが、トルコは、多彩で芳醇な魅力あふれる国だと思いました。また訪れたいです。

[ 2010.01.11(Mon) 18:29] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 16:08] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

ありがとうございます。
早速、明日書店に行きます。

[ 2010.01.11(Mon) 23:06] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 16:09] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

かこさま、

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年もたくさんの人がこのサイトに訪れてイスタンブール絨毯事情について色々学ぶ機会が与えられることを願います。

ウ〇〇〇に関しても、Yに関してもこういうサイトで暴露出来る場所がある事は私たちにとって本当に重要ですし、今後訪れる人が情報を得る場所があるのも貴重だと思います。

今年もよろしくお願いします。

トルコヤクザにこれ以上お金が回っていきませんように~~。

[ 2010.01.14(Thu) 04:14] URL | 山田(仮名) #- | EDIT | ↑

(2010.4.25 修正させていただきました。 管理人 かこ)
[ 2010.05.10(Mon) 16:10] URL | 山田(仮名) #41Gd1xPo | EDIT |

山田様

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

みなさまからの情報が集結し、彼等の「やり口」が明らかになってきました。被害者が少しでも減るよう、このサイトがお役に立てれば、うれしいです。
[ 2010.01.14(Thu) 23:22] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 16:11] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

お辛い気持ち、よく分かります。
よろしければ、非公開でメルアド送って頂けませんか?
返信させて下さい。よろしくお願い致します。

[ 2010.01.16(Sat) 20:55] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT | ↑
[ 2010.05.10(Mon) 16:13] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/29-1d7a5a5a
 ← 「あなただけ特別」という演出 | TOP | チャイを運ぶ高校生

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター