AX
TOP > 人生(生命)の木
 ← 続「人生の木」 | TOP | 絨毯をシェアしたい

リストマーク 人生(生命)の木 

2009年11月17日 ()
トルコ旅行 * 旅行
イスタンブール3日目
12時にYとZ---で待ち合わせ、一緒にカーリエ博物館へと向かう。店を出てしばらく経ってYの携帯が鳴り、「お客さんが来たから戻るね」
最初に会った時、彼は休暇でトルコに戻っていると云い、「かことずっと一緒に休暇を楽しめるよ」と言っていたはず。今から思えば、携帯が鳴る度に「Baby Came」だったのでしょう。

カーリエ博物館
カーリエ博物館の見事なモザイク

夜になって、Z---でYが実家から持ってきたという「絨毯」にお目にかかりました。
ウoooも同席しています。
1.5平方メートル(幅1m、長さ1.5m)のシルク絨毯、デザインは所謂「人生の木」(生命の木)で、中央の大きな木を囲んで、小さな木が衛星の様にちりばめられています。
「生命賛歌・長寿願望・子孫繁栄を意味する一種の理想的な樹木」とされるツリー・オブ・ライフ。Yは「これからたくさん子供を作って幸せになろうよ」と熱っぽく語りかけます。横でウoooも「これは素晴らしい絨毯」と、感に堪えた様に賞賛します。

値の高さにためらう私を説得し続ける二人。最後にウoooの殺し文句がありました。
「明日までよく考えて。でも、あなたを信じてる」

生命の木
「人生(生命)の木」の絨毯

話はもどって、Z---で昼に待ち合わせた時、印象深い出来事がありました。
事前に予約したホテルは2軒で、この日はホテルを変える日でした。パッケージを店で一旦預かり、次のホテルまで一緒に行くからとYに言われ、「フォーシーズンズホテル」と告げタクシーに乗りました。
フォーシーズンズに乗り付けると、ドアボーイが荷物を預かろうとするのを、Z---から例の中年親父がすばやく出てきて私のパッケージを運んで行きました。「Sorry」と言って去ろうとした私の背後にドアボーイの声がかかりました。

「インシャ・アッラー」
(神の思し召しのままに)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2009.11.17(Tue) 19:50] 「200万絨毯」購入経緯Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

生命の木とインシャ・アッラー by かこ
いつも有り難うございます!

このサイトは、すでに見ていました。
写真と比べて、今はもうちょっと年月を感じさせる風貌になっています。

会ったのは「背が比較的高い人」の方です。「ずんぐり」の方は会っていません。
ドアボーイは「神のご加護を祈る」くらいの気持ちだったかも。前の店の悪徳ぶりはよく知っているでしょうから。当時はなぜと思いながらもうっちゃってしまいました。ただなぜか頭に残った言葉で、彼等の正体が分かった時、この言葉が甦りました。

参考になりました by agantaLOVE
長期旅行中で次は中東に行く為、貴重な情報大変助かります。
日本人女性の一人旅は、諸外国の方のそれに比べて困難が多いと思います。
しかし、このようにさまざまな情報をネット上で共有することで、困難や危険を少なくしていけると思います。
私は同じ女性として、管理人さんの勇気ある行動を尊敬します。


ネットで情報を共有 by かこ
agantaLOVE様

はじめまして。コメントをいただき、有り難うございます。

長期旅行中でいらっしゃるんですね。
楽しい旅の空からようこそ!
「勇気ある行動」とおっしゃって頂き、有り難うございます。
お恥ずかしい顛末記ですが、旅行者への警戒情報として、多少とも機能しているのなら、有り難い事です。

ヨーロッパから中東に入られるのでしょうか?
今後も楽しい旅を続けて下さいね!
またご訪問下さい。

コメントを閉じる▲

 ← 続「人生の木」 | TOP | 絨毯をシェアしたい

COMMENT

いつも有り難うございます!

このサイトは、すでに見ていました。
写真と比べて、今はもうちょっと年月を感じさせる風貌になっています。

会ったのは「背が比較的高い人」の方です。「ずんぐり」の方は会っていません。
ドアボーイは「神のご加護を祈る」くらいの気持ちだったかも。前の店の悪徳ぶりはよく知っているでしょうから。当時はなぜと思いながらもうっちゃってしまいました。ただなぜか頭に残った言葉で、彼等の正体が分かった時、この言葉が甦りました。
[ 2009.11.17(Tue) 23:19] URL | かこ #- | EDIT |

長期旅行中で次は中東に行く為、貴重な情報大変助かります。
日本人女性の一人旅は、諸外国の方のそれに比べて困難が多いと思います。
しかし、このようにさまざまな情報をネット上で共有することで、困難や危険を少なくしていけると思います。
私は同じ女性として、管理人さんの勇気ある行動を尊敬します。

[ 2009.11.23(Mon) 17:38] URL | agantaLOVE #- | EDIT |

agantaLOVE様

はじめまして。コメントをいただき、有り難うございます。

長期旅行中でいらっしゃるんですね。
楽しい旅の空からようこそ!
「勇気ある行動」とおっしゃって頂き、有り難うございます。
お恥ずかしい顛末記ですが、旅行者への警戒情報として、多少とも機能しているのなら、有り難い事です。

ヨーロッパから中東に入られるのでしょうか?
今後も楽しい旅を続けて下さいね!
またご訪問下さい。
[ 2009.11.24(Tue) 21:51] URL | かこ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/17-b745f770
 ← 続「人生の木」 | TOP | 絨毯をシェアしたい

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター