AX
TOP > トルコでは「消費者保護法違反」
 ← 判決か、和解か | TOP | 裁判第4回目(続)

リストマーク トルコでは「消費者保護法違反」 

2012年05月21日 ()
トルコ旅行 * 旅行
現地トルコでの、裁判記録も再開いたします。
以前の記事で、Lさんという女性が、200万を返金せよとウooo相手に警告書を送付したところまで書かせていただきました。この「警告書」は、私がユooに出した通知書にあたるものですが、こちらも返金しなければ告訴するとの前提で送っています。

告訴する根拠は「消費者保護法違反」
警告書を受け取ったウoooは、経理の人物とともに弁護士事務所を訪れ、一部返金(80万)と絨緞の引き取りを申し出ましたが、彼女はこれを却下、現地の法律事務所へ正式な起訴を依頼し、こちらも裁判が始まりました。

第2審において、被告側は次のように申し立てを行っています。
『原告は、本件絨緞を見て、気に入って自分の自由意志で購入した。原告が主張するような欠陥品、もしくは騙して販売したという事実はない。販売は、買い手と売り手の自由意志に基づいてなされた』
しかしながら、裁判所はこの言い分を認めず、絨緞を鑑定することとし、スルタン・アフメットの3名の絨毯屋に鑑定を依頼した。

ブルーモスク
ブルーモスク(撮影は管理人)

一方、私の方は、H先生の「この裁判官の元で決着すべき」との助言に、判決か、和解か、決断を迫られることとなりました。
裁判官が全面的にこちらの主張を認めている現状で、この裁判官の判決を聞きたいという気持は大きい。しかし残念ながら、これは叶わない可能性が高い。
判決を取りたいのであれば別の裁判官、この裁判官で決着をつけるのであれば和解。
私は迷いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[2012.05.21(Mon) 00:00] 民事裁判Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

応援します by ハンドルネーム未定
裁判の記事を読んで、まさに「とんでもない商売」ですね。

裁判だけでも大変なのに、裁判官の異動の可能性も考えに入れないといけないとは、、
でもよく頑張られました(エラい!)。

バッシングもたくさんあって大変だと思います。
何もお助け出来ませんが、このブログを訪問して、せめてランキングボタンや拍手ボタンをクリックするのを日課にしています。
「応援している人が結構いるんだ。」と、ブログ運営会社に少しでも分かって欲しいからです。

あとは、トルコでも悪い商売がどんどん取り締まれるよう、警察やトルコの世論がもっと変わっていってくれたら、と願っています。
そうすればもっと楽に安心して観光できますよね?
オリンピック開催の候補地になったんですから、本腰いれて治安改善して欲しい。

いつになったら悪徳絨毯屋のいないイスタンブールになるでしょうか? 早くそうなってほしいです。

応援ありがとうございます! by かこ
ハンドルネーム未定さま

いつも気にかけてくださいまして、ありがとうございます。
最近、仕事などで忙しく、ブログが更新できずにいます。
明日には何とか・・と思っております。

初の裁判体験は、ストレスはあったものの、裁判事情や弁護士の戦い方など、実体験しなければ知り得ないことも見えてきて、興味深いことが山盛りでした。
H先生は、「この裁判官はダメだ」となったら、「だらだら作戦で、裁判官の交代を待つ作戦に出る」・・などと裏事情もつぶやいていました。
当初から「この裁判官は、実によく双方の書面を読み、検討している」「こちらに好意的」と、裁判官の本心を見抜いて、私に報告されていましたが、裁判官の気持を常に忖度しながら、審理を進めていく弁護士という仕事は、相手の気持を推し量る力量も必要なのだと、知りました。

オリンピック最終候補に残ったイスタンブール。
何度も挑戦しながら、涙を飲んできたイスタンブール。
おっしゃるように、安心して観光できるよう、治安に本腰を入れてほしいですよね。
オリンピック誘致を活かして、素晴らしい観光地に生まれ変わりますように・・・。

どのブログも、更新がなくても、応援の気持ちです by ハンドルネーム未定
「だらだら作戦で、裁判官の交代を待つ」、なるほど!
裁判官の異動を逆に上手く利用してしまう、尊敬です(^ー^)

話しは変わりますが、だいぶん前にこちらのコメントで、お土産店とトルコ人ガイドの高額マージンのブログを紹介してもらいました。
更新停止でしたが、先日から再開になっています(良かった)。

ブログタイトル「トルコのツアーでガイドに騙されて土産店で大金を失わないために」

( URLは、、とりあえず伏せておきますね。 )

「トルコのツアーで・・」のブログに出会ったのは帰国後ですが、
旅行前にいろんなブログや旅サイトで絨毯屋の悪徳商法の情報を読めたお陰で、私達は無事に帰って来れました。

全部のブログをお礼に訪問するのは、実際、できない事なので
代わりにかこさんのブログだけで応援していますが、
感謝の気持ちには変わりありません。

それでは (^-^)/

コメントを閉じる▲

 ← 判決か、和解か | TOP | 裁判第4回目(続)

COMMENT

裁判の記事を読んで、まさに「とんでもない商売」ですね。

裁判だけでも大変なのに、裁判官の異動の可能性も考えに入れないといけないとは、、
でもよく頑張られました(エラい!)。

バッシングもたくさんあって大変だと思います。
何もお助け出来ませんが、このブログを訪問して、せめてランキングボタンや拍手ボタンをクリックするのを日課にしています。
「応援している人が結構いるんだ。」と、ブログ運営会社に少しでも分かって欲しいからです。

あとは、トルコでも悪い商売がどんどん取り締まれるよう、警察やトルコの世論がもっと変わっていってくれたら、と願っています。
そうすればもっと楽に安心して観光できますよね?
オリンピック開催の候補地になったんですから、本腰いれて治安改善して欲しい。

いつになったら悪徳絨毯屋のいないイスタンブールになるでしょうか? 早くそうなってほしいです。
[ 2012.06.01(Fri) 15:37] URL | ハンドルネーム未定 #UvH/5XJM | EDIT |

ハンドルネーム未定さま

いつも気にかけてくださいまして、ありがとうございます。
最近、仕事などで忙しく、ブログが更新できずにいます。
明日には何とか・・と思っております。

初の裁判体験は、ストレスはあったものの、裁判事情や弁護士の戦い方など、実体験しなければ知り得ないことも見えてきて、興味深いことが山盛りでした。
H先生は、「この裁判官はダメだ」となったら、「だらだら作戦で、裁判官の交代を待つ作戦に出る」・・などと裏事情もつぶやいていました。
当初から「この裁判官は、実によく双方の書面を読み、検討している」「こちらに好意的」と、裁判官の本心を見抜いて、私に報告されていましたが、裁判官の気持を常に忖度しながら、審理を進めていく弁護士という仕事は、相手の気持を推し量る力量も必要なのだと、知りました。

オリンピック最終候補に残ったイスタンブール。
何度も挑戦しながら、涙を飲んできたイスタンブール。
おっしゃるように、安心して観光できるよう、治安に本腰を入れてほしいですよね。
オリンピック誘致を活かして、素晴らしい観光地に生まれ変わりますように・・・。
[ 2012.06.02(Sat) 23:18] URL | かこ #41Gd1xPo | EDIT |

「だらだら作戦で、裁判官の交代を待つ」、なるほど!
裁判官の異動を逆に上手く利用してしまう、尊敬です(^ー^)

話しは変わりますが、だいぶん前にこちらのコメントで、お土産店とトルコ人ガイドの高額マージンのブログを紹介してもらいました。
更新停止でしたが、先日から再開になっています(良かった)。

ブログタイトル「トルコのツアーでガイドに騙されて土産店で大金を失わないために」

( URLは、、とりあえず伏せておきますね。 )

「トルコのツアーで・・」のブログに出会ったのは帰国後ですが、
旅行前にいろんなブログや旅サイトで絨毯屋の悪徳商法の情報を読めたお陰で、私達は無事に帰って来れました。

全部のブログをお礼に訪問するのは、実際、できない事なので
代わりにかこさんのブログだけで応援していますが、
感謝の気持ちには変わりありません。

それでは (^-^)/
[ 2012.06.04(Mon) 18:30] URL | ハンドルネーム未定 #UvH/5XJM | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/154-812d9971
 ← 判決か、和解か | TOP | 裁判第4回目(続)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター