AX
TOP > ぼったくりバーで33万の被害! 1
 ← ぼったくりバーで33万の被害! 2 | TOP | 「黒海トラベル」(←仮名)の奇々怪々 最終回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ぼったくりバーで33万の被害! 1 

2015年04月08日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ぼったくりバーで、33万もの被害を受けた男性の手記を掲載いたします。

2014年末、イスタンブールでの観光旅行の際、ぼったくりバーで被害を受けました。
(7000TL、330,000円)
帰国後に被害額の回収を試み、そういった被害の情報収集の際にかこ様のブログを拝見し、連絡を取ったところアドバイスを頂きました。
結果的には被害額の回収は出来なかったものの、被害の未然防止に少しでもお役に立てればと思い、経緯や教訓を記しておきたいと思います。

[A] 経緯(誘われてからレストランまで)
1. 17時半頃、新市街の中心地タクシムの地下鉄駅で、方角を確認していたところを英語で話しかけられる。旧市街の中心地スルタンアフメット近くのホテルに帰ろうとしていたことを告げると、地下鉄ではなくケーブルカーへと案内してくれる。

モザイク博物館
モザイク博物館(読者の方からご提供)

2. 話しかけてきたのは、身なりの良い40歳前後の男性で、数年前に東京の首都大学に交換留学をしていて、来年の夏は再び東京に行く予定もある、という。
職業は政府機関に勤める弁護士で、資金の乏しい人のために弁護を引き受けているそうだ。家は新市街だが、家族の店がスルタンアフメットにあるので、今日はそちらに顔を出すため、一緒の方面になった。

「日本人はシャイだけど、逆にトルコ人はオープンな性格で話しかけることを厭わないからね」と彼は言う。
私が明日日本に帰国すると伝えると、「なら、最後の夜は楽しまないとね。もし予定がなければ夕食を一緒にどう?魚料理は好き?」と問い、スマホでその店の英語ウェブサイトを見せてくれる。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2015.04.08(Wed) 08:00] ぼったくり高額バーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ぼったくりバーで33万の被害! 2 | TOP | 「黒海トラベル」(←仮名)の奇々怪々 最終回

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/279-7bcfa9c4
 ← ぼったくりバーで33万の被害! 2 | TOP | 「黒海トラベル」(←仮名)の奇々怪々 最終回

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。