AX
fc2ブログ
TOP > CATEGORY > ぼったくり高額バー
BACK | TOP

リストマーク ぼったくりバーで33万の被害! 1 

2015年04月08日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ぼったくりバーで、33万もの被害を受けた男性の手記を掲載いたします。

2014年末、イスタンブールでの観光旅行の際、ぼったくりバーで被害を受けました。
(7000TL、330,000円)
帰国後に被害額の回収を試み、そういった被害の情報収集の際にかこ様のブログを拝見し、連絡を取ったところアドバイスを頂きました。
結果的には被害額の回収は出来なかったものの、被害の未然防止に少しでもお役に立てればと思い、経緯や教訓を記しておきたいと思います。

[A] 経緯(誘われてからレストランまで)
1. 17時半頃、新市街の中心地タクシムの地下鉄駅で、方角を確認していたところを英語で話しかけられる。旧市街の中心地スルタンアフメット近くのホテルに帰ろうとしていたことを告げると、地下鉄ではなくケーブルカーへと案内してくれる。

モザイク博物館
モザイク博物館(読者の方からご提供)

2. 話しかけてきたのは、身なりの良い40歳前後の男性で、数年前に東京の首都大学に交換留学をしていて、来年の夏は再び東京に行く予定もある、という。
職業は政府機関に勤める弁護士で、資金の乏しい人のために弁護を引き受けているそうだ。家は新市街だが、家族の店がスルタンアフメットにあるので、今日はそちらに顔を出すため、一緒の方面になった。

「日本人はシャイだけど、逆にトルコ人はオープンな性格で話しかけることを厭わないからね」と彼は言う。
私が明日日本に帰国すると伝えると、「なら、最後の夜は楽しまないとね。もし予定がなければ夕食を一緒にどう?魚料理は好き?」と問い、スマホでその店の英語ウェブサイトを見せてくれる。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2015.04.08(Wed) 08:00] ぼったくり高額バーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク トリップアドバイザーでも『CIVANx』は最悪評価 

2014年12月11日 ()
トルコ旅行 * 旅行
高額ぼったくりバー『CIVANx』
Trip advisorの口コミでも、Scammer(詐欺)、Avoid(行くな!)の言葉があふれており、星は最低評価の1個です。

6件の「英語口コミ」訳↓

1.2014年11月訪問(シカゴから)
「店のオーナー、スタッフが直ちに逮捕されるように!!!!」
ドバイ在住のトルコ人ビジネスマンが詐欺師だった。
スペイン旅行中の初めころに出会った、感じのいい凄く親切な人たちだった。
ガラタ橋から旧市街を案内してくれた。
一緒に2,3時間歩いて、「ホテルに戻る前にウォーターフロントで一杯飲もう」と誘われ、彼がタクシーを拾った。
自分はイスタンブールには、乗り継ぎで一晩だけの滞在で、翌朝には発たなければならなかったから。
自分はなんか不安になってきたけど、彼の好意をむげにして傷つけたくなかった。
前にもブラジルやアメリカで同じような誘いにあった時その人を疑ったけど、大丈夫だったからだ。
で、その"ナイトクラブ"に行ったら、全部くらった、つまり、
高額請求、ATMで出金、ウクライナ人の女の子たちの同席、エトセトラ・・・
その場からすぐ逃げ出したかった、
米ドルで$700(約7万円)払ったよ、身の安全のために。

2.2014年10月に訪問
「詐欺。イスタンブールの見知らぬ他人に気をつけろ」
イスタンブールでは、友だちのように愛想よく近づいてきてどこかへ行こう、と誘ってくる人は、絶対に信じてはいけない。
この店に連れて行かれて、法外な金を支払わされるはめになりますよ。

3.2014年8月に訪問(オーストラリア アデレードから)
「最低最悪 ここには行くな」
ここには行くな 最低最悪の店だ
ぼったくるし、騙すし、警察ともつるんでる
店の関係者全員、地獄へ堕ちろ

4.2014年7月に訪問
「とにかく近づかない!!!」
何があっても近づかないことです。自分は2人組のトルコ人の男に誘われて、1,400ドル(米ドル 約14万円)ボラれました。
ほったくり詐欺たちは実に親切に接してくれますが、それは観光客にうまく取り入って油断させ、金を巻き上げるのが目的です。
イスタンブールは、こんな極悪悪質地帯を除けば素晴らしい街です。なのでこの店のことについて書いてあることを信じて下さい! 観光客ならすぐに親切なトルコの人を信用してしまうことでしょうが、ぼったくり詐欺に遭わないようにして下さい!

5.2014年6月の訪問)(カザフスタン アティウラから)
「詐欺、強盗」
旅行中だという2人組のトルコ人に連れて行かれた。食べ物は最低なうえに、11,000リラ(約55万円)の請求書を出された。
ここにつれて来たトルコ人が「割り勘で」と言ったが、私は$2,600 (USD 約26万円)を払った。身の危険を感じ、店を出たかったからだ。
イスタンブールを旅する際は気をつけてください。

6.2014年6月に訪問(スペイン マドリードから)
「このレストランには行かないこと」
同じ意見です。フレンドリーなキプロス人の男と一緒にビールを一本飲んだだけで、そのあとコンパニオンの女がいるテーブルに座らされます。
自分は4000 TL(トルコリラ 約20万円)払わされました。大金です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2014.12.11(Thu) 19:00] ぼったくり高額バーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ぼったくりバーの被害多数! 

2014年12月02日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ゼイティンブルヌ地区(Zeytinburnu)にある『CIVANx』

高額料金バーで、多くの日本人男性が被害に遭っているようです。
一人当たり1000から2000、3000トルコリラ(5万から15万)も支払わされており、領事館に報告、相談などが相次いでいます。
地球の歩き方にも、kubotaさんという方が詳細に書かれており、ぼられた欧米人も多数ネットで注意喚起しているそうです。
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/110884/
(店の写真あり!)
kubotaさんによると、メニューに「ぼったくり値段」がそのまま記載されているそうで、トルコ観光省の認証印も押されているとのことです。

客引き↓
「日本語あるいは英語を話すトルコ人」以外に、ドバイ人、サウジアラビア人、キプロス人、スペイン人、ドバイ在住トルコ人、ロシア人(すべて自称)などが報告されています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2014.12.02(Tue) 13:30] ぼったくり高額バーTrackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

> ぼったくりバーの被害多数! by ハンドルネーム未定
かこさん こんにちは
ネットニュースに、トルコのぼったくりバーが出てたんでリンクを貼っておきますね
http://news.livedoor.com/article/detail/12844802/

旧市街で男に声をかけられ
ホテルが近いから一緒にタクシーで、と誘われ
雑居ビルのバーに連れ込まれ
コーラ一杯飲んで
ロシア人ホステスが同席して
いつの間にか7,000TL(リラ)請求され

7,000リラは日本円で21万円ですが現地の感覚では、70万円ですよ。
イスタンブールに出張の方、旅行の方、身ぐるみ剥がされるからご用心ください。

またもやの「ぼったくりバー」 by かこ
ハンドルネーム未定さま

いつも情報をありがとうございます!

リンク先の記事、見ました。
凄まじい「ぼったくり度」には、驚きました。
こんな犯罪、なぜ取り締まれないのか不思議です。

被害に遭われた方の勇気、機転には感心しました。
これは、記事にセネバ・・ですね!

コメントを閉じる▲

BACK | TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター