AX
TOP > 抗弁権をめぐって
 ← デート商法判例 | TOP | トルコ「消費者保護法違反裁判」は、原告勝訴

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 抗弁権をめぐって 

2012年08月19日 ()
トルコ旅行 * 旅行
カード会社に対して、一時的に支払いを阻止する権利を「支払い停止の抗弁権」と云いますが、一括払いの場合は残念ながら適用外となります。
適用条件↓
*2ケ月以上の期間に亘って、3回以上の分割払いであること(4万円以上)
*リボルビング払いであること(3万8千円以上)

しかし、以前、絨毯屋「PEooooS」で詐欺に遭われたGさんの場合を見ますと、1回払いにもかかわらず抗弁権の提出は認められています。
『海外で使えない抗弁権+分割払いでない』Gさんがなぜ認められたのか。

相談した消費者センターが「悪質なケースなので抗弁権の提出は有効」と判断したことに加え、Gさんのお母様のカード会社に対するスタンスが突破口を開いたと思います。

Gさんのカード名義は、実はご本人ではなくお母様でした。
支払い義務が生じることは覚悟で、カード使用の不備を伝え、抗弁書はカード持ち主であるお母様の名前で提出されました。
しかし一方、詐欺行為は別物であることも明確に主張されました。
トルコでの被害届けはGさんの名前で提出されており、詐欺という犯罪行為そのものを告発されています。

トプカピ宮殿
トプカピ宮殿(撮影は管理人)

ただし、これがすべてのカード会社に当てはまるかといえばそうではなく、被害届が有効とは云え、カード会社に共通の対処マニュアルはなさそうです。
では私達消費者はどうすればいいのか。

抗弁権に関する基本やきまりは厳然とありますが、それを打ち破る為に「詐欺師の悪質さ、犯罪行為」をしっかり主張、告発することにつきるのではないでしょうか。
楽天カード、エポスカード、UCカードなどが、基本にこだわらず、柔軟な対応を見せて、引き落としを停止しているのですから、これをいい前例としてしっかり受け止め、活用していきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2012.08.19(Sun) 23:00] カード会社との折衝Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← デート商法判例 | TOP | トルコ「消費者保護法違反裁判」は、原告勝訴

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/165-df993026
 ← デート商法判例 | TOP | トルコ「消費者保護法違反裁判」は、原告勝訴

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。