AX
FC2ブログ
TOP > CATEGORY > コメントから
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク コメントをありがとうございます! 

2018年07月07日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「ハンドルネーム未定」様と「バブル」様からコメントをいただきました。

ハンドルネーム未定様
被害者いっぱいいるし、
裁判にもなってるし、
かこさん裁判で勝ってるし、
裁判で負けた男、裁判所の言いつけ無視してお金払ってないし、
#Me Tooで拡散しましょうよ
匿名でいいですよ

てか、匿名絶対ですよ
名前明かせっ、て日本語使いの女がすぐ書き込んでくるけど、
その女、加害者とツーツーというか、既に一族の一員ってこと
イスタンブールの日本人社会でみ〜んな知ってるよ
名前明かしたら、その女の思う壺だよ
トルコから勤務先とか、プロバイダにメールでイヤがらせされるよ、
弁護士でもないのに弁護士とか通訳・代理人づらして

イスタンブールのトルコ人社会も、その男たちと女達のこと
超嫌ってるよ、
日本人旅行者にずーっととんでもない事して、
まじめなトルコ人の商売の邪魔してること、みんな知ってるから
だからまじめなトルコの店の人とか、住民はみんな
大ブーインクなんだよ

日本人旅人の間でもその女、悪名高いよ
1990年代から女たちの写真ネットに上がってるよ

その一族とか女達、日本人のマスコミに取り入るのがすっごく上手くて
現在進行形で「親友でーす」って、悪い奴らとの写真SNSにあげたり、
一緒になって絨毯なんかを自分の知り合いの日本人に販売する人もいるよ、日本で。

それ買ってる人たちは、本物と思い込んでて鑑定に出さないから、
利益すっごくて、悪徳トルコ人の無茶苦茶いい商売になってるよ
トルコの税務署も警察も、賄賂もらってるから見ぬふりだよ

バブル様
改名した名前が画廊などでよく使われている名前で、検索かけても特定しづらいよう対策しているようですね。
イスタンブールに行く予定ですが、観光だけでなく自分にもなにか出来る事はないか? 自問自答しております。


イスタンブル
「TurkisH Air&Travel 」より拝借

悪徳絨毯屋や土産物屋、旅行社などと結託している「現地在住」の日本人の存在は、本当に腹立たしく恥ずべき存在です。
このブログでも何人か取り上げ、注意喚起をしてきましたが、相も変わらず悪事を重ねているのでしょうね。

バブルさんは、イスタンブールに行かれる予定とのこと、ご帰国されたら「悪徳絨毯屋」の最新情報をお知らせいただけないでしょうか。
名前や所在地は変わっていないかなど、何でもいいので教えてくださいませ。

ハンドルネーム未定さん、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
旅行先で騙された被害者にとって、大抵の方は一度の経験ですから、それがMe Too運動に繋がるかというと難しいかもわかりません。
でもそのうち、実行力のある方が立ち上がると信じます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[2018.07.07(Sat) 20:10] コメントからTrackback(0) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by miho
かこ様、こんにちは。
以前、トップ記事のコメント(2168)で中年Kのことをお話ししましたmihoです。
ずっとブログを続けてくださって感謝いたします。
おかげさまで、絨毯だけでなく、バーなどのボッタクリに遭う日本人がかなり減ったのではないでしょうか。

あれから時間がたち、ひょんなきっかけでイスラム教を勉強するようになりました。
その中でわかったのが、トルコを含むイスラム圏では、商売のやり方が日本とは全く違うということです。
例えば1万円の商品を100万円とふっかけても、相手が納得すればそれでいいのです。
売るほうも罪悪感を感じる必要はなく、買うほうも自分がよければいいということです。
こいつには普段世話になっているから、少しぐらい高く買ってやってもいいかな~みたいな感じで。

ただし!これはイスラム教徒同士の話で、当たり前ですが外国人は別扱いです。
イスラム教には共同体という概念があり、共同体の中には基本ムスリムが住みますが、外国人や異教徒は余計に税金を払うことで居住を許されてきました。
当然、共同体の構成員でない外国人に対しては、共同体のルールは適用除外です。
だから、ぼったくっても、女性になれなれしく触っても許される(と一部のバカは勘違いしている)のです。
まして、相手は自分より金持ちばかり(これも勘違いですが)ですからね。

まともなムスリムの名誉のために申し上げますが、普通は相手が外国人であっても、そのようなナメた態度はとりません。
私が日本で接したムスリムは、パキスタンなどの南アジアの方は本当にまじめで、敬意を払って接してくれているのが伝わってきます。

とはいえ、トルコのバカたちがいかに不信心であろうとも、アッラーの存在は信じています。
だから、運悪く客引きにお店に連れていかれたときは、「アッサラームアレイクム」(イスラム教徒共通の挨拶)と言ってみてください。
「お前はムスリムか?」と聞かれたら、「ムスリムになる予定」とかなんとか言っておけばいいでしょう。
トルコは世俗国家なので、スカーフをかぶっていなくても大丈夫です。
スカーフを急ごしらえでかぶっても、普段かぶり慣れていない人はバレますので。
アッラーの下の同じ構成員だとわかれば、こいつからはボレないと思うことでしょう。

あとは、もし本当に絨毯が欲しくて、気に入ったものがあっても、その日には買わないことですね。
「この価格は今日だけ」とかしつこく言われても無視することです。
日本では欲しいものがあっても衝動買いしませんが、旅行だと私もついつい焦って買ってしまいますね(^^;)

最近はトルコのツアーの広告を見かけることも増え、観光客が戻りつつあるのかなと感じています。
トルコに行く前に、このサイトが一人でも多くの目に触れることを願ってやみません。
かこ様、これからも応援していますね(^^)/

貴重な情報! by かこ
mihoさま

ご無汰沙しております。
中年K・・・久しぶりに聞いた名前で、なんか懐かしいような。
今でもバリバリで絨毯界隈を生きているんでしょうね。

イスラム教を勉強されてるとお伺いし、驚いています。
素晴らしいですね。
私たち日本人にはわからない奥深い世界が広がっているのだと思います。

今回、貴重な情報をいただき、有り難く思います。
コメント欄でのみ読めないのはもったいなく、
できれば記事として取り上げさせいただきたいのですが、いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

by miho
かこ様、お返事ありがとうございます。
中年K、本当に今は何をやっているんでしょうね。
まあ、相変わらずだとは思いますが(^^;)

記事に取り上げていただけるとのこと、ありがとうございます!嬉しいです!
ええ、イスラム教を勉強するなんて、自分が一番驚いています(笑)
Kのコメントを書いた頃は全くそんな気もありませんでしたが、当時はISのテロも多く、何げなくイスラム教を知ろうと思って本を読んだら、あれ?いい宗教じゃんと思ったことが始まりでした。

トルコのバカどもに嘘でもイスラム共同体の人間と見せかけることのメリットは、女性の後ろには必ず男性がいると思わせることができるからです。
イスラムでは女性は男性に守られるべき存在なので、女性が1人でいたとしても、そこに見えずとも必ず男性の影があります。
こいつの旦那はムスリムか、トルコ人かそうでないか、自分が変なことをすれば、日本のイスラム社会、ひいては日本のトルコ人ネットワークでもバレるかも……と単純なトルコ人は考えるでしょう。
イスラムを持ち出さなくても、トルコ人男性と友達だと言っても効果的だと思います。

このコメントをトルコ在住の日本人協力者に見られても全然構いません。
イスラムは神と個人の関係なので、他人の心の中をのぞくことは許されないからです。
ムスリムのふりをしたとしても、その人が本当にこれからムスリムになるかもしれないし、そもそも他人の信仰度合いをはかることは禁じられています。
イスラムの国に外国人として住み、同胞からお金をむしり取るような人には理解できないでしょうね。

あと、最近は日本にもトルコ人(ほとんどはクルド人)がネズミ算式に増殖中ですが、99%、偽装難民申請です。
埼玉県某所のケバブ屋で、実際に彼らから話を聞きました。
最近は入管の取り締まりも厳しくなり、平均2年半ぐらいでトルコに送還されています。
なので、トルコ人と国際結婚☆なんて浮かれている人は、最低でも3年は様子を見たほうがいいですよ。
絨毯を買わされるどころではなく、一生むしり取られますから。

今や、イスラムを知った私にとっては、ボッタクリトルコ人、日本のビザ目当ての偽装難民など取るに足らない存在になりました。
許せないのは日本人協力者です。
アホトルコ人より彼らを何とかしなければいけません。

長くなってしまった上、関係ない話までしてすみませんでした。
またコメントさせていただきますね(^^)/

> コメントをありがとうございます! by ハンドルネーム未定
2241 の miho さんに 「いいね!」10万回

!!

by miho
ハンドルネーム未定様、いいね!10万回もありがとうございます(^-^)

ただ、いろんな対策はあるにせよ、やっぱりどれもトルコに行く前に気づかなければなりませんよね。
恐らく、このブログにたどり着く方たちは、ほとんどが絨毯やキリムを買ってしまった後ではないでしょうか。
数万円だったら、いいお土産と諦めることもできますが、数十万、数百万となると、たとえ本物のすばらしい絨毯でもケチがついてしまいますよね。

私が言えることは、買ってしまった後、ホテルでこのブログを見ている方は、せめて同じ値段でオールドに交換してもらうことぐらいですかね。
オールドキリム、オールド絨毯だったら、日本で売ることもできますし。
とはいえ、ほんの慰め程度の買値にしかならないでしょうが……。

ハンドルネーム未定様のおっしゃるように、日本語が話せなくても、真面目に商売をされている絨毯屋さんも多いことと思います。
現地の日本人こそ、そのような絨毯屋さんの情報を発信すべきなのに……ああムカつく(笑)

コメントを閉じる▲

リストマーク 注意喚起のコメントをいただきました! 

2017年10月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
少し前にいただいたコメントを、ご本人了解の元、掲載させていただきます。
伏字を少々拡大させていただきましたこと、ご了承くださいませ。

様々なサイトが閉鎖になり何処へ投稿して良いかわからずここへ投稿したことを勘弁してください。
銀座のAによる被害者が最小限に止まることを切に願い掲載させていただきます。
KOOOOのAさんがついにできちゃった婚。それでも女性を漁る行為は止まず、女性を食い物にしています。どうぞ彼の甘い言葉、行動に騙されないでください。長らくAの支援者として働いてきた共同経営者の日本女性もあっけなく切られました。Aに関するネットの削除に尽力を尽くしたアディー〇の元社長夫人です。ここまでの情報は今まででてきませんでした。信じるか否かはあなた次第ですが駆け引きなしでこれが全て真実です。


konya-1.jpg
(メブラーナ 『GO 豪 メルボルン』より拝借)

くだんのレストランですが、6〜7年前、このブログや2ちゃんねるで「本人と共同経営者の女性が参戦しての炎上」という局面がありました。個人的にも数人の方から被害を訴えるメールをいただき、対応させていただいたものです。

長らく情報は途絶えましたが、今回貴重なコメントをいただき「被害が止まるように」とのコメント主の思いに応えて、記事として出させていただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2017.10.04(Wed) 11:30] コメントからTrackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

情報提供 by 匿名
今年のいつだったか、この人物よりインスタから個人メッセージが来ました。目的は良く解りませんでしたが、怪しいので無視しました。その様な手口で新たなカモを探しているのかもしれませんね。気を付けましょう。

情報提供、ありがとうございます! by かこ
匿名さま

コメントをいただき、ありがとうございます。
インスタに個人メッセージですか。
新たな手口かもですね。
無視されて良かったです。

みなさん、気を付けましょう!

by nao
匿名さま
かこさまに情報提供した者です。失礼ながら人違いをされていらっしゃいます。
匿名さまなのでどなたかわかりませんが当方はインスタグラムを使用しておりません。アカウントすらもっていません。
かこさま以外に連絡しておりません。
当方は新たな被害が出ないことを願い注意勧告しただけなのにこのような言い方は心外です。匿名さまこそ火消しに躍起になっているように見えますよ。

コメントを閉じる▲

リストマーク 「トルコに26人しかいない絨毯鑑定士」まだ言う?? 最終回 

2017年09月10日 ()
トルコ旅行 * 旅行
絨毯は買わせても、結婚はしたくないオXXは、「自分が気に入っている絨毯を買わないなんて、信じられない。彼女の愛がその程度だったなんて、もう信じるに値しない」と言って、店を出て行きました。

翌日Bさんは、オXXとの愛に破れた悲痛な思いを抱いて帰国、「絨毯詐欺」の内情に気がつかなかったにもかかわらず、絨毯を買うことは免れたのです。

帰国後、LineでオXXと不毛なやり取りをしたり、Aさんに相談したり、はたまた旅行社に「いかがわしいホテル」を紹介した抗議を行ったりしていましたが、まだ「トルコの絨毯詐欺」という本質には気がついていませんでした。

モザイク美術館
モザイク美術館(管理人撮影)

ただ、2017年1月に、Aさん、Bさん二人で再びトルコへ旅行した折、トルコ人友人の経営する店で出会った、「一時帰国した日本在住のトルコ人」の話を聞いて、ようやくことの真相が分かったのです。

その金沢在住の「トルコグッズ関連の仕事」の男性は、「スルタンアフメットの絨毯詐欺」を熟知しており、今までにも多くの被害者から話しを聞いて「トルコ人として大変迷惑だ。トルコの恥だ」と憤慨していたそうです。

特に、Txxx Art Galleryに関しては、隠しカメラで客を監視したり、他店の悪口を言って自分の店以外に行かないようにしている、数年前は、吸い込まれるように日本人が入店、多くの被害者が出ていたと告げ、Bさんはやっと、真のオXXの立ち位置が分かったのでした。

拙ブログでも以前から指摘していますが、相変わらず「監視カメラ」で客同士が鉢合わせしないように管理、後で苦情を言われないよう監視しているのだと再確認しました。
また、ネット上では、「日本人に評判のいいホテル」として知られている「ホテル メxx2」が、客引きを通じて、詐欺店と結託しているということも分かりました。

読者の方々から指摘されている通り、日本人旅行者が激減している昨今、ホテルも土産物屋も、せっせと絨毯屋へ客引きしているようです。

みなさん、気をつけてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2017.09.10(Sun) 18:01] コメントからTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 「トルコに26人しかいない絨毯鑑定士」まだ言う?? 5 

2017年07月31日 ()
トルコ旅行 * 旅行
自称絨毯鑑定士U、オXXと役者が揃ったところで、絨毯が登場してきました。

Bさんの前に広げられた、1枚の絨毯。

Uは、「この絨毯は、オXXの出身地産で、彼自身とても気に入っている値打ちもの」と言い、その後、何千回も言ったであろうセリフを唱え始めます。
「絨毯鑑定士の私から見ても大変素晴らしい絨毯。オXXは今すぐにでもこの絨毯が欲しいけど、買える資金がない」
「あなたとシェアして、大切な絨毯を君の部屋に飾ってくれないだろうか」

Bさんは、いったい何のことか、意味が理解できません。
何故?・・・と思い、ほんのひと時を置いて、そして、悟ります。

「騙された」

カッパドキア
カッパドキア(読者の方よりご提供)

Bさんは「私もお金がないから無理」と言いますが、そこはそれ、お決まりのセリフが続きます。

「あなたは、オXXよりお金が大事なの?」
「あなたのオXXに対する気持ちはその程度なの?」
「オXXはがっかりしている」
「お金とオXXとどっちを取るんだ!」
捲したてるUに、やり取りに入るでもなく、お酒を飲みながら静観するオXX。

Bさんは、「今直ぐに、ここで彼と結婚するなら借金して絨毯を買ってもいい」と宣言します。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2017.07.31(Mon) 14:15] コメントからTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 「トルコに26人しかいない絨毯鑑定士」まだ言う?? 4 

2017年06月25日 ()
トルコ旅行 * 旅行
「日本語が上手な人がいる。日本に行ったこともあるし、紹介したい」
Bさんは、ホテルのスタッフであり、オXXの身内でもあるこの男性の提案を快く引き受けます。
この段階で、「じゅうたん」という言葉は無く、「絨毯屋に連れて行かれる」とも思っていません。

着いたところは、
「Txxx ART GALLERY 」

「日本が上手で、日本に行ったこともある」という、くだんの人物が登場してきました。
「自分は、26人しかいない『絨毯鑑定士』であり、仕事で何度も日本に行っている」と自己紹介します。
(→自己紹介と云うより自己喧伝かな・・・、いやウソだから虚言ですネ)

かたわらから、店員が「オメルと結婚したいの?だったら私が仲を取り持ってあげる」と言います。
チャイを飲みながらの談笑、しかし、Bさんには、常に上から目線で話す、この「自称鑑定士」の男の態度が嫌で不快感を覚えます。

フォーシーズンズホテル
フォーシーズンズホテル(旅web TRIPATARより拝借)

トルコに26人しかいない『絨毯鑑定士』
トルコ通にはお馴染みであり、このブログにも再三既出、ネットにも広く拡散されている「超有名男 U

ここからは、いつものシナリオ通り、口八丁手八丁男の独壇場。
いつの間にか、仕事で忙しいはずのオxxも姿を見せ、役者は全て登場しました。

いや、人は揃いました。
あとは絨緞ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2017.06.25(Sun) 14:30] コメントからTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。