AX
TOP > 裁判第1回目
 ← 被告側からの反論 | TOP | トルコでも裁判

リストマーク 裁判第1回目 

2011年11月12日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「勝敗は、まったくの5分5分である」
悪徳商法(デート商法)を訴える今回の裁判に対する、弁護士の「見立て」です。明らかに勝てる、ほぼ勝てると見込める案件とは違って、私の場合はまったくの5分5分であると、H先生はその姿勢をくずしませんでした。友人は、「弁護士は多少有利だと思っても、控えめに云うものだ」と励ましてくれましたが、私としては、やはりこの種の裁判は難しいのだと、覚悟さぜるを得ませんでした。

2010年6月裁判所に訴状を提出し、1週間後には「第1回期日」がひと月後の7月と決まりました。これを受けて裁判所は相手側へ訴状送達を行います。「あなたは訴えられました。裁判は7月から始まります」と、被告側に伝えたということです。

「第1回期日」の数日前に、相手側から「答弁書」が出され、「追って認否及び主張する」とし、当日の欠席を知らせてきました。第1回期日のみこのような扱い(欠席)が認められており、「後日詳細を明らかにする」というやり方は、被告側答弁書ではよく使われるのだそうです。「とりあえず時間稼ぎ」という場合の、手法です。
また、この段階では相手側は代理人(弁護士)を就けていません。

エユップスルタンジャミィ
エユップスルタンジャミィ(撮影は管理人)

2010年7月、oo地方裁判所にて第1回の裁判期日が行われました。事前の連絡通り、相手側は出頭せず、答弁書が擬制陳述(被告が出てきて読み上げたものとして扱うこと)となりました。
次回期日は9月、この2回目に相手側から詳細な反論が出てくるものと思われます。
また、ユooが弁護士を就けるのかどうかも、この時に分かります。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2011.11.12(Sat) 17:30] 民事裁判Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 被告側からの反論 | TOP | トルコでも裁判

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/119-77999e4f
 ← 被告側からの反論 | TOP | トルコでも裁判

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター