AX
TOP > 相手側から電話
 ← 2回目の通知書 | TOP | 弁護士から相手側へ「通知書」

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 相手側から電話 

2011年10月10日 ()
トルコ旅行 * 旅行
支払い期限2週間を目の前にして、相手側から弁護士に電話が入りました。

1.自分は、友達の店に、客である彼女を連れて行っただけで、お金はもらっていない。
店はウoooさんのものである。なぜ、通知書が自分のところへくるのか分からない。彼に通知書を送ればいい。
2.ウoooさんは、お金を返す積もりで何度も電話しているが、彼女が電話に出ない。

これに対し弁護士は、
1.あなたは、日本でも、彼女に電話をしたり会うなどの接触をしていることから、そちらへ通知書を送っている。
2.どちらがお支払いになっても結構なので、速やかな振り込みをお願いする。

ユooは、「弁護士の連絡先をウoooさんに伝える。彼から電話があると思うし、支払いもすると思います」と云い、期限の延長を要求してきました。弁護士は新たに2週間の猶予を与え、トルコからの振り込みを待つこととなりました。

エジプシャンバザール
エジプシャンバザール(撮影は管理人)

彼は、「なぜ自分のところへ通知書がくるのか」と何度も云い、自分は関係ないと強く主張したうえで、裁判という言葉を出してきました。ウoooの支払いが終わったあと、弁護士をたてて何らかの請求をすると。
「彼女は悪いことをしている。自分の名前を出して、ブログに書いている」

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2011.10.10(Mon) 19:00] 通知書の送付Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← 2回目の通知書 | TOP | 弁護士から相手側へ「通知書」

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011.10.12(Wed) 19:15] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://turkey11.blog99.fc2.com/tb.php/114-bab3c2a8
 ← 2回目の通知書 | TOP | 弁護士から相手側へ「通知書」

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。