AX
TOP
TOP | NEXT

リストマーク はじめて「トルコ旅行と絨毯恋愛詐欺」へお越し下さった方へ 

2020年05月23日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ようこそ!
ブログの説明および、これまでの経緯を書かせていただきます。
(トップ掲載記事です。通常記事は、この下から更新しております↓)

*詐欺師の手練手管に嵌まって、200万もの絨毯を買ってしまった「記録」を綴っています。
*外務省のHpにおいて、「絨毯詐欺事件として注意喚起された該当店」とおぼしき店Txxx Art Gallery(旧Z---)の、自称有名鑑定士の経営者、及び客引き達は、多くの日本人達を騙し、被害を拡大させてきたと思われます。

*ブログ開設当時は、「トルコの悪徳絨毯屋~イスタンブールZ---の恋愛商法~」のタイトルにて、実名で記述しておりましたが、FC2からの警告を受け(該当店からと思われる苦情が寄せられ)、ブログは一次凍結へと余儀なくされました。

*指示に従って匿名にての修正を行い、再開を許可されましたが、コメント欄の実名記述に対して、またもやの警告を受け、再度修正し、現在に至っています。

*「Txxx Art Gallery」以外の絨毯店による被害状況も寄せられるようになり、この種の犯罪に対する、旅行者への情報発信の場としても、機能させていきたいと、考えております。

よろしくお願いいたします。

2011/2/7 追記
2010年9月において、諸事情により、私自身の記録は中断いたしました。これ以降、ブログへお寄せいただいた「被害者の方々のご体験」を、掲載させていただいております。
2011/10/16 追記
私自身の記録を再開いたしております。
2011/12/28 追記
トルコでの絨毯購入経緯は、別館にてダイジェスト版としてまとめております。
[2020.05.23(Sat) 11:46] ブログのあり方Trackback(0) | Comments(202) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

応援ありがとうございます by かこ
1249の方へ
お言葉、身にしみました。
こんな詐欺商法があるとは夢にも知らず、スルタンアフメットへ足を踏み入れた私は、まさしく無防備なカモそのものだったでしょう。
国が違えばそういう事もあるかもしれないと、相手の立場を思いやって、彼の気持ちに然ってしまったのも、ご指摘の通りと思います。
日本人は、優しいですものね。
思いもよらない絵空事のような恋愛詐欺に見舞われたのも、何かの縁と思って、詐欺抑止に向けて、経験したことはすべて書いていこうと思っています。
犯罪抑止に向けて、行動を起こしていただけるとお伺いし、力強く、うれしい思いでいっぱいです。
「結婚する証としての絨毯シェア」というストーリーも存在しないのですね。
教えていただいた、ほんとうの風習を、いつかこのブログでご紹介させていただけたら、有り難いです。
今後もご教示いただけますよう、よろしくお願いいたします。
(私も、おなじように、トルコってどこか懐かしいなって感じます。何ででしょうね?不思議な親近感を覚えます)

1250の方へ
はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。
2009年夏というと、私のすぐ前にイスタンブールに行かれたのですね。
絨毯屋UやYに出くわし、トルコ人とご同伴されてても、じっと見られてしまったとか・・・。
声をかけられずによかったですが、くだんの噂を知っているかどうか、しっかりと探っていたのでしょうね。
しかしながら、そんな「絨毯屋詐欺師達」を巧みに利用する人達もいるということに、驚きました。
スルタンアフメット界隈は、ほんとうに複雑に絡み合っているのだと、改めて思いました。
お話いただいて、ありがとうございます。
yuyuさんが傷つかれていないことを、心から願っております。
今後も応援をいただけるとのこと、ありがとうございます。
ご訪問をお待ちしております。

東京都中央区銀座にて by コンちゃん
かこ様

レストラン経営者Aの件ですが、
今後も、かこ様コメント欄及びweb上で
被害者予備軍に注意をうながしていきたいです。

彼は外国人で若いので、
冷静に考えれば銀座にお店を構える事が出来るのは、
イケメンのルックスを行使してと思うのが普通ですが、
当事者になると冷静な判断が出来ないものですね。
自分を踏まえ反省してます。

また、今後もかこ様のブログ応援してます。

トルコレストラン経営者とかけまして、
結婚とときます。

その心は・・・、
どちらも詐欺で成り立ってます。

ととんってませんね。失礼しました(笑)

リンクと検索 by B
かこ様
記事、拝見しました。出来るだけたくさんの女性の方にかこさんのブログを知って欲しいです。頑張って下さい。
提案なのですが、トルコ旅行や日本でトルコレストランへ行かれる方は観光は勿論ですが、ベリーダンス関連の方もとても多いです。その方面にも広く検索でかかるようになったらいいかもしれません。

コンちゃん様
こちらからリンクされている某巨大掲示板の7を御覧に
なりましたか?書いてある事、ほぼ合ってて驚きました。彼が日本人ビジネスパートナーと説明していた方についても店員として載っていましたよ。
本当にこの手口でずっとやってきたんだろうなと再確認してしまいました。
問題はコンちゃん様のおっしゃった通り、彼の協力者は、かこ様のブログやネット、または何らかの被害者の方の情報に気付いたと思われます。
少なくとも、掲示板でレストランの話題をそらすために奮闘されているようです。彼が女性を騙し続ける限り、いくらもみ消そうとしても終わらない話ですよね。
かこ様のブログを拝見すると、絨毯屋と売るものが違うだけで、恋愛被害と借金の理由は全く一緒なんだなと思いました。時間とともに被害者は増えるのでしょうね。

また被害者?! by コンちゃん
かこ様のブログなので、本来糾弾したい人物を差し置いて
自分の加害者(レストラン経営者A)ばかりの話はいかがかと思っていましたが、
結果、某巨大掲示板7で悪事が暴露されつつあるので、良かったのではと…。


かこ様、ありがとうございました。


そして、B様
かこ様からもご案内頂いてましたが、某巨大掲示板の7を読みました。
あいた口がふさがりません。手口が一緒過ぎる。
288:名無し:2010/06/29(火) 17:33:23 ID:j6wWp/Mhさんのように、
私も借金を頼まれた時、同じように指摘したら話を上手くそらされました。


参考までに、私が精神的被害を受けた経緯を時系列で記載したい位です。
機会があれば、サイトを立ち上げて記載するつもりです。


某巨大掲示板で「銀座のトルコレストラン」と
「K店」という2つのお店が登場していますが、
ご存知の通り私が精神的被害にあったのは、
ベリーダンスショウ等も週末に開催される「トルコレストランK@銀座」です。


ちなみに、お店のHP作成されてますね。

今まではググっても「ぐるなび」しかなかったのですが。
これも被害者予備軍女性からの、無償提供でしょうか。
なんでも勘ぐってしまう、自分がイヤになりまってしまいます。

が、恐らくこの感ははずれていないと思います。


かこ様。
今日も、ポチしました。
引き続き応援してます。



日本国内でのトラブル by カナ
かこ様、みなさま

6/27リンクの記事にコメントをしたカナです。
かこ様にアドバイスを頂いたとおり、
新しいブログのURLを書かせていただきます。
 
日本国内での外国人とのトラブル
http://ameblo.jp/wasurenagusa-askim

かこ様のブログのコメント欄にも
たくさん寄せられている「日本国内」での
トラブルをどこかにまとめた形で載せて、
情報共有の発信元にできればと思います。
よろしくお願い致します。

by E子
かこ様にお知らせしたいことがあり、投稿させていただきます。友人で、観光業界に勤めている人がいますが、その人から、つい最近ツアーのお客様(母娘)に「絨毯屋のウ●●●ってどんな顔してるんだろうね?」とたずねられ、大変驚いたという話を聞きました。その人たちはトルコに行かれたことは一度もなかったそうです。それまで一部の人しか知らなかった彼等の存在が、少しずつ一般の方々にも広まってきているのではないかと思います。かこ様のブログの影響も大きいと思います。これからも応援していきます。

by 通りすがり
かこさん、いつもメールでお世話になっています。

E子さんがおっしゃるように、いくつかの告発サイトの影響で、トルコに行く前からウ●●●の悪行を知っている人が多いです。
それで注意してくれれば、かこさんのブログ立ち上げの苦労も報われるというもの。

しかし中には、「そんなにイケメンなのか??」と面白半分で店を訪れる女性が少なくないのも事実。
例の事件発覚後も変わらないようです。
このような愚行は呆れるしかないですかね?(-_-)

そういえば、某掲示板で「5月に会いに行ったのに店にいなかった。声がステキと聞いていたので、一度聞いてみたかった」という、ふざけた(でも本音であろう)書き込みもありました。

みんなで告発しましょう! by かこ
Bさま
「売るものが違うだけで、恋愛被害と借金の理由は全く一緒」
ほんとうにその通りですね。
私もブログ立ち上げ当初、次々と入るコメントの中で語られる手口がまったく同じであることに、驚きました。
絨毯屋の店が違っても、やり口は、判で押したように同じ。
詐欺の手口は、まさにマニュアル化されているといっても過言ではないと思います。

コンちゃんさま
某巨大掲示板での攻防は、絨毯の時と同じように思います。
妨害は、さまざまなところから入ります。
でも結局、最後には、真実のみが残る・・のではないでしょうか。

カナさま
はい、これでいいと思います。
少しづつ、前進して下さい。

E子 さま
うれしいご情報を、ありがとうございます。
知らないところで、少しずつ広まっているのでしょうか。
業観光界と、一部のトルコ通の間でのみ、有名だったウ●●●。
一般の観光客にまで周知され始めたとは、驚きです。
「継続は力なり」
これからもがんばりたいと思います。
応援、よろしくお願いします!

通りすがりさま
こちらへのコメントは久しぶりですね。
こちらこそ、いつもお世話になっております。
告発サイトも増えてきましたし、旅行前にネットで下調べする方も多いのでしょう。
多くの方が、用心して近寄らないようになさっていると思いますが、なかには、恐いもの見たさというか、物見高い方もいらっしゃるのでしょう。
ですが、ご存知の通り、ウ●●●は、名うてのやり手。
うっかり近寄ったら、やけどしてしまいますよね。

「君子危うきに近寄らず」

コメントを閉じる▲

リストマーク 2206でコメントをいただいた方へ 

2017年02月22日 ()
トルコ旅行 * 旅行
コメントをいただき、ありがとうございます。

たしかにトルコ商人というのは、おしなべてその傾向があるでしょう。
ただ、一部の商人たちは組織化、マニュアル化されており、「詐欺集団」の様相を呈しているのも事実です。

2206様のように、適正価格に近く、上手に買い物をされた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、生産地を偽わられ、何倍もの価格で買わされた被害者が大勢いるのも、もう一方の側面であります。
彼らは、客全員に詐欺するわけではなく、「まあまあの値段で売る」場合もあれば、「とことんむしり取る」場合もあるのだと、私は思っております。

なぜなのか?
それは、連中の「その時の気分や、自身の懐状態」、また「相手の値踏み」・・・などにも因るのでしょうが、適正価格で売る場合、「自分たちを擁護する味方も作っておきたい」という目論見もあるのではないでしょうか。

ブルーモスク
ブルーモスク(読者の方からご提供)

今回「新たな被害者を生まないために情報提供をしたい」とおっしゃっていただき、ありがとうございます!
件の絨毯屋の「新支店」が立ち上がったと教えていただき、少なからず驚いています。
また、客引きが「新たな進化」をしているとのこと、この部分は、お言葉に甘えさせていただいて、ハリコペさせてくださいませ。

客引きは今はホームステイのホストファミリー、空港の送迎などと形を変えています。
特に気を付けるべきなのは空港の送迎スタッフ、アヤソフィア周辺のホテルやゲストハウスです。
件の店にももちろんプチホテルがありますし、あの辺りのほとんど全ての絨毯店がホテルやゲストハウスをもっています。
表向きの従業員は客引きとは違う人物です。絨毯店や客引きに注意する前に、まずはホテルをしっかり調べるべきだと思います。


今後もよろしくお願いいたします!
また新たな情報をいただく場合もあるかと思いますので、差し支えなければ、非公開コメントでアドレスを教えていただくと助かります。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2017.02.22(Wed) 20:29] コメントからTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク これまでの流れ  2 

2016年12月05日 ()
トルコ旅行 * 旅行
2009年ブログを立ち上げた当初は、もっぱら被害者を揶揄する風潮が顕著でした。
特に2ちゃんねるは、ウxxxなど、悪名高い絨毯屋の実名であふれており、まるで「人気者」扱いかのようでした。
まさに、トルコ絨毯は『摩訶不思議なワールド』

ブログに寄せられるコメントも、被害者に混じって絨毯屋擁護のそれも多く、今思えば、これらの人たちは、ほとんどが業界の関係者だったようです。

「絨毯に定価はない。定価販売の日本の感覚とは違う。日本の良い着物も通常定価は存在しない」「価格は、売り手と買い手が折り合って成立するもの」などの見当はずれからはじまり、ウxxxは、過去に数回行われた裁判ではすべて勝訴している・・・などと牽制とも取れる文言もありました。

しかし、業界サイドのコメが入ると、その何倍もの勢いで、まっとうな内容の抗議コメが殺到し、次第に空気は変わっていきました。
ブログは一時炎上、アクセス数の増加に伴って、トルコの絨毯詐欺がいかに今まで巧みに覆い隠されてきたのか、いかに騙された人が多いのかも明らかになってきました。

また、絨毯屋だけではなく、旅行会社、ホテルの従業員など、スルタンアフメット界隈の観光業界では、あまねくこの種の「騙し」が横行していることも分かってきました。

カーリエ博物館
カーリエ博物館(管理人撮影)

旅行会社といえば、ブログ開設と同時に、いち早く情報を下さった、現地旅行会社勤務のある日本女性がいました。
ウxxxの悪名は知っていても、「ユxxまでとは知らなかった。新婚早々でトルコに里帰りしていた時にこんな悪行をするなんて」と憤っていた彼女、ところが数回のメールやり取りのあと、なぜか突然連絡が途絶えました。

その唐突ぶりが、今でも不可思議で、強く印象に残っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.12.05(Mon) 23:10] これまでの流れTrackback(0) | Comments(7) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ちしゃねこ
こんにちは。ブログランキングから参りました。

日本人の旅行者はお金持ちで優しいと思われてしまって、
ぼったくろうとする人もいますよね。
トルコの人は親日の人が多い気がしますが、
悪徳な絨毯屋さんもいるのですね(*_*)

はじめまして! by かこ
ちしゃねこ様

コメントをいただき、ありがとうございます。

日本人は、確かにぼったくられ易いです。
特にトルコでは、「騙しマニュアル」みたいなものがあり、
組織化されているので、怖いです。
ですので、情報発信は必要と思っています。

先ほど、ブログも拝見させていただきましたi-185

管理人のみ閲覧できます by -

2199の方へ by かこ
はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます。
大半をお読みいただいたとお伺いし、うれしく思いました!

まずは被害がなくて何よりでした。
ヒシャブを装う事も有効なのですね。
それにしても、あのKが相も変わらず、芸能人との写メを悪用してる事には
ただただ失笑です。。

ちょっと確認ですが、
「xxxxxホテルの従業員」が手引きした絨毯屋はTxxx Artなのですね?

管理人のみ閲覧できます by -

by かこ
コメントをありがとうございます。
やはりTxxx Artだったのですね。

芸能人との写メを悪用するKや、ありもしない絨毯鑑定士を騙るU・・・
十年一日、同じ手口で代わり映えしないですね(笑)

今後の注意喚起のためにも、今回の件を記事にさせていただけないでしょうか。
もちろん、個人が特定されないように配慮いたします。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 及川眠子さん、がんばれ 

2016年11月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
先だって、TVで「作詞家及川眠子さんがトルコ男性に3億円貢ぐ」というタイトルで、番組が放送されていました。

13年間の結婚生活の後、2014年に離婚が成立するまでに、元夫に注ぎ込まれた3億円!
東京とトルコでの旅行会社の立ち上げ、カッパドキアでの洞窟ホテル建設など、事業資金もあったろうが、夫からの絶え間ない「金の無心」があった事は、容易に想像がつく。

結婚当初から、トルコ事情通の間では、危惧する声が上がっていた。
それというのも、この元夫の兄というのは悪名高い人物であり、「日本人を食い物にしている悪い兄弟」と、もっぱらの評判だったから。

兄は、エルXX・シャXxxX
弟は、エロX・シャXxxX

このブログにも、兄のエルxxから被害を受けたとして、2009〜2010年にかけて、複数の方からコメントをいただいています。

破婚
及川眠子さんの「近著作」

「トルコで別の女性と結婚してもいいか?」(トルコでは一部地方で、一夫多妻制が残っている)
「あなたは、エヴァンゲリオンの権利を売ればいいだけでしょ」(←これ以上お金は出せないと言う眠子さんに)
などと、言いたい放題だったこの男、離婚後は、聞くに堪えない「中傷や嫌がらせのメール」を眠子さんに投げつけているのだという。

「顔面神経麻痺」で、片側のほおを包帯で覆いながら仕事をする痛々しい姿に、経済力のある彼女にとって、元夫が残した7000万の負債を返済していることより、「中傷のメール」がより大きくダメージを与えているのだと、思いました。
「結婚したことを後悔していない。愛はあった。結婚生活のストレスはすさまじかったが、何もない平坦な暮らしよりは面白い・・ぐらいの気持ちだった」と言うほど、強い女性でも、心痛から体調に異変をきたしている。

現在、元夫は、旅行社は廃業、洞窟ホテルは売却という憂き目に遭っている。
眠子さんからは、「アパートの退去」をめぐって訴えられてもいる。

さんざんむしり取った金で、放蕩三昧をし尽くした「つけ」は、今まさに巡ってきている。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.11.04(Fri) 22:27] 未分類Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

> 及川眠子さん、がんばれ by ハンドルネーム未定
秋頃でしたか? バラエティ番組に及川さんが出てたので
永住権目当てで日本女性を狙ってるトルコ人男の実態を
いっぱい全国ネットで放送してーー と期待してみましたら、
トルコ男の実態は語られず、借金で大変だった、
ぐらいのコメントちょろっとだけでした。

メディアはいつまでも悪トルコ人に洗脳されてんでしょうかね?
及川さんにテレ朝のしくじり先生で彼らの悪行の実態を
二時間じ〜っくり語って頂きたいです

大和撫子の皆さん、永住権目当ての外国人と真面目な外人の見極めかたは
いろんなとこで見れます。
騙されないように気をつけて!

お久しぶりです! by かこ
ハンドルネーム未定さま

そのバラエティ番組は、あいにく見逃しました。
私が見た方は、朝の情報番組でしたが、かなり突っ込んだ内容でしたよ。

元夫は、番組のインタビューには応じていましたが、
映像も音声も放送は禁止。
しかし「彼女の言ってることは、ほとんど嘘だ」とか言ったらしいです。

メディアが取り上げるトルコは、いつも「エトウール号」ですものね。
なぜか、不法滞在や永住権目当ての件に関しては沈黙です。

及川さんには、早く元気になって欲しいと願います。

http://nanamikou.blog62.fc2.com/blog-entry-511.html

> 及川眠子さん、がんばれ by ハンドルネーム未定
えー まもなく2月ですが あけましておめでとうございます!
年末はエヴァンゲリオンの「残酷な天使のテーゼ」を
五時間めいっぱい居座って歌いまくってきました

トルコ詐欺師撲滅に共感しているたくさんの皆んなで
ガンガン歌って、及川さんに元気になってもらってもらおうじゃないですか!

トルコ人 アンド 仲間の日本人は、賄賂は送っても税金は払ってないと思います
そんな連中に大切なお金を回すより、印税が及川さんに届くカラオケはストレス発散もできてお薦めです
よろしくお願いします!

コメント、ありがとうございます! by かこ
ハンドルネーム未定さま

遅ればせながら・・・おめでとうございます!
ちょっと更新が遅れていてすみません。。。

5時間も「残酷な天使のテーゼ」を歌いまくられたんですね。
すごいパワー!
ほんとうに、みんなで歌って眠子さんを応援したい気持ちです。

観光客の激減しているトルコですが、油断は禁物、
日本に出稼ぎに来ている詐欺師たちに気をつけたいものです。

コメントを閉じる▲

リストマーク これまでの流れ 1 

2016年10月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
ブログを立ち上げてて丸7年が経ちました。
今までの流れを振り返ってみたいと思います。

1.2009年9月、トルコのイスタンブールで、200万の絨毯を買ってしまう。
2.帰国してからのネット検索で、くだんの店が、本来の価値より不当に高額で売りつける「詐欺店」であると知る。
3.詐欺の実態を知り、情報を集める目的で、ブログを立ち上げる。

2009年当時、ネットには、トルコの絨毯屋に関する情報があふれ、2チャンネルを始め、「騙される客が悪い」というスタンスも多かった。
経済的損失に加え、「恋愛詐欺、友情詐欺」で精神的にも傷ついている被害者に、「旅気分で浮かれて買った客が間抜けだっただけ」というコメントは、被害者をさらに追いこむものだった。

ブルーモスク
ブルーモスク(管理人撮影)

「価値の見分けにくい絨毯をぼったくる」行為は、いつの間にか限度を超えて悪質化し、ここ20年くらいで、詐欺商法かのごとく、組織化、マニュアル化されてきたようです。

筆者が騙された当時、絨毯屋事情に詳しい人から、「2009年は、客がZAxxに吸い寄せられるように入っていった。売上高はスルタンアフメット界隈で一番だった」と聞かされました。
まさに詐欺商法の最盛期とでもいうべき頃だったのでしょう。
(ZAxxから、今は、Txxx Art Galleryへと名前が変わっている)

ブログに対する反響は大きかった。

気持ちの持って行き所のなかった被害者が次々に投稿、ZAxxだけでなく、他にも悪質な店舗が存在することが分かってきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.10.04(Tue) 22:45] これまでの流れTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 華麗なる転職・・・かつての絨毯屋が今は? 

2016年09月04日 ()
トルコ旅行 * 旅行
前回の続編です。

6〜7年前、イスタンブールで絨毯屋を開業していた、「親切なxxxxさん」
ネットで告発され、おのれの素性がばれると、絨毯屋をたたみ、いにしえのツテを頼って来日、絨毯屋とは異なる「業種」で働くようになりました。

日本女性とも結婚、配偶者ビザで居住している模様です。

ネット上で、仕事の売り込みもアピール、「家族一同、この仕事に就いているので、私も幼い頃から慣れ親しみ、勉強も重ねてきた」などど喧伝しています。

しかし、この男に金品被害を受けた女性は、父親や兄も絨毯屋であり、こやつからは「先祖代々、絨毯屋である」と聞いていたそうです。

これ以上、踏み込んで書くことはできませんが、私も、ネット上で情報は確認しました。

ケバブ
スルタンアフメット(読者の方からご提供)

被害女性は、絨毯屋廃業→来日→転職のケースが、トルコの観光産業の不景気に影響され、今後も増加するのではないかと心配されています。

日本での絨毯売り込みに加え、絨毯屋そのものを廃業し、日本でのビザを獲得し(日本女性と結婚)、トルコに関連する異業種に経歴を偽って就業することも多いのかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[2016.09.04(Sun) 16:30] コメントからTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

2188の方へ by かこ
お気持ちを伺って、安堵いたしました。
区切りを打つことが出来て、ほんとうに良かったです!

これからも、お時間のある時に、ご訪問くださいね。
コメントもいつでもどうぞi-228

コメントを閉じる▲

リストマーク 日本での行商・・こんなパターンもあり 

2016年08月05日 ()
トルコ旅行 * 旅行
百貨店など大手の販売網を使わない手法も有り・・というコメントをいただきました。

6〜7年前、某有名掲示板に登場、拙ブログにも被害の相談が寄せられた「親切なxxxxさん」として知られた絨毯屋。この男は、多くの観光客に親切して仲良くなるものの、なぜか「絨毯を買って」とは言わないらしい。

観光情報に加えて、あそこの絨毯屋は危ないよ、あの客引きには気をつけて・・などの裏情報も耳打ちする、面倒見の良さ。
「いい人に巡り合ってラッキーだったな」と思って帰国すると、しばらくして山のように絨毯を抱えて、観光ビザで来日。

某有名絨毯屋のように、「六本木ヒルズを借りている」と云う高級路線ではなく、ゲストハウスや日本在住のトルコ人の家などを転々としながらの、お決まりの「生活に困窮しているから絨毯買って」と言う、行脚の日々。

ロカンタ
スルタンアフメット(読者の方からご提供)

手荷物範囲内のレベルなので、絨毯も小さいサイズで10万円以下のものばかり。
とは云っても値打ちが10分の1くらいなのは、みなさんご存知の通り、何枚も売れれば、結構な稼ぎになるでしょうね。

トルコでは、連絡先のみの交換に留め、「絨毯を売らないこと」で信頼を得て、その後の販売につなげるというしたたかさ。
こんな商法、今も日本のあちこちで見られているかも・・。

さて、こやつのその後は・・また次回で。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

[2016.08.05(Fri) 19:50] コメントからTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター