AX
TOP > 裁判第3回目に向けて、こちらの反論
 ← 裁判第3回目 | TOP | スルタンアフメット地区の「特殊性」

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 裁判第3回目に向けて、こちらの反論 

2011年12月07日 ()
トルコ旅行 * 旅行
提出した「証拠」は7点です。

1.外務省ホームページ文書(被告が関与した絨毯屋Z---の商法について、外務省が『絨毯詐欺』『女性を標的として悪質な声かけ犯』として注意喚起している)
2.通知書(原告代理弁護士は被告に通知書を送付し、絨毯代金の返金を求めた)
3.陳述書(原告が、被告実行にかかる恋愛詐欺商法により、安物の絨毯を高額で購入させられた本件不法行為の経緯等)
4.絨毯検証結果報告書(原告が200万で購入させられた本件絨毯は、15万程度の安物であった)
5.クレジットカード明細(原告は本件絨毯の代金として金200万1811円を支払った)
6.Email(被告に誘われてZ---に連れていかれた女性が被害に遭っている)
7.Email(Z---で被告が日本人の接客を担当している姿が目撃されている)

「証言文書」を送付してくださった被害女性2名のうち、事情によりひとりの方が提出を断念せざるを得なくなり、新たに「ユooが日本人客担当として流暢な日本語で接客している姿」を目撃している別の方にお願いし、Emailを2通提出しました。
絨毯の鑑定に関しては、慎重を期して再度の鑑定を依頼し、仕入れ時の環境にもよるが、20万というより15万の方が近いとして、「15万の検証報告書」を再発行しました。

ドルマバチェフ宮殿
ドルマバチェフ宮殿(撮影は管理人)

これら証拠をまとめてH先生は、以下の反論文書を提出しました。

「被告は、答弁書において絨毯を売りつけたのはウoooであり、そもそも客引きすらもしておらず、自分は何ら関与していないかのように主張しているが、原告に絨毯を売りつけるのに主体的役割を果たしたのは被告である。
被告がZ---やウoooとは無関係のように強弁していることは、むしろ被告が、安物の絨毯を恋愛商法などの不当な手段を使って高値で売りつけるという『Zooo商法』の違法性を熟知していたことの証左である」

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


manmanma様より、再びの拍手コメントをいただきました↓
ここに居ればいればいるほど、誰を本当に信じていいのか、全く解らなくなるほど人間関係が錯綜してます。だから、逆に、全部グルなのかもしれないくらいの覚悟で乗り込むべきです。 恐るべきは、完璧な善人顔をして、貴方を悪い輩から助けてあげましょう。。という人ほど、後でふたを開けると悪党の権化だったりして。。。こうして、裏切りの連鎖が続きます。EL------の主犯格、RAooooNなどはその典型です。同じ絨毯屋のABoooというグランバザールにいる人物を、日本女性狙いで彼らをだまして貢がせるので要注意だと、まことしやかに説得します。本当に心配した振りをしていうから、完璧にだまされ、RAoooooNこそ頼れるべき人物と誤解してしまい、完璧にカモされかかり、あとでとんでもない目に会いました。万事、すべてここの住人はこのくらいのことをやりかねない部類の連中でひしめいているのです。本当に人間を疑うことは最悪のことですが、ここではそれをせざるを得ないほど、皆が日本人の顔を覚えており、それぞれが諜報機関員なのです。怖いですよ本当に。絶対に侮らないでください。

「トルコ人リスト」が更新されています。
[2011.12.07(Wed) 12:00] 民事裁判Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 裁判第3回目 | TOP | スルタンアフメット地区の「特殊性」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/125-f2f7a935
 ← 裁判第3回目 | TOP | スルタンアフメット地区の「特殊性」

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。