AX
TOP > トコトンたかる「恋愛商法」 18
 ← ラマザxとフセイx・クラッチに要警戒!! | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 17

リストマーク トコトンたかる「恋愛商法」 18 

2014年06月11日 ()
トルコ旅行 * 旅行
警察官(管轄外)は、オルxxの『賄賂が取り持つ知り合い』のようで、連絡を受けて駆けつけてきたようでした。
Sさんは「噓をつくために、絨毯を取りに日本へ帰国し、トルコまで再訪しない」と毅然と言いました。それでもなお、怒鳴りながら暴言を吐く警察官に、通訳Kさんの夫も「それなら、裁判所へ直行するぞ!」と一喝します。
やっと静かになったものの、買収されたであろう『くだんの警察官』は、手書きで調書を取っている警察官に「そんなものは書かなくてもいい」と止めさせようとするなど、最後まで邪魔をし続けたのでした。

street-12.jpg
(読者の方からご提供)

一方、通訳Kさんの夫は、調書が作成される傍らオルxxと交渉します。
早く警察を出たくて、何度も父親にお金を払ってほしいと訴えていたムスxxに「Sさんは君を本当に好きだったんだよ」と言うと、酷いことをしてしまったと反省の様子を見せたのでした。

昼を過ぎて、通訳を通して示談の申し入れが、オルxxから出されました。
Sさんは、絨毯の購入金額と同額であれば、それでも良いと伝えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2014.06.11(Wed) 00:00] トコトンたかる恋愛商法2013年→イズxxxTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

はじめまして by れい
はじめまして、数日前にこちらのブログを知りました。
20年ほど前から、何度もトルコへ足を運んでいます。
イスタンブルでは日本語はもちろん、英語で話しかけてくる人も基本的には無視をします。スルタンアフメットでは、何語だろうと話しかけてくる人は無視します。善意で話しかけてくる人には嫌な思いをさせてしまってるかもしれません。ですが、それぐらいの気持ちでいないと、あの街の鬱陶しさにつかまってしまいます。
人との触れ合いは観光地もない地方都市で。
ギョレメなんかも、嫌な顔つきの人が増えましたが…
これからトルコへ行く方はそれぐらいの気持ちで行って欲しいです。
トルコは本当に素晴らしい国です。
これ以上、イスタンブルのせいで、トルコの評判が落ちませんように。


ようこそ! by かこ
はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
また、このブログを見つけてくださってうれしく思います。
悪徳絨毯屋の周知と、彼等との戦い方、カード会社との折衝などの情報を載せております。
多くの被害者の方からご連絡を受けておりますが、泣き寝入りしないで告発される方も増えてきており、以前とは違った状況になりつつあるようです。

20年もの間、トルコに旅されているのですね。
イスタンブール歴史地区の世界遺産は素晴らしいですし、地方でも見所はたくさんあるのでしょうね。

れい様のように、何度も行かれてる方は、みなさん「日本語で話しかけてくる人は無視する」とおっしゃいますね。
それが正解なのだと思います。
旅に人とのふれあいを求める日本人は、ついつい、誠実に返答してしまいますよね。
このスルタンアフメットにおいては、気を引き締めて行動するしかないのでしょう。
今後もどうぞご訪問下さいませ。
よろしくお願いいたします!

コメントを閉じる▲

 ← ラマザxとフセイx・クラッチに要警戒!! | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 17

COMMENT

はじめまして、数日前にこちらのブログを知りました。
20年ほど前から、何度もトルコへ足を運んでいます。
イスタンブルでは日本語はもちろん、英語で話しかけてくる人も基本的には無視をします。スルタンアフメットでは、何語だろうと話しかけてくる人は無視します。善意で話しかけてくる人には嫌な思いをさせてしまってるかもしれません。ですが、それぐらいの気持ちでいないと、あの街の鬱陶しさにつかまってしまいます。
人との触れ合いは観光地もない地方都市で。
ギョレメなんかも、嫌な顔つきの人が増えましたが…
これからトルコへ行く方はそれぐらいの気持ちで行って欲しいです。
トルコは本当に素晴らしい国です。
これ以上、イスタンブルのせいで、トルコの評判が落ちませんように。

[ 2014.06.13(Fri) 17:28] URL | れい #TT0fzUCU | EDIT |

はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
また、このブログを見つけてくださってうれしく思います。
悪徳絨毯屋の周知と、彼等との戦い方、カード会社との折衝などの情報を載せております。
多くの被害者の方からご連絡を受けておりますが、泣き寝入りしないで告発される方も増えてきており、以前とは違った状況になりつつあるようです。

20年もの間、トルコに旅されているのですね。
イスタンブール歴史地区の世界遺産は素晴らしいですし、地方でも見所はたくさんあるのでしょうね。

れい様のように、何度も行かれてる方は、みなさん「日本語で話しかけてくる人は無視する」とおっしゃいますね。
それが正解なのだと思います。
旅に人とのふれあいを求める日本人は、ついつい、誠実に返答してしまいますよね。
このスルタンアフメットにおいては、気を引き締めて行動するしかないのでしょう。
今後もどうぞご訪問下さいませ。
よろしくお願いいたします!
[ 2014.06.13(Fri) 23:25] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/228-f6ad6cea
 ← ラマザxとフセイx・クラッチに要警戒!! | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 17

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター