AX
TOP > CATEGORY > 在イスタンブール日本国総領事館
TOP

リストマーク イスタンブール領事館から新着情報 

2013年09月07日 ()
トルコ旅行 * 旅行
2013年7月「恋愛詐欺に関する注意喚起」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/oshirase8.html#17
長時間かけて相手を信頼させ、金銭を貢がせる「恋愛詐欺」の具体例として、ある「日本語通訳ガイド」の被害実態が報告されています。このトルコ人による被害額は、領事館が把握しているだけで、何と数千万にのぼっているそうです。

2013年9月2日
「当地で被害に遭った方へ」「当地でクレジットカード詐欺に遭われた方へ」

http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/higai.html
カード会社にキャンセル処理を行わせるために、警察への被害届け受理が有効であることが、今までの事例で分かってきています。
被害者が現地滞在中に「詐欺と気が付いた」場合、→①本人が日本人通訳を伴って警察へ赴く。被害者が帰国して現地へ行けない場合→②本人の代理人として『トルコ人弁護士』が赴く。
領事館は、被害者が領事館Hpに掲載されている「通訳リスト」と「法律事務所リスト」を参照し、本人自らがコンタクトを取って契約するように呼びかけています。

*管理人から申し上げます。
私の元へ相談してくださった多くの事例の中で、トルコ人弁護士を雇って被害届を提出された方はいません。
トルコ人弁護士を雇うためには、東京のトルコ大使館でのみ発行される委任状(ベキャレット)を収得しなければならず(大阪総領事館は不可)、トルコ人弁護士を雇う費用も割高、その上語学の壁があって意思疎通が厳しいので、なかなか厄介かつハードです。
それより、帰国してしまった後でも、本人が再度現地へ飛んで、日本人通訳を雇って(時給3000円程)警察へ行く方が手っ取り早いと思います。3〜4日の滞在で十分ですし、費用もこちらの方が割安なのではないでしょうか。

次回からは、イズxxク(旧ペガXX)で恋愛詐欺被害に遭われた方の「被害金回収成功例」を連載いたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2013.09.07(Sat) 21:30] 在イスタンブール日本国総領事館Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク イスタンブール領事館から治安情報 

2013年06月11日 ()
トルコ旅行 * 旅行
在イスタンブール日本国総領事館のホームページに、絨毯屋に関する注意喚起が2件新着されていますので、抜粋いたします。

1.海外安全対策情報(2013年1月〜3月)
イスタンブール市内のスルタン・アフメット地区の観光地において、単身の邦人観光客、特に女性が現地人または外国人から声をかけられ、犯罪被害に遭うケースが後を絶たない。一見親切そうに話しかけて来るが、その目的の多くは、例えば、特定の悪質な絨毯店に言葉巧みに誘い込んで不当に高額な商品を購入させたり、支払いの際にクレジット・カードの読み込みが正常に出来なかったとして、複数回カード読み込み機に読み込ませて二重払いさせる、また、人気のないところに誘い込んだり、あるいは閉じ込めて強引に猥褻行為に及んだりするもので、繰り返してのご注意喚起にもかかわらず、被害が数多く寄せられている。

2.注意喚起:イスタンブール旅行を予定している皆様へ
トルコは比較的治安も良く、日本人が旅行する上で安全面の心配はあまりないと言われています。また、トルコの人々は親日的で、いろいろと親切にして下さる人も沢山いることと思います。しかし、大変残念なことですが、依然として公共の場での爆発事件や、「恋愛を偽装した恋愛詐欺」、「絨毯ビジネス詐欺」、「絨毯店等でのカード詐欺」、「ぼったくりバー被害」、「旅券・キャッシュカードの盗難・紛失等」が発生しているのも事実です。



上記1の中の「複数回カード読み込み機に読み込ませて二重払いさせる」に関しては、記憶に新しい一件があります。
2012年、二重払い請求を巡って、被害者とP旅行社が「やり取りした」件です。
旅行パッケージに加えて貴金属の架空請求もあったという複雑な事件でしたが、P旅行社は、二重払い請求はなかったとして持論を展開、「法的手段に訴える」と何度も被害者を牽制しました。
6月12日 削除と追記
「カード会社がパッケージ代金を返金した」と当初書かせていただきましたが、これは事実誤認でした。申し訳ございません。被害者に対し、返金があったのは旅行社ではなく、「偽銀行分」でした。
この事件は複雑で入り組んでおり、私ももう一度事実をしっかり把握してから、あらためて記事にさせていただきたいと思います。


ウェブサイト「Maps Konjiki」内の「Travel Agency」にもこの件の詳細が載っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2013.06.11(Tue) 01:00] 在イスタンブール日本国総領事館Trackback(0) | Comments(7) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

1961の方へ by かこ
はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました。
イズミル近郊で被害に遭われてしまったのですね。とんだ事でした。
ヤフートラベルへの投稿も拝見いたしました。
手口、情報など詳しく書いて下さっていて、これからの旅行者が目にとめてくださればいいと思いました。
私のブログはじめ、何件かのブログをリンクしてくださってありがとうございます。
私の方でもリンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

2062の方へ by かこ
メッセージを拝見いたしました。
内容のなかで、『管理者様のこのブログでは社名は明記されていないものの当社の事が書き込まれているのは明白なため』とございます。
この『明白である』という根拠を教えていただけますか?
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます by -

2064の方へ by かこ
メッセージを拝見いたしました。
私が書いた「P旅行社」ですが、貴社のことを指してはおりません。
誤解を招いた記述は削除いたしましたので、よろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲

リストマーク 在イスタンブール日本国総領事館の「注意喚起」 

2009年10月24日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「通りすがり」様より、コメントと情報を戴きました。

「注意喚起:スルタンアフメット地区での絨毯購入」というトピックスが、在イスタンブール総領事館公式HPにおいて、平成21年10月21日の日付で掲載されました。
内容を添付します。

1.邦人短期旅行者より、スルタンアフメット地区に所在する絨毯屋において、半監禁状態で絨毯購入を強要されたり、同店関係者による強姦被害を受けたとの相談が相次いでいます。

2.同店関係者は、日本語に堪能で、呼び込みする者と店で対応する者とに役割分担し、本邦百貨店と取引がある、当国で数少ない絨毯鑑定士(資格が実在するか不明)などと言って巧みに日本人旅行者に近寄ってくるとのことです。

3.相談を受けた事案は、全て本邦に帰国された後に今も辛い記憶が蘇るとして連絡があったもので、加害者を訴えるにしても当事者が当地にいない現状では非常に困難な状況となっております。

4.つきましては、同地区で観光等なさる場合には、充分ご注意頂けますようお願い致します。


「通りすがり」様のご指摘通り、店の名前は出ていないものの「読む人が読めば誰のことか分かる」内容となっております。
被害に遭った方々のエピソード(もちろん仮名で)をまとめて、私が領事館にメールしてみてはどうかとも提案されています。

私は、「騙されたかもしれない」と気付いた時、ブログを始める前にまず試みた事がありました。それは東京のトルコ大使館への電話相談です。
「購入した絨毯の写真と証明書を添付した上で、値段、店の名前、販売者の名前」をメールで知らせろとの指示でした。
当時は、まだショックから抜け切れず、絨毯を広げて写真を撮るという行為が、どうしても私には出来ませんでした。辛くて情けなくて、自己嫌悪に陥いり、絨毯を見る事自体が出来なかったのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2009.10.24(Sat) 22:23] 在イスタンブール日本国総領事館Trackback(0) | Comments(15) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

(旧54) by 通りすがり
領事館についてコメントを残した「通りすがり」です。

10月も後半、8月9月に比べれば観光客の数もだいぶ少なくなったイスタンブール。
しかし、U〇〇〇は相変わらず疑似恋愛による商法で、高価な絨毯を売り続けています。

簡単に彼の手管に堕ちる女性もどうかと思いますが、彼の行為そのものは決して許されないこと。
かこさんや皆さんが、精神的に参っているのは十分わかります。
でも実際被害にあった方でないと説得力がありません。
過去を反芻するのはつらいと思いますが、一度領事館とコンタクトを取ることを強くお勧めします。

私もこんな悪党が易々と入国できることに腹が立ち、昨日領事館にメールを送りました。

ダメ元でも、何もやらないと何も変わりません。


<コメント日時>
[ 2009.10.24(Sat) 23:59] URL | 通りすがり #HfMzn2gY | EDIT | ↑

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)

かこさん、こんにちは。 (旧55) by ラクシュミー
初めまして。

私も一度だけ、Z〇〇〇でウ〇〇〇と話したことがありますが、世間話をして何も買いませんでした。当時は彼について何も知りませんでしたが、目つきや話し方からは良い印象が感じられませんでした。

私は被害にあったわけでも、彼に恨みがあるわけでもありませんが、かこさんやその他大勢の女性が被害にあっている現状を聞くと、同じ女性としてたいへん気の毒に感じます。

日本へ入国させることに異議がある場合は、日本の入国管理局へ連絡する方法はどうでしょうか。入管のHPでは、第三者からの情報を随時メールや電話で受け付けています。日本での詐欺行為が判明しない限り難しいかもしれませんが、もしかすると入管の判断で空港で入国阻止することができるかもしれません。

<コメント日時>
[ 2009.10.25(Sun) 13:01] URL | ラクシュミー #- | EDIT | ↑

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)

(旧56) by 風
かこさん
あなたはウ〇〇〇に絨毯買うように強要されたり、脅されたりしたのでしょうか?
ご自身の判断で購入されたのではないのですか?
甘い言葉に断る勇気がなかったのはあなたの弱さ。
短期間に知り合った男性に好きだから高額な絨毯を買ってと言われた時点でおかしいと気づかないなんて(薄々気づいていて購入したとしても)ご自分に自信がない生き方をされているのではないかと思います。
その場で断る勇気もなく、ネットの風評に踊らされて、あなたは流されすぎです。自分というものがあるのですか?
いい大人なんだから自分の判断には責任を持ってください。
自分の行動に責任も持たず、偽善を並べて後になって被害者ぶる考え嫌いです。
しかもその絨毯の価値をお調べになっていない状況で何をもって被害者だといっているのでしょうか?


これ以上被害者を出したくないなんて建前で、まだウミットに未練があるのでしょう。すべてが中途半端。信じきることもできず、本人に直接考えを伝えることもなく、何がしたいのでしょうか?
ウ〇〇〇を見返してやりたいなら、魅力的な女性なるようご自分を磨かれてはいかがでしょうか?


私もウ〇〇〇には高級レストランをご馳走なり、ドライブも連れて行ってもらって、キリムを買ってほしいとも言われました。しかし、色々連れて行ってもらい楽しい思いをしたのも事実。接待していただいたことには感謝しています。しかしお金で買う恋愛は私には必要ありませんからキリムはもちろん断りました。

色々厳しいことを言ってしまい申し訳ありませんが、
もっと強く、凛とした女性になってください。
強要されたり脅かされたりした人は訴えて当然ですが、かこさんは違うように思えたので。

<コメント日時>
[ 2009.10.25(Sun) 18:26] URL | 風 #AzrhGqKM | ED

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)

(旧58) by 私も通りすがり
いろいろな人たちがかこさんのサイトを見ています。そして、さまざまな感想や見方を持つと思います。

中には、すでにサイトの存在を知るウ〇〇〇に「いいこと」をコメントするように、と頼まれた人もいるはずです。ちなみに私はそのうちの一人(笑)。私には私なりの思いがありますが、ここでは何も述べません。特定の人にとっては不快に思われるからです。

かこさんも自分の感情は抑え、「起こったこと」のみ綴るのが賢明だと思います。やりきれないのはわかります。しかし、心情を吐露することにより、それを面白くないと思う人たちもいるはずです。
人の感情は多種多様で、第三者があれこれ口を挟む余地はありません。当事者しかわからないのに、周りになんだかんだと言われたくないですよね。

まずは事実を伝えることを心がけ、その解釈は読み手に任せたらどうでしょう?(生意気なこと言ってすみません)

私はいちいち「サイトにこんなこと書いてあった」と本人に報告しません(笑)。念のため。

<コメント日時>
[ 2009.10.25(Sun) 23:46] URL | 私も通りすがり #HfMzn2gY | EDIT | ↑

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)

うーん (旧59) by opps
風さん>
横からすみません。
私も何とか彼からの「キリム買って」攻撃から逃げられた一人です。
たまたまかこさんのブログをイスタンブールで拝見し、彼らの本性に気づき逃げられました。
ですのでこのブログによって助かった者として、かこさんを擁護させて頂きます。

あなたの仰ることも一理あります。
ですが彼はプロです。
おそらく彼とそのようなやり取りをして、
何も買わずに逃げられたのは少数派ではないかと……。
(でないと、こんなに皆が同意しないと思います)

むしろ、風さんのようにターゲットに逃げられた後は、
ご馳走したレストラン代や無駄にした時間を取り戻そうと、
次にターゲットにした日本人女性に、
より高額なものをより粘着的に売りつけるようなるのではないでしょうか。

あなたが強く凛としていたから買わずに済んだのではなく、
たまたま運がよかったと思うようにした方がいいと思います。
(同時期に別の女性が高額な商品を買ったから、
あなたには執着しなかったというのが一番有力です。
もしくは以前のコメントでもあったように、別の機会を狙っているだけとか)

相手はこの道十年以上のプロです。
日本人以上に日本人の性格、特徴を研究しているので、
こう言えば断りづらい、
ああ攻めれば逃げられづらいという、
逃げ道を巧みに塞ぎながら迫ってきます。

しかも風さんのようにお金と時間をかけられていたら、
せめてその分だけでも取り戻そうと必死になるのが人情です。
風さんも、もし今後また似たような場に出会わせた場合、
自分はちゃんとしているから大丈夫などとは考えず、十分にお気をつけください。
プロが本気になれば、口先や態度だけで煙に巻くのは至難の業です。
だからこそプロと呼ばれるのです。
(ちなみに先ほどからプロと書いてますが、
U自身が「私は日本人にキリムを売るプロだ」と言ってます)

それにいざとなれば相手は男性です。
例え絨毯を買わされなくても、
もっと酷いことに発展することも十分に考えられますので。。。

それと、これが一番大事なのですが、
そもそもかこさんがキリムを買うに至った内容まで述べていない状態で、
彼女を非難するのは少し時期尚早かと。
また恋愛詐欺というのは、強要されたり脅かされたりするものではなく、
女の一番弱い精神部分を利用して売りつける商法です。
彼らは商品を売ったのではなく、自分との恋愛感情込みで商品を売るのです。
その恋愛感情が偽であった場合、商品単体だけだと値段が釣り合わず、
訴えたくなるのは当然の感情と思います。

横から長々と失礼しました。
ただ、かこさんも数百万円の負債を負い(値段は推測ですが)、
内容も内容だけにそう簡単に周囲に話すこともできず、
すでに一人で十分に苦しんだ上でのブログだと思います。
風さんがご指摘されていることは既にかこさんも十分に理解し、
反省もされていることはこれまでのブログの文面やコメントからもうかがえます。
そこでまた、同じことを上から目線で指摘されては
無関係の私ですら辛くなります。
この場を険悪な場にしたくはないのですが、
どうしてもこれ以上かこさんを責める言葉は見たくありませんでした。
生意気なことを言って申し訳ありません。

>かこさん
関係ないのにダラダラと長文をつけてすみません。

[ 2009.10.26(Mon) 00:36] URL | opps #XZ039GEA | EDIT | ↑

(旧60) by りな
彼らのやっていることは恋愛商法といった詐欺。

強要されたり脅かされて購入したわけでなくても、
悪徳商法により購入してしまった被害者なので訴えて当然です

日本でも恋愛商法で商品を購入してしまった男性が訴え
”交際が実現するような錯覚を抱かせ契約する不公正な方法の取引で契約は無効”
とう判決がでてます。人の心情を利用し売り付ける行為自体が公序良俗違反ということです。

かこさんのブログによってイスタンブールへいかれる日本人女性の被害者が
少しでも減ることを願ってます。





[ 2009.10.26(Mon) 17:09] URL | りな #- | EDIT | ↑

領事館と入国管理局 (旧61) by かこ
通りすがりさま

「ウ〇〇〇の商売繁盛」をよくご存知でいらっしゃるのですね。
領事館サイドは「相談が相次いでいるが、帰国してからではいかんともしがたい。当地で訴えてほしい」と言いたいのでしょうか?
確かに一人ひとりが動かないと何も変わらないと思います。
このブログも様々な方面から訪問客があり、できましたら非公開コメントでメルアドを教えて頂けたら、有り難いです。


ラクシュミーさま

こちらこそはじめまして!
コメントをいただき、有り難うございます。
ウ〇〇〇にお会いになった事があるのですね。「ウ〇〇〇」の検索でこちらへご訪問頂いたのでしょうか。
入国管理局へ連絡するというのは、もう誰かがしているのかも分からないですね。これだけ被害が多いですから。
また、いろいろ教えて下さい。よろしくお願い致します。

風さま

はじめまして。コメントをいただき、有り難うございます。
ウ〇〇〇さんと、楽しく、対等におつきあいされた風さんの様な女性もいらっしゃる事に、ほっと致しました。
いろいろご教示頂きましたが、私にも反論させて下さい。

1.風評に踊らされる
ウ〇〇〇に関するネットの情報はどうして風評と云えるのでしょうか?
みなさん、ご自身の経験を書かれているのであり、風評(うわさ)ではありません。私の元には非公開コメントが多数寄せられていますが、内容は「推して知るべし」です。
当ブログは、最近のZ〇〇〇の悪行、愚行の、「情報の受け皿」として機能しつつあります。

2.絨毯購入時
oppsさんもご指摘されている通り、私はまだ具体的状況を明らかにしておりません。風さんがどの様に想像されようとご自由ですが、その想像の元に「自信がない生き方をしている」だの「自分というものあるのか」とおっしゃっられる事には、驚きました。

3.恋愛商法
「恋愛商法」など、想像も出来ず、いわば丸腰の状態での私たちに対し、相手は百戦錬磨のやり手であり、プロ中のプロ。
風さんの様に対等に臨める方ばかりではないでしょう。甘い言葉に騙されたり、断る勇気がなかったのは情けないと、私も含めみんな思っています。
では騙された私たちにも非があるとして、騙した方に非はないですか?
そんな事はありません。
「愛してる」「結婚して」などと云って相手に精神的、経済的ダメージを与え、結婚しないのは「結婚詐欺」と云います。

4.凛とした女性
「凛とした女性」が、風さんと私とでイメージが違うかもわかりませんのでお答えの仕様がありません。
「魅力的な女性」も同じ。
風さんは人に対し、「こう生きなさい」といえる立場にいらっしゃるのかも分かりませんが、私はそういう立場にはありません。

5.未練
Z〇〇〇のどなたにもそんな感情はありません。
トルコの伝統である誇りある絨毯を、真っ当な商売で売れない彼等に「かわいそうに」という思い以外、何もありません。

6.絨毯の価値
「絨毯の価値を調べてない」と、これまたどうして云えるのでしょうか?
 2と重複致しますが、風さんがどの様に想像されようと自由です。
が、私が申し上げたのは「当時はまだショックから抜け切れず、トルコ大使館の要請に応えられなかった」という事のみで、それ以後調べたか調べていないかを、私はまだ申し上げておりません。

アンさま

はじめまして。コメントをいただき、有り難うございます。
私の時間のご心配をいただきまして、恐縮です。
今度は、アンさんの楽しい旅の思い出をお聞かせ下さいね。

<コメント日時>
[ 2009.10.26(Mon) 20:17] URL | かこ #- | EDIT | ↑

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)

(旧62) by 風
恋愛詐欺が社会にあることは理解の上で言ったのですよ。
トルコは日本ではありません。
自分の目で何が真実かちゃんと見極める力を持ってほしいと思ったのです。
ネットは参考程度にしか過ぎません。

お金で買った愛情に幸せがついてくると思いますか?
それが私には理解できないのです。
気づくであろう範囲の不審な点に目を瞑り、蓋をしなければ、彼の嘘は見破りやすいと思います。

私は彼から逃げてはいませんよ。
最終日3時間以上にわたる説得がありました。
(因みに、旅先でネットは見ませんから)
好きになったとしてもその時に思った疑問や不審な点を本人に正直にすべてお伝えしました。
もちろん不機嫌になりましたが。

彼の愛情は嘘だと見抜けても彼の本質は今でも分かりません。

もし絨毯をお調べになっていらっしゃるのなら失礼しました。
それでは、頑張ってください。

[ 2009.10.26(Mon) 22:47] URL | 風 #9hz6nmeU | EDIT | ↑

これからも前進あるのみ (旧65) by かこ
私も通りすがり様

はじめまして。コメントをいただき、有り難うございます。
私は、今までも「真実のみを伝えています」し、これからも「真実のみを伝えよう」と思っています。

oppsさま

おかえりなさい!
お仕事も始まっていらっしゃるでしょうに、お忙しいなか、長文のコメントを頂戴致しまして、有り難うございました。
時には萎えそうにもなるのですが、こうして擁護して頂くコメントに接すると、また頑張ろうという気持ちになります。
ほんとうにありがとう!!

りなさま

少しばかりご無汰沙致しました。
悪徳商法の具体的な例を挙げて頂き、有り難うございました。最近の私は、りなさん始め、みなさんの励ましで支えられており、感謝しております。またいろいろ教えて下さいね。ご訪問もお待ちしています。

[ 2009.10.27(Tue) 22:33] URL | かこ #- | EDIT | ↑

真実を見極める力 (旧67) by かこ
風さま

3時間説得されてもなお、頑張り抜いた風さんを尊敬致します。
私も真実を見極める力を養っていくよう、自分をみがいていきたいと思います。
「彼の愛情は嘘だと見抜けても彼の本質は今でも分かりません」
彼の本質っていったい何なのでしょう?

JUNさま

こちらこそはじめまして。
不愉快な目に遭われてお力落としと思います、
私は、S〇〇〇という絨毯屋は知りませんが、やはりスルタンアフメットにあるお店なのですか?
どなたかから情報が入ればいいですね。またご訪問下さい。

<コメント日時>
[ 2009.10.28(Wed) 23:23] URL | かこ #- | EDIT | ↑

(2010.4.24 修正させていただきました。 管理人 かこ)


コメントを閉じる▲

TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター