AX
TOP > 暗躍する「絨毯屋協力者たち」1-1
 ← 暗躍する「絨毯屋協力者たち」1-2 | TOP | 絨毯屋の、奇妙な日本語学習術

リストマーク 暗躍する「絨毯屋協力者たち」1-1 

2015年06月28日 ()
トルコ旅行 * 旅行
日本国内には、「絨毯屋協力者たち」なるものが存在しているようです。
手っ取り早く言えば、絨毯代金回収屋

[例1]
数年前のX月、東京六本木ヒルズD棟で、ひとりのトルコ人が日本人を待っていました。
代理人に絨毯代ウン十万を持ってこさせる手はずになっていました。

話は前日に戻ります。
男性Cさんは、スルタンアフメットで声をかけてきた客引きMに「ブルーモスクはもうすぐ昼休みだから閉まってしまう。コーヒーでも飲もう」と誘われます。→常套手段その1
お茶の後は、オフィスに寄っていけと言われ、ある絨毯屋に連れて行かれてしまいます。
(オフィスと体裁よく誤魔化す→常套手段その2

モザイク博物館
モザイク博物館(管理人撮影)

登場した経営者@は、『いつもの話術といつもの手法』でCさんを信用させ、「誰にも売らないで大切に持ってきた絨毯を、友情の証に譲ろう」と言います。→常套手段その3
「原価のO,OOOユーロでいいよ」

この経営者@が席をはずすと、待ってましたとばかり客引きMは経営者を褒めたたえます。
「彼はトルコでも有名な絨毯鑑定士。1件の鑑定料だけで何十万も稼ぐ」
→常套手段その4

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2015.06.28(Sun) 15:00] 日本国内の絨毯代金回収屋Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 暗躍する「絨毯屋協力者たち」1-2 | TOP | 絨毯屋の、奇妙な日本語学習術

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/288-911eb3ed
 ← 暗躍する「絨毯屋協力者たち」1-2 | TOP | 絨毯屋の、奇妙な日本語学習術

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター