AX
TOP > Elexxxceも店名変える!
 ← 三大悪徳絨毯屋の客引き一覧 | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 7

リストマーク Elexxxceも店名変える! 

2014年01月13日 ()
トルコ旅行 * 旅行
三大悪徳絨毯屋のひとつ、エレxxスも店名を変えたようです。
新しい名前は、SEDxx Art Gallery

残る2店舗の状況はというと、「Txxx Art 」に変化はないですが、「Izxxk」は工事中で店舗は閉まっている模様です。
「Izxxk」が2012年暮れに店名を変えたのは、日本人被害者により、相次いで警察にて被害届が受理された事によるものですが、今回は閉店の可能性も出てきているのではないでしょうか。
また「Elexxxce」も同様に被害届が受理されているようで、こちらも悪名が知れ渡ってきた為、「SEDxx ART」に変えたのだと思われます。
この2店舗が今後どういう動きをするのか、注目されます。

(エレxxスの経営者は、Musutaxx Buruxx 。出入りしている多くの客引きの中には、フセxx・クラッx、シナx・メティx、ラマザxなどがいます)
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2014.01.13(Mon) 20:00] 他の絨毯屋Trackback(0) | Comments(10)
↑TOPへ


COMMENT

店名を変えて同じ手口を繰り返すのかな? by ハンドルネーム未定
かこさん こんにちは
(ランキングのクリックボタン つけ忘れですか?)

ずっと前 新聞に投資詐欺のニュースで「逮捕された容疑者は、以前は別の社名で同様の詐欺を行っており・・」というのがあって
社名変えるのはトルコの絨毯詐欺と同じなんだなぁ と思ってました。
その投資詐欺は、今 探してみたらこれでした

J・E・Tパートナーズ金投資詐欺で逮捕 - 粉飾決算 脱税と倒産
http://funshoku.blogspot.jp/2013/05/j-e-t-partners-kin-tousi-sagi-taiho.html

ニュースの出元の記事はもう古いのでなくなってましたけど。

店名かわると 忘れてしまうから
追跡情報があると安心でーす Thank you very much!!

お久しぶりです! by かこ
ハンドルネーム未定さま、こんばんは!

投資詐欺も絨毯詐欺も、ほんとうに同じ穴の狢ですね。

店名を変えざるを得なくなってるのは、泣き寝入りしない人が増えているという事だと思っています。
警察でも、またこの店か・・という反応ですぐ受理に至るようです。
イズニxxが、閉店するのかどうするのか、注目しています。

ランキングのクリックボタン、つけ忘れていました。
ご指摘、ありがとうございます!

by あ
こんにちは。
実はSedIr artで10万円ほど買わされてしまいました…やられました。バカでした。

by かこ
あ様

とんだ事でしたね。
経緯や関わった客引きの名前など教えていただくと有り難いです。
この場でも構いませんし、非公開でメルアドを教えていただければ返信いたします。

管理人のみ閲覧できます by -

2015のパレさま by かこ
はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
あのフセxxがいるSEDxx ARTで被害に遭われてしまったのですね。
やはり絨毯でしょうか。
できましたら詳しくお伺いしたいので、非公開でアドレスを教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

まさか by suzuki
今月イスタンブールのsedir art galleryという店でシルクのトルコ絨毯を2枚計40万円現金(1枚20万)で買ってしまいました。当初提示された額は2枚で5700ドル。対応したのはラマザンと名乗る男と、その甥っ子で日本人女性と名古屋に10年以上住んでいたという更に日本語が達者な少し若い男。

強制的な口調ではなかったのですが、雰囲気的に買わざるを得ないような状況に持って行かれたのは確かですね、何かと「アルカダッシュ(ともだち)」を連発、友だちだからあまり値段のことは言いたくない、お前の出せる金額でいいと言われ、長150横100センチほどのシルク絨毯なので妥当な金額かと思い、当時40万持っていたのでそれで購入しました。

後日再びその店に行きいろいろ絨毯を見せてもらいました。一枚15000ドル相当する非常に高価なものを沢山見せてもらいました。彼は「これらはお前が買えるような品物じゃない、買わなくていいからまあ勉強だと思ってたくさん見ていきなさい」と言われ次々と絨毯が広げられていきました。

そして数ある中から「お前はどれが一番好きだ?」と言われ私が1枚に絞ると、再び「友だち」攻撃が始まり「友だちとして話をしたい、だからあまり値段のことは言いたくない。お前はこれがいくらぐらいだったら欲いか」と聞かれたので「まあ30万ぐらいだったらいいかな」というと、しばらくして「いろいろ計算してみたが36万ならお前に譲ってやる」と言われました。

その時に直感として前日に2枚40万で買った絨毯もあの半分以下で余裕で買えたなと後悔しました。後悔しても後の祭りです。「ラマザンはお前が買った絨毯は日本でなら絶対に100万はする、鑑定士に見せてもし100万しなかったら返品してやる、カネも返すと言われました」でも今冷静に考えれば、一度日本に戻ってしまったら実際にそんなこと受け付けてくれるはずありませんよね。

鑑定してもらわないといかほどの価値かは知る由もありませんが、やはり40万は高かったのではと訝っています。

友だちを強調したり、いきなり値段を言わないで極力客の都合に合わせることで連中を信頼させるなど、彼らは日本人の弱点を非常に熟知しており心を揺さぶるのが上手いと見ました。

とんだことでした by かこ
suzukiさま

はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。
SEDxx Art Galleryで絨毯を買われてしまったのですね。
ここの店の被害は最近にいたっても続出しており、裁判も進行中だと思います。
「プレゼントするから税金だけ払って」だの、「友達だから特別価格にする」などと言って長時間に亘って説得し、断り切れない状況に追い込むのが、連中の常套手段です。
関わったラマザxや、その甥(実は甥ではなく)は、フセイx・クラッチといって、これも悪名高い詐欺師としてこれまた多くの日本人を騙し続けてきた客引きです。

「どれが一番すき?  値段はどれだけだと思う?」というのも多くの方が言われています。
「さすが目が高い」と言われた方がいるかと思えば、「そんな安いものではない。バカにするな」と叱られた方もいます。
いずれにしろ、何のかんのと言って最終的には絨毯を買わせています。
ご指摘のように、日本人の弱点を熟知して情に訴えるのが巧みですよね。

40万は高かったかもしれませんね。
今までの被害者の方達の中でも、鑑定された方のお話を聞きますと、10分の1どころか、20分の1以下という結果もありました。

多くの方から騙された状況を伺うにつけ、トルコの絨毯屋というのは、世界でも類を見ない「商売」なのかもしれないと・・・思います。

コメントを閉じる▲

 ← 三大悪徳絨毯屋の客引き一覧 | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 7

COMMENT

かこさん こんにちは
(ランキングのクリックボタン つけ忘れですか?)

ずっと前 新聞に投資詐欺のニュースで「逮捕された容疑者は、以前は別の社名で同様の詐欺を行っており・・」というのがあって
社名変えるのはトルコの絨毯詐欺と同じなんだなぁ と思ってました。
その投資詐欺は、今 探してみたらこれでした

J・E・Tパートナーズ金投資詐欺で逮捕 - 粉飾決算 脱税と倒産
http://funshoku.blogspot.jp/2013/05/j-e-t-partners-kin-tousi-sagi-taiho.html

ニュースの出元の記事はもう古いのでなくなってましたけど。

店名かわると 忘れてしまうから
追跡情報があると安心でーす Thank you very much!!
[ 2014.01.17(Fri) 23:25] URL | ハンドルネーム未定 #UvH/5XJM | EDIT |

ハンドルネーム未定さま、こんばんは!

投資詐欺も絨毯詐欺も、ほんとうに同じ穴の狢ですね。

店名を変えざるを得なくなってるのは、泣き寝入りしない人が増えているという事だと思っています。
警察でも、またこの店か・・という反応ですぐ受理に至るようです。
イズニxxが、閉店するのかどうするのか、注目しています。

ランキングのクリックボタン、つけ忘れていました。
ご指摘、ありがとうございます!
[ 2014.01.18(Sat) 20:29] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

こんにちは。
実はSedIr artで10万円ほど買わされてしまいました…やられました。バカでした。
[ 2014.03.08(Sat) 20:02] URL | #- | EDIT |

あ様

とんだ事でしたね。
経緯や関わった客引きの名前など教えていただくと有り難いです。
この場でも構いませんし、非公開でメルアドを教えていただければ返信いたします。
[ 2014.03.09(Sun) 21:25] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014.03.16(Sun) 06:57] URL | # | EDIT |

はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございます。
あのフセxxがいるSEDxx ARTで被害に遭われてしまったのですね。
やはり絨毯でしょうか。
できましたら詳しくお伺いしたいので、非公開でアドレスを教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします。
[ 2014.03.16(Sun) 17:20] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014.03.16(Sun) 17:33] URL | # | EDIT |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014.03.29(Sat) 09:02] URL | # | EDIT |

今月イスタンブールのsedir art galleryという店でシルクのトルコ絨毯を2枚計40万円現金(1枚20万)で買ってしまいました。当初提示された額は2枚で5700ドル。対応したのはラマザンと名乗る男と、その甥っ子で日本人女性と名古屋に10年以上住んでいたという更に日本語が達者な少し若い男。

強制的な口調ではなかったのですが、雰囲気的に買わざるを得ないような状況に持って行かれたのは確かですね、何かと「アルカダッシュ(ともだち)」を連発、友だちだからあまり値段のことは言いたくない、お前の出せる金額でいいと言われ、長150横100センチほどのシルク絨毯なので妥当な金額かと思い、当時40万持っていたのでそれで購入しました。

後日再びその店に行きいろいろ絨毯を見せてもらいました。一枚15000ドル相当する非常に高価なものを沢山見せてもらいました。彼は「これらはお前が買えるような品物じゃない、買わなくていいからまあ勉強だと思ってたくさん見ていきなさい」と言われ次々と絨毯が広げられていきました。

そして数ある中から「お前はどれが一番好きだ?」と言われ私が1枚に絞ると、再び「友だち」攻撃が始まり「友だちとして話をしたい、だからあまり値段のことは言いたくない。お前はこれがいくらぐらいだったら欲いか」と聞かれたので「まあ30万ぐらいだったらいいかな」というと、しばらくして「いろいろ計算してみたが36万ならお前に譲ってやる」と言われました。

その時に直感として前日に2枚40万で買った絨毯もあの半分以下で余裕で買えたなと後悔しました。後悔しても後の祭りです。「ラマザンはお前が買った絨毯は日本でなら絶対に100万はする、鑑定士に見せてもし100万しなかったら返品してやる、カネも返すと言われました」でも今冷静に考えれば、一度日本に戻ってしまったら実際にそんなこと受け付けてくれるはずありませんよね。

鑑定してもらわないといかほどの価値かは知る由もありませんが、やはり40万は高かったのではと訝っています。

友だちを強調したり、いきなり値段を言わないで極力客の都合に合わせることで連中を信頼させるなど、彼らは日本人の弱点を非常に熟知しており心を揺さぶるのが上手いと見ました。
[ 2014.06.12(Thu) 13:38] URL | suzuki #- | EDIT |

suzukiさま

はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。
SEDxx Art Galleryで絨毯を買われてしまったのですね。
ここの店の被害は最近にいたっても続出しており、裁判も進行中だと思います。
「プレゼントするから税金だけ払って」だの、「友達だから特別価格にする」などと言って長時間に亘って説得し、断り切れない状況に追い込むのが、連中の常套手段です。
関わったラマザxや、その甥(実は甥ではなく)は、フセイx・クラッチといって、これも悪名高い詐欺師としてこれまた多くの日本人を騙し続けてきた客引きです。

「どれが一番すき?  値段はどれだけだと思う?」というのも多くの方が言われています。
「さすが目が高い」と言われた方がいるかと思えば、「そんな安いものではない。バカにするな」と叱られた方もいます。
いずれにしろ、何のかんのと言って最終的には絨毯を買わせています。
ご指摘のように、日本人の弱点を熟知して情に訴えるのが巧みですよね。

40万は高かったかもしれませんね。
今までの被害者の方達の中でも、鑑定された方のお話を聞きますと、10分の1どころか、20分の1以下という結果もありました。

多くの方から騙された状況を伺うにつけ、トルコの絨毯屋というのは、世界でも類を見ない「商売」なのかもしれないと・・・思います。
[ 2014.06.13(Fri) 23:01] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/206-eaffb0b9
 ← 三大悪徳絨毯屋の客引き一覧 | TOP | トコトンたかる「恋愛商法」 7

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター