AX
TOP > 裁判第4回目(続)
 ← トルコでは「消費者保護法違反」 | TOP | 落ち度のない人間はいるのか?

リストマーク 裁判第4回目(続) 

2012年05月12日 ()
トルコ旅行 * 旅行
裁判官からの話を受けて、H先生は「和解案については、裁判官のお話を踏まえ、本人と次回までに検討いたします。絨緞は当然ですが要りません」と返答しました。

その後、被告人側弁護士も入室し、あらためて裁判官から両弁護士に説示がありました。
「双方に伝えましたが、この金額で絨緞を買うというのは普通では考えられず、原告の言うことが正しいと思います。そうであれば、とんでもない商売であり、原告に賠償金を支払うべきは当然です。原告は絨緞を要らないということですが、それも当たり前です。被告はよく理解していただきたい。その上で、双方、和解案を考えてきて下さい」

モザイク博物館
モザイク博物館(撮影は管理人)

H先生は、「裁判官はこちらに好意的である」との感触を前回より得ていましたが、今回は「非常に好意的であると確信した」と伝えてきました。
『とんでもない商売である。被告が賠償金を支払うのは当然である』との裁判官の明確な説示は、この裁判の流れを決定するもので、4回目にして早くも大きな山場を越えたのでした。

H先生は、今後の見通しを以下のように伝えてきました。
1.oo裁判官は、双方の書面をよく読み込み、検討している。この件の担当がoo裁判官になったのは正に天の恵みともいうべきものであり、この裁判官の元で解決すべきと思う。
2.しかし、oo裁判官の異動ペースからすると、来年4月が次の異動時期であろうから、この件で判決を取るとすると、残念ながらoo裁判官が判決を書くことにはならない可能性が高い。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2012.05.12(Sat) 00:15] 民事裁判Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← トルコでは「消費者保護法違反」 | TOP | 落ち度のない人間はいるのか?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/153-dca99650
 ← トルコでは「消費者保護法違反」 | TOP | 落ち度のない人間はいるのか?

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター