AX
TOP > CATEGORY > これまでの流れ
TOP

リストマーク これまでの流れ  2 

2016年12月05日 ()
トルコ旅行 * 旅行
2009年ブログを立ち上げた当初は、もっぱら被害者を揶揄する風潮が顕著でした。
特に2ちゃんねるは、ウxxxなど、悪名高い絨毯屋の実名であふれており、まるで「人気者」扱いかのようでした。
まさに、トルコ絨毯は『摩訶不思議なワールド』

ブログに寄せられるコメントも、被害者に混じって絨毯屋擁護のそれも多く、今思えば、これらの人たちは、ほとんどが業界の関係者だったようです。

「絨毯に定価はない。定価販売の日本の感覚とは違う。日本の良い着物も通常定価は存在しない」「価格は、売り手と買い手が折り合って成立するもの」などの見当はずれからはじまり、ウxxxは、過去に数回行われた裁判ではすべて勝訴している・・・などと牽制とも取れる文言もありました。

しかし、業界サイドのコメが入ると、その何倍もの勢いで、まっとうな内容の抗議コメが殺到し、次第に空気は変わっていきました。
ブログは一時炎上、アクセス数の増加に伴って、トルコの絨毯詐欺がいかに今まで巧みに覆い隠されてきたのか、いかに騙された人が多いのかも明らかになってきました。

また、絨毯屋だけではなく、旅行会社、ホテルの従業員など、スルタンアフメット界隈の観光業界では、あまねくこの種の「騙し」が横行していることも分かってきました。

カーリエ博物館
カーリエ博物館(管理人撮影)

旅行会社といえば、ブログ開設と同時に、いち早く情報を下さった、現地旅行会社勤務のある日本女性がいました。
ウxxxの悪名は知っていても、「ユxxまでとは知らなかった。新婚早々でトルコに里帰りしていた時にこんな悪行をするなんて」と憤っていた彼女、ところが数回のメールやり取りのあと、なぜか突然連絡が途絶えました。

その唐突ぶりが、今でも不可思議で、強く印象に残っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.12.05(Mon) 23:10] これまでの流れTrackback(0) | Comments(9) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ちしゃねこ
こんにちは。ブログランキングから参りました。

日本人の旅行者はお金持ちで優しいと思われてしまって、
ぼったくろうとする人もいますよね。
トルコの人は親日の人が多い気がしますが、
悪徳な絨毯屋さんもいるのですね(*_*)

はじめまして! by かこ
ちしゃねこ様

コメントをいただき、ありがとうございます。

日本人は、確かにぼったくられ易いです。
特にトルコでは、「騙しマニュアル」みたいなものがあり、
組織化されているので、怖いです。
ですので、情報発信は必要と思っています。

先ほど、ブログも拝見させていただきましたi-185

管理人のみ閲覧できます by -

2199の方へ by かこ
はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。
大半をお読みいただいたとお伺いし、うれしく思いました!

まずは被害がなくて何よりでした。
ヒシャブを装う事も有効なのですね。
それにしても、あのKが相も変わらず、芸能人との写メを悪用してる事には
ただただ失笑です。。

ちょっと確認ですが、
「xxxxxホテルの従業員」が手引きした絨毯屋はTxxx Artなのですね?

管理人のみ閲覧できます by -

承認待ちコメント by -

承認待ちコメント by -

by かこ
コメントをありがとうございます。
やはりTxxx Artだったのですね。

芸能人との写メを悪用するKや、ありもしない絨毯鑑定士を騙るU・・・
十年一日、同じ手口で代わり映えしないですね(笑)

今後の注意喚起のためにも、今回の件を記事にさせていただけないでしょうか。
もちろん、個人が特定されないように配慮いたします。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク これまでの流れ 1 

2016年10月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ブログを立ち上げてて丸7年が経ちました。
今までの流れを振り返ってみたいと思います。

1.2009年9月、トルコのイスタンブールで、200万の絨毯を買ってしまう。
2.帰国してからのネット検索で、くだんの店が、本来の価値より不当に高額で売りつける「詐欺店」であると知る。
3.詐欺の実態を知り、情報を集める目的で、ブログを立ち上げる。

2009年当時、ネットには、トルコの絨毯屋に関する情報があふれ、2チャンネルを始め、「騙される客が悪い」というスタンスも多かった。
経済的損失に加え、「恋愛詐欺、友情詐欺」で精神的にも傷ついている被害者に、「旅気分で浮かれて買った客が間抜けだっただけ」というコメントは、被害者をさらに追いこむものだった。

ブルーモスク
ブルーモスク(管理人撮影)

「価値の見分けにくい絨毯をぼったくる」行為は、いつの間にか限度を超えて悪質化し、ここ20年くらいで、詐欺商法かのごとく、組織化、マニュアル化されてきたようです。

筆者が騙された当時、絨毯屋事情に詳しい人から、「2009年は、客がZAxxに吸い寄せられるように入っていった。売上高はスルタンアフメット界隈で一番だった」と聞かされました。
まさに詐欺商法の最盛期とでもいうべき頃だったのでしょう。
(ZAxxから、今は、Txxx Art Galleryへと名前が変わっている)

ブログに対する反響は大きかった。

気持ちの持って行き所のなかった被害者が次々に投稿、ZAxxだけでなく、他にも悪質な店舗が存在することが分かってきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.10.04(Tue) 22:45] これまでの流れTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター